Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

浮気相手の3つの簡単なサインと不倫をする人とは?

 

不倫を予測する3つの方法。

不倫は、自尊心の低い神経質なパートナーを持ち、そのパートナーが浮気をしているのではないかと疑っていることで予測される、という調査結果が発表されました。

神経質な人は、自分の衝動をコントロールできない傾向があるので、チャンスがあれば行動に移す可能性が高くなります。

自尊心が低い人は、浮気をすることで自分を認めてもらおうとするかもしれません。

パートナーを疑うことは不倫の予測にもなります。なぜなら、人は不倫の兆候を直感的に読み取るのが意外と上手いからです。

ある調査では、見知らぬ人が数分間、カップルのやり取りを見ただけで、浮気を見破ることができたそうです。

この結論は、結婚した人を対象とした調査から得られたものです。



その結果、一定の割合で不倫が発生することがわかりました。異性がいる職場は危ないです。
芸能人でも不倫するほどですので、実際には、判明していないだけで、不倫の数は多いと言われています。

他の調査では、不倫は最大で75%の関係に影響を与える可能性があるとされています。

神経症は不倫の重要な予測因子でありました。

神経症は不倫と有意かつ正に関連しており、これは神経症と不倫をする可能性の認識との関連について報告されているものと同様です。

神経質な人は機会に乗じて行動する可能性が高いです。

衝動性が高く、依存性が低い人は、性的な機会に行動する可能性が高いのではないかという仮説があるので、衝動性は神経症の一面であり、不倫の可能性を高めているのかもしれません。

神経症、自尊心の低さ、疑い深いことに加えて、不倫は夫婦間の不満や宗教心の低さからも予測されました。

また、男性はパートナーが妊娠しているときに浮気をする傾向がありました。

信仰心が強いことは、不倫のレベルが低いことと関連していることもわかりました。


この記事もおすすめ
    タイトルとURLをコピーしました