ソフトバンクとYモバイルが、スマホ下取り額をスマホ機種購入割引に利用可能へ変更!

ソフトバンクスマホ・携帯電話

ソフトバンク、ワイモバイルの発表によると、4月15日より、スマホで下取りした際の金額を今までのPayPayボーナスにプラスして、
スマホの購入代金割引い利用可能にすると発表。スマホは、店舗での下取りが必要です。

不要になったスマホを車のように下取りにすることで、割引されて、安く新しいスマホを購入できるようになります。

PayP`ayボーナスか割引を選択可能

iPhoneや最新スマホを購入した際に、ソフトバンクとワイモバイルは、スマホを下取りした際の受け取り額を「PayPayボーナス」のみでした。
新しいスマホの購入割引に利用出来るようになったことで、より安く、スマホを購入出来るようになります。
機種変更、新規加入、MNPのどれでも利用可能になります。スマホの状態によっては、下取り査定額が下がる場合があります。

ソフトバンクでiPhone XSを下取りにするとi40,800円ですので、新しいスマホが購入しやすいです。