恋愛や仕事でもっと自信をつけるには?試すべき5つの自信を増強させるテクニック方法!

自信を増やす方法恋愛

自信をつけるにはどうしたらいいですか?
自信は一生のプロジェクトであり、自分の自信を高めるための簡単な方法をご紹介します。

チャレンジしたことがある人は知っているかもしれませんが、行動を重視しています。

自信を失っていると感じたとき、次の一歩を踏み出そうとするよりも、先延ばしにしていることに気づくかもしれません。それは当たり前のことですが、本気で成長したいと思っているのであれば、あきらめることはできません。

5つの自信を増やす方法とは?

自信は、仕事、恋愛など人生の様々な場面で役に立ち、魅力的にみせることが出来ます。それがきっかけで人生大きく変わることもあります。

自信を少し失ったように感じている場合は、試してみることができる5つの自信を高める方法やテクニックをご紹介します。

1.日記(ブログ)を書く

ポッドキャストやフェイスブックライブでも、この話をよく聞いたことがあると思いますが、何かを体験した後に、実際に自分の考えや感情を書き出すことはとてもパワフルなツールです。何かを経験した後に、実際に自分の考えや感情を書き留めるために1分を取ることは、非常に強力なツールです。

誰でも最初の頃は、日記を書くことにかなり臆病でした。座って何か書こうとするのは、かなり気が引けるものです。

だからこそ、もし自分がブログの世界に足を踏み入れたいと思っているのであれば、5分のブログから始めることをお勧めします。

ブログは、朝と夜に一度、自分の一日を開始し、終了するときに使用してください。それは文字通り5分しかかかりませんが、それは自分がブログのプロセスを介してリードしています。

それは自分が日記を開始しているような感じを残すことはありませんプロンプトに従うことが簡単に持っています。

ブログに、私たちは圧倒されることができます。私たちの感情に保持する傾向があるので、重要です。

何か挑戦的なことをした後は、その瞬間の自分の考えや感情を評価するために座っていることが必要です。

今日は何かうまくいったこと、いいと思ったことはありますか?

うまくいかなかったことは何ですか?

自分の日記にこのようなものを書き留める時間を取ることは非常に有用です。

自分が何かを達成し、自分が誇りに思っているとお祝いする準備ができているとき、自分はそこに出て、友人とそれについての話をしたいと思います。達成したことをオープンにして他の人と共有することも大切ですが、その興奮を日記で自分自身と共有することも大切です。

日記を振り返って、自分がどのくらいのところまで来たかを見ることで、自己効力感が高まります。記憶も定着します。脳が活性化されることで頭が良くなり賢くなります。著名な人、頭がいい人、社長などの経営者は、成長の為に忙しくても毎日本や文章を書いて発信しています。

日々の感情は時間が経つと忘れてしまいがちですが、本当に振り返り、その時の自分に立ち返ることで、自分がどのようにハードルをクリアし、どのように課題を乗り越えてきたのかが見えてきます。

自分がどのように変化し、成長してきたのかをはっきりと見ることで、自分自身を奮い立たせ、前に進む力を感じることができます。だからこそ、ブログはとても重要なのです。そして、それは自信を高めるのに非常に役立つのです。

アイデアが出えやすくなったり、仕事面でも効果を発揮します。大企業の社長もよく本を読み、メモを書いて、日記を書いているそうです。頭をものすごく使うので、記憶力がよくなったり、頭の回転も早くなります。

2.新しいスキルを身につける

自信を高めるためにできることの2つ目は、新しいスキルを身につけることです。少し前に買ったギターを弾いてみたり、料理教室に行ってみたり、 新しいフィットネスプログラムを試してみたりと、何でも構いません。家から出なくても、オンラインでシェフやDJのマスタークラスを受けることもできます。しかし、重要なのは新しいことを学ぶことです。

もう一度言いますが、これは自己効力感を高めることです。新しいことを介して作業し、それを把握することで、自分自身がそれらのことを達成するのを見るように自信を構築するのに役立ちます。ベルトの下で何度か勝利を得ると、自分はより多くの自信を持っています。

新しいスキルだけでなく、その延長線上にある人生の他の分野でも、自分には能力があることを知ることができます。ギターを習うよりもはるかに困難な挑戦も、もうそれほど怖くなくなるでしょう。

挑戦している人やクラスで見かける多くの人は、非常に聡明な人たちなので、学校ではそれほど挑戦することはありませんでした。相手は学業に没頭していたので、基本的には自分の中に閉じこもり、オンラインでも教室でも、受動的に本を読んだり学んだりしていました。

相手は自分たちのスキルセットが翻訳されていないため、「現実の世界」に入った途端にすべてが崩壊し始めるまでは、自分たちですべてを手に入れたと思っています。

私たちは魅力の芸術でここに私たちの手を汚すのが大好きなので、私たちは自分が構築し、挑戦し、自分の手を使用することを含むスキルを選択することをお勧めします。

自分の脳を再配線し、新しい経路を構築しようとしている何かを選択します。自分は、新しい発見の自信の計り知れない量を見つけるつもりだ。

3.ディップを押し通す

それは避けられない。何か新しいことに挑戦するたびに、自分は “ディップ”を持つことになります。これは、任意の短期的な利益とどのように話をしている, 常にバラバラに落ちて、私たちが退行する原因となる何かがあるつもりだ. それは、ほとんどの人があきらめることをそれらの回帰の間です。

