恋愛でも重要な血液型別の性格とは?相性、仕事、結婚パートナーにも影響がある?

血液型性格恋愛

日本人に血液型について質問をしたら、ほとんどの人が答えを知っています。

そして、輸血が必要かどうかを気にしているからではありません。
では、なぜ日本人にとって血液型が重要なのでしょうか?

それは、会社によっては血液型を聞かれたり、血液型で相手を決める人もいるほどで、中には自分の血液型を偽る人もいるからです。

これは、日本では血液型で性格や人との相性が決まるという考え方があるからです。
欧米のホロスコープと似たようなものでしょうか。確かに、あなたは何星座ですかと聞かれたら、ほとんどの人はどう答えればいいか知っていますよね?

血液型別の性格とは?

日本では9割以上の人が自分の血液型を知っています。この話題についてもっと詳しく知りたいと思いませんか?

血液型あるあるがあるほど、血液型と性格はよく当てはまります。血液型別の性格をご紹介します。

血液型O型

血液型O型の人は、生まれながらにして自然なリーダーになるために生まれてきたと考えられています。彼らは、エネルギッシュで、情熱的で、楽観的で、フレンドリーで、忠誠心があり、気楽な性格をしています。

彼らはコミュニケーション能力に優れており、自分の意見や批判を友好的に表現し、相手に攻撃ではなく建設的な批判や改善のための方法として受け止めさせる方法を知っています。

しかし同時に、彼らは自信に満ちていて、野心的で、独立心があり、現実的です。これらの資質を合わせて、彼らは完璧なリーダーになります。

さらに、彼らはビジネスのための優れた直感を持っており、広い視野で物事を見て、将来のことを考え、小さなことを重要視することなく、自分の目標に向かって直接行くので、彼らの目標に向かって行くことができます。

時々、彼らは「小さなこと」を重要視していないという事実が問題になることがありますが、「小さなこと」が重要であることを相手にすると、彼らは無神経に見えるかもしれないので。

その他、血液型0型の人の欠点としては、時間を守らないことと、自信満々で傲慢で嫉妬深いことが挙げられます。

現在、日本人の3割がO型で、A型に次ぐ多数派です。

血液型A型

A型の人を表現するのに最も適した言葉は「真面目」で、勤勉な人、真面目な人という意味です。

特に仕事や勉強ではポジティブな意味で使われることが多いですね。真面目に物事に取り組み、正しい方法で物事を進めようとする人。

同じ線に沿って、彼らはまた、責任感があり、正直で、よく組織化され、整然としており、冷静さを保つ方法を知っています。

これらの特性はまた、非常に良いドライバーと見なされるようにそれらをリードしています。

否定的な側面では、彼らは通常、内気な、頑固だし、彼らは非常に敏感で壊れやすいので、傷つくことを恐れているので、彼らは他の人に心を開くために時間がかかります。

また、日本ではポジティブな性格とされていますが、衝突を避けるためにあまり自分を表現しないことが多いようです。自分の気持ちをあまり表に出さないのですが、人の話を聞いたり、共感したりするのが得意です。

このように、これらの資質は、私たちが持っている日本人の固定観念に近いものです。

そして、血液が性格に影響を与えるというのが本当かどうかは別として、日本では血液型がA型が圧倒的に多く、4割近くの人がA群であるという事実があります。

血液型B型

血液型B型の人たちは、A型とは正反対の性格なので、日本ではあまり人気がありません。彼らは創造性が高く、楽観的で、フレンドリーで、最も外向的な人々と考えられています。

しかし、彼らはまた、利己的で、予測不可能で、野生的で、無責任で、ルールに従うことを好まず、日本社会の基準と正面からぶつかり合う資質を持っています。

他人の気持ちやルールを気にせず、自分の思ったこと、やりたいことをオープンに言動します。

楽しくパーティーをするのが好きで、特に男の子はプレイボーイとして見られ、多くの女性はカップルとして敬遠します。

幸いにも誰もが否定的なことばかり見ているわけではありません。彼らはまた、彼らの創造性と想像力のおかげで問題を解決する他の血液型よりも優れている、彼らは簡単に新しい環境に適応し、新しいことを(彼らはすぐに興味を失う場合でも)を学ぶのが好きです。

そして、最もポジティブな部分:その存在は環境を改善し、良い雰囲気を作ります。

日本人のわずか10%がB型

血液型AB型

以前、B型の人は人気がないと言ったら、AB型の人はさらに人気がありません。

AB型の人は血液型A型とB型が混ざっていると考えられています(かなりわかりやすいですよね?

