今すぐiPhone SEを購入するべきか、iPhone 12「ミニ」発売を待つべきか?

iphonese12モバイル

今すぐ新しいiPhoneが必要な場合は、iPhone SEを購入する必要がありますか、それとも今秋後半に発売、発表される噂の小さいiPhone 12「ミニ」を試してみる必要がありますか?

後、2ヶ月で発売されます。

iPhone SE対iPhone 12のデザイン

iPhone SEは、コストを下げるために、AppleはiPhone 8の本体を再利用しました。

ガラスとアルミですが、2017年のものです。2013年、AppleがiPhone 6で導入したデザインで、現在もiPhone 11で使用されています。

iPhone 12は、まだ発売されていません。しかし、新しいiPhone発売の前に通常のうわさとリークは、デザインがあまり変わらないこともよく分かっています。

iPhone 5やオリジナルのiPhone SEと同様に、曲線ではなく四角形で、現在のiPad Proのようにベゼルがなくなり、最近のiPhoneデザインのガラスが追加されています。

したがって、現在のデザインが気に入った場合、iPhone SEはおそらくそれを手に入れる最後のチャンスです。

新しい外観が必要な場合は、iPhone 12がおすすめです。

iPhone SE対iPhone 12のディスプレイ

iPhone SEは4.7インチLCD Retina密度、P3広色域ディスプレイを備えています。

つまり、平均的な人が平均的な視聴距離で見るにはピクセルが小さすぎる必要があり、赤と緑は古いsRGMパネルよりも豊かで鮮やかでなければなりません。

これはTrueToneを備えています。つまり、環境の色温度に動的に一致できるため、白が暖かくて黄色に見えたり、涼しくて青く見えたりすることはありません。

つまり、iPhone 6とまったく同じサイズと密度、iPhone 8と同じ品質です。

iPhone 12の噂、特にこの比較については、Appleがより小さなバージョンを提供するという噂があります。

iPhone12 mini。少なくとも、これまでで最も小さい最新のiPhoneバージョン。5.4インチのディスプレイ付き。

また、iPhone 11とは異なり、iPhone SEのようなLCDでしたが、これはOLEDであり、iPhone 11 Proに近いものになります。

これらのパネルは非常に高価であるため、Proほど優れたOLEDにはなりませんが、より深い黒、ハイライト、コントラスト比が高く、指が交差し、少なくともHDR、高ダイナミックレンジが維持されます。 XDRでない場合、プロのような極端なダイナミックレンジです。

また、軸外のカラーシフト、低輝度レベルでのパルス幅変調など、すべてのOLEDディスプレイで依然として問題があります。

しかし、それでも角から丸みを帯びた角、および端から端までのノッチになります。

つまり、ディスプレイは全体的に大きくなりますが、電話機全体のサイズはさらに小さくなるはずです。おそらくオリジナルのiPhone SEサイズに近いです。

そのため、ディスプレイやサイズを気にしない、または実際に古いLCDを好む場合は、iPhone SEを入手してください。

OLEDが必要な場合は、ProレベルのOLEDでなくても、可能な限り最小のパッケージでiPhone 12を入手してください。

iPhone SE対iPhone 12のセキュリティ

iPhone SEにはまだホームボタンがあります。つまり、Touch IDも付いています。それがAppleの生体認証指紋認証システムです

ホームボタンの上に指を置くと、容量性リングが隆起の写真をトリガーし、指に渦を巻き、それを数学に変換し、それをセキュアエンクレーブに送信し、ファイルに登録されている印刷物と比較し、一ます。

一致すると、スマートフォンまたはアプリのロックを解除するか、トランザクションを承認するトークンを解放します。

指がセンサーに届く限り、見ていなくてもロックを解除できます。ただし、手袋を着用することはできません。

また、指が過度に湿っていたり乾いたりしていると、湿度レベルに敏感になる可能性があります。

iPhone 12には、ほぼ確実にホームボタンがないので、Face IDを使用します。これがAppleのバイオメトリック顔面形状スキャナーです。

悪名高いノッチに収められており、ドットプロジェクター、投光照明、赤外線センサーを使用して、顔の3Dスナップショットを撮り、そのデータを数学に変換し、Secure Enclaveに送信し、ニューラルエンジンを使用して比較します。

ファイル上の顔のジオメトリ、およびそれらが一致する場合、同じ種類の承認トークンを解放します。

前面カメラが開いた目と鼻を見ることができる限り、触れていなくてもロックを解除できます。

ただし、赤外線を遮断するサングラスや鼻を覆うマスクを着用することはできません。また、センサーを遮る直射日光に敏感な場合があります。

もちろん、Touch IDとFace IDに関するこれらすべてのことは回避できますが、あなたの人生の生き方によっては、一方がはるかに便利で、もう一方よりはるかに簡単です。

