Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

女性が男性に恋をする3つの原因とは?もっとモテる方法!

 

女性が男性を好きになる原因は、大きく分けて2つあります。
その2つとは 尊敬の念と魅力です。

もちろん他にもいろいろありますが、女性が自然に魅力を感じる行動や性格の特徴(自信、意欲、野心、男らしさ、感情の強さなど)を男性が示すと、女性が惚れるきっかけになります。

そこから女性の尊敬の念が高まり、恋に落ちるようになります。

男性の責任は、女性の尊敬と魅力の気持ちを時間をかけて育て、自分への愛が時間をかけて強く、深くなるようにすることです。そうすれば、その関係はほとんどの場合、一生続きます。

女性に恋をしてもらうには?しないための3つの間違い

女性に恋心を抱かせ、交際したいと思わせるのは、実はとても簡単なことです。
たとえ今、彼女が自分に興味がないように振舞っていても。

しかし、女性に恋をさせるには、まず自分が女性の性的な魅力を引き出す必要があることを覚えておく必要があります。
魅力が先にあって、それ以外のことはごく自然についてくるものです。

ですから、もし自分が女性に恋をさせたいのであれば、それが出会ったばかりの女性であろうと、職場や大学で知り合った人であろうと、あるいは彼女にしたいと思っている友人であろうと、それは可能ですが、以下のような男性が犯しがちな間違いを犯していないかどうかを確認してください。

1.背が高く賢くてハンサムでなければ彼女の愛を得られないと思っている

多くの男性は、女性が自分に惚れてくれないのは、自分が理想的な肉体的魅力のパッケージに当てはまらないからだと信じて生きています。

例えば、次のようなことです。ある男性は、職場や大学で一緒になった女性にとても惹かれ、密かに恋をしているかもしれません。しかし、男性は女性の外見に惹かれることが多いことを知っているので、女性も同じ理由で男性に惹かれると思い込んでいます。

そのため、自分の自信と男らしさで彼女にアプローチして惹きつけるのではなく、女性は俺のような男には惚れないのか?とか、女性はイケメンにしか惹かれないから、俺にはチャンスがない。などと言い訳をしてしまうのです。

確かに、世の中にはイケメンとしか付き合わない、結婚しないという女性もいますが、大多数の女性は、男性の外見だけでなく、他の資質にも興味を持っています。

もしこれが事実でなければ、世の中のほとんどの男性は愛されずに独身でいるです。

ほとんどの男性は、ハゲていたり、背が低かったり、太っていたり、痩せていたり、耳が大きかったり、鼻が大きかったり、その他の奇妙な特徴などの「欠点」を持っていますが、次に公共の場に出たときに周りを見渡せば、これらの「欠点」のある男性が、明らかに相手を愛している魅力的な女性と一緒にいることがわかるです。

なぜでしょう?

相手は、女性が男性に恋をする原因は、外見以外の理由(例えば、彼女を笑わせることができる、彼の前で彼女が女性らしく感じられる、など)で彼に魅力を感じさせる能力であることを学んだのです。

女性に恋をしてもらいたいなら、容姿にこだわる必要はありません。ほとんどすべての場合、自分の性格や接し方が女性に魅力を感じさせ、男性と一緒にいるときに感じたい種類の感情を感じさせるものであれば、自分が男性モデルのような外見ではないことを見過ごしてくれるです。

2.友達ゾーンにはまってしまうこと

女性に恋をしてもらいたいのなら、まず自分に魅力を感じてもらわなければなりません。

男性が犯しがちなミスは、ある女性に密かに恋をしているとき(その女性が知人であろうと、親友であろうと)、その女性のそばにいて、いつも「良い友達」のふりをしていれば、そのうち彼女も自分に同じように感じてくれるだろうと思い込んでしまうことです。

彼は、彼女の周りで本当に親切にして、彼女に対する性的魅力を見せないことで、彼女は自分を口説いてくる他の男たちとは違うと見なし、自分を見下していないし、彼女に対して「善意」を持っているので、彼を好きになってくれると期待しているのです。

しかし、女性が自分のことを友達として本気で好きになることと、自分と本気で交際したいと思うことには大きな違いがあります。

女性がある男性を友達として好きになるのは、その男性が優しくて信頼できる人で、セクシーなドレスを着たり、化粧をしたりしなくても、話したり一緒にいたりするのが好きな人だからかもしれません。

一方、愛し合いたい、コミットした関係になりたいと思っている男性のそばにいると、彼女はその男性に対してより魅力的になるために必要なことは何でもするです。なぜなら、その男性は彼女の性的魅力の感情を積極的に引き起こしているからです。

ですから、女性に自分を友達として見るのをやめて、交際したい男性として見てもらいたいなら、友達のふりをするのをやめて、積極的に自分に性的魅力を感じるように仕向けなければなりません。

3.子犬のように彼女を追いかける

女性は本能的に、男性の強さに惹かれ、弱さに反発するものです。

しかし、これは男性の筋肉の大きさや、ベンチプレスの重さとは関係ありません。女性が惹かれる強さとは、男性に人生の目的や方向性を持たせるような自信や感情の強さなのです。

例えばの話です。女性に愛を感じているときにすることは、いつも「そばにいる」ことで女性が自分を好きになってくれることを期待して、彼女の周りで恋する子犬のように振る舞うことです。

例えば、お使いや宿題の手伝いをしてもらったり、自分のお金を使いたくないからといって、家賃やつまらないものを買うためのお金を渡したりして、彼女が自分を押しのけることを許してしまうことです。

しかし、最悪の失敗は、彼女の言いなりになるために、自分の夢や野心をあきらめ、自分の趣味や関心事をあきらめ、さらには友人をあきらめて、自分の人生を「保留」にしてしまうことです。

これは女性にとって魅力的なことではありませんし、恋に落ちるというよりも、男性が自分の夢や願望を諦めてしまうと、女性は本能的にそれを嫌だと感じてしまうのです。

女性は、一緒にいる男性が精神的にも感情的にも十分に強く、世界で自分の発言権を持っていることを知りたがります。もし彼に心を許し、伴侶として選んだ場合、彼が自分と彼女、そしてもし子供がいればその子孫を養うことができるかどうかを知りたいのです。

性格の弱い男性(自分の夢や理想に忠実になれない人)と一緒にいることは、女性にとって魅力的ではありません。

覚えておいてください。女性が男性を好きになる原因は、その男性が女性の尊敬と魅力の感情を引き起こす能力を持っていることです。

自分が惚れさせたい女性が誰であろうと、自分の存在を知らないか、「興味がない」「友達としてしか好きじゃない」と言われていようと、自分が彼女との関わり方を変えれば、彼女も自然と自分への気持ちを変えていくです。

これまでの女性との接し方で、女性が自分との関係を敬遠していた場合(緊張していた、不安だった、ぎこちなかった、自信がなかった、会話のスタイルで敬遠していたなど)、「自分には女性を惚れさせるだけの要素がないのではないか」と考えるのは当然のことです。

しかし、そんなことは全くありません。

女性にとって魅力的な振る舞いをして、女性が男性と一緒にいるときに感じたいと思っている魅力や尊敬の気持ちを引き起こすことができれば、女性に愛されるように「仕向ける」必要はなく、自然にそうなるのです。

再び彼女に愛されるための方法
彼女が最初の頃のように、自分を愛し、自分を尊敬し、自分に触れ、自分を求めるようになるのは、まったく難しいことではありません。

この記事もおすすめ
    タイトルとURLをコピーしました