Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

妊娠中の絶え間ない空腹感に対処する方法とは?

 

妊娠中は、ほとんどの女性が新しい形の空腹感や欲求を経験しますが、それには理由があります。成長する赤ちゃんへの栄養補給以外にも、子宮が大きくなったり、脂肪を蓄える量が増えたり、血液量が増えたりと、体にはいくつかの変化があり、最適に機能するためにより多くのエネルギーを必要とします。

しかし、この空腹感は正当なものですが、バランスのとれた体重と良好な健康状態を維持しながら管理するのは難しい場合があります。もし、自分がこのような新しい欲求に悩んでいるのであれば、妊娠中の容赦ない空腹に対処するための方法をいくつかご紹介します。

良い食習慣を身につける

私たちの多くは1日3回の食事に慣れていますが、妊娠中は理想的な食事スケジュールではないかもしれません。むしろ、1日5〜6回の小食の方が、妊娠中の空腹感を抑え、胸焼けなどの一般的な症状を和らげるのに役立ちます。

また、摂取カロリーにも気を配るとよいでしょう。最も健康的な妊娠中の食事のためには、第1期と同じカロリーを摂取し、第2期は約300キロカロリー、第3期は最大で500キロカロリーを摂取することが推奨されています。

水分と健康的な食品を中心に

妊娠中はついつい何でも食べてしまいがちですが、栄養バランスのとれた食事を心がけることは、自分と赤ちゃんの健康のためにとても大切です。空腹感を抑え、血糖値を正常に保つために、タンパク質、食物繊維、全粒穀物、健康的な脂肪、豊富なビタミン・ミネラルを毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

同様に、水分を補給することで、消化や栄養の分配を助け、「満腹感」を得ることができます。そのため、妊娠中は8~12杯の水を飲むとよいでしょう。

ママのためのお役立ちアプリを試す

食事のアドバイスや妊娠生活全般に関するさまざまなスクリーンショットや記事、メッセージを携帯電話に集めていると、さまざまなプラットフォームに保存したものをすべて把握するのは困難です。そんなときは、母親向けのアプリをダウンロードして、これらのアドバイスを1つの場所に整理しておくといいでしょう。

このようなママ向けのプラットフォームでは、他のママたちとつながり、個人的なママのハックやトリックを読むことができるので、妊娠中の不安に対する効率的な対処法を見つけることができます。

ゆっくりとした食事を心がける

妊娠ホルモンの影響で暴飲暴食をしてしまうことがありますが、早食いをしてしまうと、脳が満腹の信号を認識しにくくなってしまいます。そのため、一口一口の間隔を長くして、ゆっくりと食事をすることで、体が適切な信号を認識できるようになります。

食事中にテレビを見たり、携帯電話を見たりすると、これらの重要な信号が妨げられる可能性があります。妊娠中の絶え間ない空腹感に対抗するために、食事中は気が散らないようにして、食べることだけに集中しましょう。

食欲を抑える方法を知る

妊娠ホルモンの影響で、食べ物が欲しくなることがよくあります。これは単なる妊娠中の副作用だと思われがちですが、体に不足しているものを教えてくれる可能性があるので、このシグナルに耳を傾けることが大切です。

例えば、塩辛いものが食べたいときは、ナトリウム濃度が低い可能性がありますし、甘いものが食べたいときは、果物に含まれるビタミンが不足している可能性があります。

すべての欲求を満たすのは理想的ではありませんが、自分の体が発するシグナルを意識して、ファーストフードやヘルシーでないスナック、加工食品などではなく、ヘルシーなものを選んで欲求を満たすようにしましょう。

絶え間ない空腹感を抑えるのは大変ですが、上記のアドバイスを参考に、バランスのとれた食生活を送り、妊娠中の健康を維持してください。

タイトルとURLをコピーしました