したがって、指紋を使用する方が簡単な場合は、iPhone SEを使用することになります。

しかし、顔をスキャンするのが簡単だと感じると、iPhone 12を感じることになります。

iPhone SE対iPhone 12のパフォーマンス

iPhone SEは非常に最新のシリコンをカバーの下に詰め込んでいます。

具体的には、AppleのA13 Bionicチップセット。これは今のところ素早いだけでなく、少なくとも4年間はiOSアップデートを実行し続ける必要があります。

つまり、2015年のiPhone 6sは今年、2020年にiOS 14を取得しており、それは例外よりもルールになる傾向があります。

しかし、iPhone 12は、より効率的でさらに高いパフォーマンスのA14…Trionicを搭載しているはずです。再びバイオニックになることはできませんね。

そして、それはそれがより強く、より良く、より速くなるだけでなく、1年以上も更新を取得し続けるはずであることを意味します。

チップセットやアップデートの余計な1年が気にならない場合でも、iPhone SEは、少なくともあと数か月間購入できる他のほとんどのスマホよりも高速です。

入手可能な最も高度なシリコンが必要な場合は、入手できる限りアップデートしてください。iPhone12ならそれが可能です。

iPhone SE対iPhone 12のカメラ

iPhone SEのカメラは少しキメラです。これは、iPhone 8と同じ基本的なハードウェアですが、iPhone 11の画像信号プロセッサを備えており、独自の計算トリックがいくつかあります。

これらすべてが組み合わさって、iPhone XRのように撮影できます。

広角レンズが1つだけで、ナイトモードはありませんが、ポートレートモードはまともで、iPhone 11は、最高のビデオのいくつかです。

しかし、iPhone 12になります。そして、頼りになることが1つあるとすれば、新しいiPhoneが発売されるたびに、より優れたカメラが登場するということです。

つまり、少なくとも、広角レンズと超広角レンズ、さらに次世代の画像信号プロセッサを備え、さらに優れたナイトモード、ポートレートモード、スマートHDR、そしておそらくスマホで最高品質の動画を実現する必要があります。

したがって、必要なのは良いカメラであるが必ずしも最高のカメラではない場合、iPhone SEで十分です。

カメラに関して最新で最高のものを求めるなら、iPhone 12の発売を待ちましょう。

iPhone SE対 iPhone 12の5G

iPhone SEにはIntelモデムが搭載されており、AT&Tの非常に不審な5Geラベルであるにもかかわらず、4G LTEに完全に対応しています。

速度はまともです。カバレッジはまともです。しかし、特に大都市以外では、多くの場所で多くの5g信号を得られない場所がまだたくさんあります。

iPhone 12は、小さいものを含めて、Qualcommモデムを取り戻し、新しい5Gネットワークで実行できるものとなるはずです。

現在、Proモデルのみが超高速であるが、超低レンジのmmWaveテクノロジーを実現することが期待されています。

ただし、小さいものも含めて、すべてが少なくともサブ6、おそらくサブ9を取得することが期待されています。これは、スペクトルがハイバンドより下に這い上がっていくためです。

そして、どこよりも高速ではありませんが、はるかに堅牢であり、ネットワークが展開されるにつれて、大都市の外のすべての人が、これらの年の間に約束されたすべてのバーを最終的に提供するはずです。

したがって、LTE速度と接続品質に問題がなければ、iPhone SEに問題はありません。

しかし、必要な場合は、iPhone 12がそれを提供します。ネットワークの展開によって異なります。

iPhone SE対iPhone 12の価格

iPhone SEはすでに発売後経過しています。日本では5万円です。

iPhone 11の価格は8万円で、新しいAppleの旗艦が登場するのでこれは非常に手頃な価格です。噂によると、iPhone 12はほぼ同じ価格のままです。

5.4インチモデルのほうが少し安く、約7万で、6.1インチモデルの平均は8万円です。

したがって、予算が6万円の場合は、iPhone SEが必要になります。

また、iPhone 12が発表されたら、AppleがベースモデルのiPhone 11を1万円、安く維持する可能性があります。

iPhone SE対iPhone 12のアドバイス

できる限り長く待ってから、絶対に購入する必要があるときに購入し、その時点で余裕のある最高のものを購入して、それから楽しんでください。何か新しいものと次のものが常にあるからです。

つまり、iPhoneが本当に必要な場合は、今すぐiPhone SEを入手してください。もしそうでなければ、iPhone 12はおそらく10月頃にiPhone XやiPhone XRの時代のように秋まで発売されます。

その時の予算とニーズに最適なものを購入し、後悔をゼロに出来ます。

★ お気に入り追加