浮気相手の3つの簡単なサインと不倫をする人とは?

更新日:
ガガログ編集部

不倫を予測する確かな兆候は、パートナーの神経質さ、自尊心の低さ、そして不倫に対する疑念の強さです。このような特徴を持つパートナーは、チャンスがあれば簡単に不倫に走ってしまう傾向があります。

神経質なパートナーは不倫のリスクが高い

神経質な人は自分の衝動をコントロールできず、機会があれば行動に移してしまいがちです。一方で自尊心の低い人は、不倫を通じて自分の価値を認めさせようとする可能性があります。つまり、神経質で自尊心の低いパートナーは、不倫に走りやすい危険な組み合わせなのです。

パートナーへの疑念が不倫のサインに

パートナーを疑うことも、不倫が起こるサインの一つです。なぜなら、人は不倫の兆候を無意識のうちに読み取る能力を持っているからです。実際、ある研究では、見知らぬカップルの数分間の会話を見ただけで、浮気をしているかどうかが判別できたそうです。

不倫は意外と身近にあり予防が重要

既婚者を対象とした調査では、一定の割合で不倫が発生していることが明らかになりました。特に異性が存在する職場は、不倫のリスクが高まる危険な環境です。有名人でさえ不倫するケースがあり、表に出ていないだけで実際の不倫件数はかなり多いと考えられています。

さらに、別の調査では、最大75%の夫婦関係に不倫が影響を与えている可能性があるとされています。つまり、不倫は決して他人事ではなく、予防対策が重要になってくるのです。

神経症は不倫の大きな予測因子

神経症は不倫と強い正の相関があり、不倫をする可能性の認識とも関連していました。神経質な人は、性的な機会があれば簡単に乗っ取ってしまう傾向にあります。この背景には、神経症の一面である衝動性の高さと、他者への依存心の低さが関係していると考えられています。

不満や宗教心の低さも不倫のリスクに

神経症や自尊心の低さ、疑り深さに加えて、夫婦間の不満や宗教心の希薄さも不倫を予測する因子となり得ます。また、男性の場合は妻が妊娠中に不倫をする可能性が高まるという指摘もあります。一方で、信仰心が強いほど不倫のリスクは低くなる傾向があることがわかっています。

このように、不倫は決して珍しいことではありません。パートナーの性格的特徴や夫婦関係の状況から、ある程度予測可能なのが実情です。そのため、パートナーの変化に気づき、不倫のリスクを事前に察知して予防することが大切になります。不倫は家庭を崩壊に導く深刻な問題なので、夫婦でコミュニケーションを密に取り、お互いを思いやる気持ちを忘れずにいましょう。

恋愛
ガガログ