愛や恋についての興味深い30の恋愛心理学的事実とは?

恋愛心理学恋愛

恋愛に関する心理的事実女性はお腹が出ている男性にはあまり惹かれません。
個人の腹部脂肪の大量の相手はテストステロンの低レベルを持っていることを示しています。

相手はまた、低性欲と低受胎率を持っていることを意味します。
男性は、母親に似た骨の構造を持っている女性に惹かれます。
これは「性的刷り込み」として知られています。

強いユーモアのセンスは、一般的に知性や誠実さと関連しています。
だからこそ、ほとんどの女性はユーモアのセンスが強い男性に惹かれるのです。

自分が愛する人と手をつないだ場合、これは物理的な痛みだけでなく、ストレスや恐怖の任意の感情を軽減するのに役立ちます。
幸せは伝染するという研究結果があります。 幸せな人から離れたり、一緒にいて楽しいからといって幸せな人を好きにならないのは、人にとって辛いことかもしれません。

女性は、他の女性が自分に向かって微笑んでいるのを見ると、男性はより魅力的になると感じていました。
人は、交際期間が3~5ヶ月を過ぎると、別れる可能性が高くなります。

深い声を持っている男性は、高い声を持っている男性よりも、女性に魅力的に映ったり、印象に残ったりする可能性が高いのです。
一部の心理学者によると、人間は異性のメンバーと「ただの友達」になることはできないとのことです。
恋愛をするという行為は、その人の心身を落ち着かせる効果があることが知られています。 これにより、約1年間は神経のレベルが上がるとのことです。

どうやら、好きな人がいるかいないかを判断するのにかかる時間は4分程度だそうです。 つまり、誰かに好印象を与えたいと思ったら、4分程度しかないということになります。
相手の気を引き、惹きつけるには、実際に話す内容よりも、ボディランゲージや声のトーン、スピードが重要だと言われています。

互いに愛し合っている二人がお互いの目を見ると、心拍数が同調します。 研究によると、恋をしているカップルは、3分間お互いの目を見つめ合うと、心拍数が同調するほど絆が深まっていることがわかっています。

恋に落ちることは、コカインと同じ神経学的効果をもたらすことが知られています。 恋に落ちることとコカインの用量を取ることの両方が自分の脳に同じような感情と多幸感の感覚を与えるでしょう。
恋に落ちることで、自分の体内にいくつかの陶酔感を誘発する化学物質が生成され、それが個人の脳の約12の領域を刺激することになります。

抱きしめることが好きな人は、抱きしめることで天然の鎮痛剤が分泌されることが知られていることを知って幸せになるでしょう。 2人が抱き合ったり、抱き合ったりすると、脳内でオキシトシンという抱擁ホルモンが分泌されます。

オキシトシンは人の脳に現れ、卵巣や睾丸もこの抱き合わせに関わっています。 オキシトシンには頭痛を抑える効果があり、最大で4時間も痛みが消えることがあります。 だから、自分が疲れている、ストレスを感じている、または痛みを感じている場合 – 抱きしめることは、どのような鎮痛剤の素晴らしい代替品です。

愛についての心理的事実愛する人の写真を見るだけで、痛みを和らげることができます。 愛する人の存在が病気の人や患者の改善に役立つことが示されていますが、写真も同様です。 痛みを経験している人を対象に行われた研究では、参加者に愛する人の写真と言葉のゲームを見せた。 写真を見せられた参加者は、代わりに言葉のゲームを見せられた参加者よりも、痛みが有意に軽減された。

似ているように見えて、同じレベルの魅力を持っている個人は、見た目が著しく異なる人よりも、一緒に終わる可能性が高い。 多くの社会研究者は、人々がどのように相手や恋愛関係を選んだかにパターンがあることを示しています。

これは、人々は自分と同じような魅力レベルを共有する他の人により多くの魅力を持っていることを示すマッチング仮説によって実証されています。

お互いに似ているカップルやパートナーは、恋愛関係が長続きしない可能性が高い。 反対は引き付けるが、あまりにも似ているか、またはあまりにも異なるカップルは、非常に長続きしない可能性が高い。 研究者によると、類似性のための強力な基盤が常に存在しなければならないだけでなく、両方の個人がお互いから学ぶことができるものがあります。

失恋は現実です。 研究は、そのような別れ、離婚、物理的な距離、または愛する人の損失などの強烈なまたは外傷的なイベントは、人の心に実際の物理的な痛みに貢献することができることを示しています。

これは、ブロークンハート症候群として知られている実際の状態です。
ブロークンハート症候群は、深い感情的なトリガーは、胸の痛みや息切れなどの症状を引き起こし、脳内の苦痛を引き起こし、大幅に人の心臓を弱めるときに発生します。 これは、男性よりも女性に多く影響を与える傾向があり、簡単に心臓発作と誤診されることがあります。
恋愛をしている人は、強迫性障害の人と化学的な類似性を持っています。

研究によると、恋愛の初期段階にあるカップルは、幸福感や幸福感に関連するセロトニンのレベルが低く、ストレスに関連するコリソールのレベルが高いことが示されています。 これらのレベルは、強迫性障害として知られている強迫性障害に苦しむ人々に非常によく似ています。 これは、私たちが誰かと恋に落ちるときに私たちが感じる、行動する、または文字の外の方法で自分自身を提示する理由を説明することができます。

人は一般的に、長期的な関係になると、魅力的な体よりも魅力的な顔を好むようになります。 しかし、人々が浮気を探しているときには、身体的魅力に基づいて顔よりも身体の方が勝ってしまいます。

好きな人に感謝の気持ちを伝えるという単純な行為は、すぐに幸福感が急上昇します。
お腹に蝶々がいるという表現は、アドレナリンの奔流によって引き起こされる実感です。 自分が誰かのために落ちるときと、それはおそらく自分の胃の中で蝶が踊って、周りにたなびく感覚を避けることは難しいでしょう。 これは、戦うか逃げるかの状況に対する体の反応として起こります。

見知らぬ人の目を見ると、恋に落ちてしまうことがあるので、誰を見るかに注意しましょう。

私たちの目は私たちの魂の窓なので、自分がその人を知らなくても、誰かを見ているだけで、その人を好きになることができるのは当然のことです。 誰かを見つめたり、見たりすることで、自分の体はフェニルエチルアミン、体のファイトオアフライト反応に関連付けられている化学物質を生成します。

時間が自分の側にある場合は、そうでない場合よりも愛を見つける可能性が高いかもしれません。 タイミングは愛に大きく影響し、個人は、相手が冒険を探している、家を出たい、孤独な、外国で、人生の新しいステージにグラビテーション、または経済的、心理的に自分自身を共有したり、家族を始める準備ができているときに恋に落ちる可能性が高くなります。

研究によると、男性が危険な状況にいるときに女性と出会ったり、女性が危険な状況にいるときに男性と出会ったりすると、平凡な状況で出会った場合よりも、お互いに恋に落ちる可能性が高くなることがわかっています。 例えば、オフィスで会うよりも、水上ラフティング中に会った方が恋に落ちる可能性が高いということです。

振られたら、または振られた人は要注意です。 振られることは「フラストレーション引き寄せ」につながる可能性があります。 イライラ引き寄せとは、振られた個人が振られた人をさらに愛し、欲情することを意味するだけです。

愛する人を近くに保つ」という表現は、愛の最大の予測因子の一つが近接性や物理的な近さであるため、さらに大きな意味を持つことができます。 別の個人の近くにいることは、増加した感情と欲望と欲望の感情に貢献することができます。

★ お気に入り追加