AppleとGoogleがコロナ感染防止で提携。スマホで濃厚接触を検出技術開発で協力!

Appleスマホ・携帯電話

アメリカでコロナ感染拡大して被害が大きくなっています。米に本社があるAppleとGoogleが新型コロナウイルス感染症[COVID-19]の感染拡大の防止対策として、新しい技術を一緒に開発すると発表しました。

その新しい技術についてですが、スマホの「Bluetooth」技術を活用。コロナ感染者、濃厚接触者の可能性を検出できる技術です。

AppleとGoogleがコロナ防止対策で提携

皆さんご存じのように、AppleはiOS、GoogleはAndroidを開発して提供しています。
両方のOSの間で、感染者の移動経路のデータを相互にやりとり可能にできるAPIを5月リリース。
アプリ(iOS/Android)に取り入れることで、濃厚接触を検出できる機能を持ったアプリを開発出来ます。

Googleの公開した資料によると、コロナに感染した場合に、感染者であるとをアプリに登録します。
過去数日内に接近した全てのユーザーに濃厚接触者である通知が届きます。
感染した名前、場所、しらされず、AppleやGoogleも特定できないそうです。街中で知らない人と接触していて、コロナに自分が知らずに感染していることが分かるので、感染防止に役立ちます。

2社のAppleとGoogleが協力をすることで、より多くの人にこの情報を提供出来ます。