それがディップです。何か新しいことを始める前よりも悪くなっているような気がする。しかし、その落ち込みを押し切ることが重要です。

4.新しい冒険

自信を高めたいなら、新しい冒険や新しい経験にイエスと言うことを始めなければなりません。友達に誘われて何かをしてみたり、外に出て新しい人に会う機会を得たりと、週や月に何か新しいことに挑戦する機会は誰にでもあります。

残念なことに、私たちの多くは、快適なルーチンの外に出なければならないことを回避する方法を見つけることのプロです。それは自分が構築しようとしている自信のバックボーンであるため、新しい経験にイエスと言い始めることは非常に重要です。

時々、人は大局観にとらわれすぎて、圧倒されているように感じてしまうので、「はい」と言うのが難しくなります。そこで私が始めたことの一つは、「イエス」と言いながらも、1時間だけその場にいることを約束することでした。

1時間半そこにいて、自分自身が楽しんでいて、物事がうまくいっていれば、その場に留まるのです。

普通は時計を見ていないだけで終わってしまいますが、ダサくて楽しくなかったら、自分を追い込んで約束を果たしたことになります。

自分自身が ゲームをプレイさせてはいけませんし、自分の不安が制御不能のスパイラルを聞かせてください。自分は物事をより複雑なものにしてしまいます。

経験はとてもパワフルで、不安を抑え、人付き合いは怖くなくてもいいと気づくことができます。これこそが、新しい冒険に「イエス」と言う力なのです。

5.友達をチェックする

自信をつけるために最も重要なのは、自信を持って価値の高い人たちに囲まれることです。難しいことだとは思いますが、自分を取り巻く人々が自分自身の幸福に大きな影響を与えていることを理解することはとても重要です。

もし自分が問題を抱えていて、その問題を解決するために親友のところに行ったとしても、その友人のフィードバックは彼の個人的なレンズを通してのものになるでしょう。

彼が自信に欠けていて、希少性の考え方から動作している場合は、チャンスは、その人は、自分が明るく、自信を持って、肯定的な誰かに話をしていた場合よりも、自分の問題を悪化させようとしている良いです。

冒険にイエスと言う例を考えてみましょう。自分が新しいブログを始めたいと思ったので、自分の友人がそれを運営しているとしましょう。

もしその友人がネガティブなレンズを通して世界を見ていたら、「なんでそんなことするの?誰が読むの? と言われたら、それだけで自分の考えをシャットダウンして、自分を表に出さないことを決めることができるかもしれません。

もし自分の周りに、「すごいね!」と反応してくれるような人がいないのであれば、「読んでみたい!」と思ってもいいかもしれません。読んでみたい。どうしたらいいですか?何が必要ですか?など、励ましの肯定的な反応をしてくれる人がいない場合は、自分の群衆を変える必要があります。自分に火をつけてくれる人に囲まれるといいです。

では、自信に満ち溢れ、価値の高い人が持っている資質にはどんなものがあるのでしょうか?さて、私たちがよく強調しているのは、笑顔です。

笑顔は、自分が興奮していること、物事に興味を持っていること、その場にいることに熱中していることを示しており、人々が引き寄せられ、一緒にいたいと思うようなポジティブなエネルギーを放っています。

何事にも嫌悪感を抱き、うろうろしたり、たわ言を言ったりする人になりがちですが、ポジティブであり、関与し、熱意を示す人になるには、根性と脆弱性が必要です。

誰かがネガティブなレンズを持っているかどうかを判断するために自分ができることの一つは、小さな行動を見ていることです。スタッフに対してどのように接しているか?

相手はどのように相手をサポートする人々、またはサービスの仕事の人々を扱うのですか?バリスタに失礼な態度をとっていないか?

相手は何かマイナーなことについてウェイターで怒鳴っていますか?これらは、自信があり、価値観の高い人の行動ではありません。協調性のある人を探す必要があります。相手は自分に助けてほしいと思っているのでしょうか、それとも自分を助ける機会を探しているのでしょうか?他人を助ける機会を探しているというのは、自分に自信を持っている人の良いサインです。

そういう人を見つけて、相手と一緒に時間を過ごすことで、自信を大きく高めることができます。

これは、自分が相手の自信に満ちたポジティブな考え方を採用し始めるからです。自分の周りに素晴らしいことをしている人が多ければ多いほど、自分自身も素晴らしいことをしたいと思うようになります。相手の影響力とサポートは、自分が自信を築くのに役立ちます。

自信は生まれつきのものではなく、構築されたものです。
自信に満ちたエネルギーを持って生まれてくる人がいるように思えますが、そのような人たちもまた、最も多くの経験と練習を積んできた人たちであることを覚えておくことが重要です。

自信は構築されており、誰もがこのスキルを成長させ、開発することができます。日記を書いたり、新しいスキルを学んだり、冒険にイエスと言うような活動をしてみて、自信を高め、自分自身を外に出す練習をしてみましょう。

凹むこともあるでしょうが、それを乗り越えていくことを約束しましょう。挫折はプロセスの一部ですが、それを理由に新しい経験を積む機会を得て、自信に満ちた価値の高い人たちに囲まれていることを止めないでください。

★ お気に入り追加