Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す

誰もが望む結婚相手として選ぶ資質や特徴とは?

 

友人と恋人に、それぞれの性格、偏見、価値観、態度について質問しました。

人は友人関係でも恋愛関係でも類似性を求めるという調査結果が出ました。

人は結婚相手に、似たような性格、似たような態度、似たような価値観を持つ人を求めます。

似ているということは相性がいいということで、夫婦は何年経ってもそんなに変わらないからです。

だからこそ、一般的に異性は惹かれないのです。
それは、自分が他の人に大きな変化を与えることができるという幻想です。

初対面の二人は、自分たちの共通点を見つけようとします。

違いがあれば、年月が経つにつれて、その違いが大きくなる可能性が高いのです。

飛行機の中で見知らぬ人同士が会話をしているところや、ブラインドデートをしているカップルを想像してみてください。

最初のぎこちない会話の瞬間から、2人がどれだけ似ているかが、すぐに、そして強力に、今後の交流に影響を与えます。

二人は結ばれるのか?それとも離れていくのか?

このような初期の類似性の認識は、その判断に大きな影響を与えます。

この結論は、数千の友人、恋人、単なる知り合いを対象に、それぞれの性格、偏見、価値観、態度について質問した調査から得られたものです。

その結果、人々の資質は年月を経ても収束しないことがわかりました。

むしろ、人は最初から自分に似ている人と友達や恋人になることを選ぶのです。

人間関係の調和を乱すもの、例えば、特に重要な態度、価値観、好みなどで意見の相違がある部分は、持続する可能性が高いです。

変化することは難しく、可能性は低い。最初から自分のニーズや目標に合った人を選ぶ方が簡単です。

異質な人との関係も追求すべきだと言います。

自分とは違う人と仲良くすることは、とても役に立ちます。

友人は、安らぎを与え、気楽に過ごし、リラックスし、挑戦を受けないためのものであり、それは良いことです。

しかし、それだけではありません。

新しいアイデアも必要だし、自分がおかしなことを言っているときにそれを正してくれる人も必要です。

自分と同じようなおかしな人とばかり付き合っていると、大きくて美しい多様な世界とは無縁になってしまいます。


この記事もおすすめ
    タイトルとURLをコピーしました