そのため、なんとなく双極性というか、2つの性格/2つの顔を持っていて、予測不可能な人たちです。干支でいうと双子座の人たちのような感じになってきますね。

しかし、その一方で、彼らはちょうど最も稀で、最も一般的な血液型(唯一の5%)であるため、彼らはあまりにも神秘的でクールなバイブのオーラを持っており、彼らは人の最も興味深いタイプと考えられています。

趣味は様々ですが、特にファンタジー関連のものが好きです。

ミックスなので、状況や気分によって性格がガラッと変わるので、対応が難しいのが難点。

彼らは合理的で現実的ですが、同時に夢を見ていて、彼らは自分の夢を追いかけるのが好きで、彼らは自信を持っていて、まだ恥ずかしがり屋で外に出ています。

彼らは論理的に考えるのが好きですが、精神的なものにも惹かれます。繊細で傷つきやすいですが、同時に他人への共感性はあまりありません。

彼は多くのことが好きですが、彼らはすぐに興味を失い、1つの活動から別のものに変更します。

この理由から、彼らはしばしばエキセントリックとみなされています。しかし、良い面では冷静で正直な人間関係を築いています。

血液型の起源とは?

最初から始めるとすれば、オーストリアの科学者カール・ランドシュタイナー(Karl Landsteiner 1868-1943)が、血液を現在私たちが知っている4つの血液型に分類して同定した1901年に遡るべきでしょう。

カールの発見は人類にとって大きな助けとなりましたが、輸血のようなものにおいては、すぐにこの発見の誤用が見られるようになりました。

ドイツのナチスのように、優れた「人種」の存在を正当化するために血液などの論拠を利用しようとした人がいることは、今に始まったことではありません。また、アジアでは血液型がB型であるのに対し、西洋ではA型やO型が優勢だったため、西洋人はアジア人よりも優れていると考えていた人もいたこともわかりました。

日本では古川竹城教授(1891-1940)がこのテーマを選び、1927年に「血液型による気質の研究」という論文を発表し、血液型が人の性格を決定すると述べました。

この論文は科学的な根拠はなく、あくまでも彼の周囲の人々や彼が勤務していた高校の志願者の観察に基づいたものでしたが、日本では瞬く間に人気を博しました。

それほどまでに、日本陸軍も研究を始め、新兵を血統別に分けて「資質」に応じて異なる訓練をさせたケースもあったと言われています。

しかし、第二次世界大戦が終わると、この説も、一部の人種の優劣を語る説と同様に、忘れ去られてしまった(というか、人類は過ちから学ぼうとした)。

1970年に能見雅彦という弁護士がこの考えを回復し、息子と一緒に一連の本を出版したが、今回は人種の優劣ではなく、もっと「無邪気な」アプローチであった。

現在に至るまで、血液型や性格に関する本はもちろん、血液型に合わせてどの食事が最適か、ベストパートナーは誰か、などの本もたくさん出ています。

芸能人でもプロフィールに血液型を公表している人は多いですし、政治家でもそれを利用して「自分はライバルよりも優れている」「なぜ自分はA型でライバルはB型なのか」などと言っている人もいます。

しかし、これまで述べてきたように日本人の9割以上が知っていることとはいえ、私たちにとってはホロスコープのような逸話的なものです。

私たちは自分の干支を知っていますし、それに関する本やテレビ番組もありますし、他の干支との相性やダイエットには何が良いのか、などの情報もあります。干支に基づいた未来予測でさえも。

しかし、本当に信じている人は少ないのではないでしょうか。日本でも同じようなことが起きています。

そう、この記事の冒頭までは、血液型で相手を選ぶ人がいるとか、血液型で採用する会社があるとか言ってきました。

しかし、その会社のケースは、例えば、その会社のケースは孤立したケースとして出てきたもので、海外のマスコミが特に誇張して、それをよくあることだと思っていたのです。

私も冒頭で注意を引くために使ったことがあります。しかし、私が言うように、これが頻繁に行われていると考えてはいけません。

実は日本人の多くは、会話を始めるのが苦手だったり、新しい友達を作るのが苦手だったりして、緊張してしまうのです。

血液型の話をすることは、時間の話をするのと同じように、何かを話し始めるためのアイスブレーカーとして使われることもあります。

また、相手のことをよりよく知ろうとしたり、興味を示したりするための方法でもあります。

また、日本では、A型とO型しかない欧米とは違い、血液型のバランスが取れていて、日本人にとっては、友人や同僚の血液型を当てるのは、ほとんどゲームのようなものです。

★ お気に入り追加