YouTube再生回数を増やす簡単な方法!ユーチューブの最新アルゴリズムとは?

youtube動画動画

ユーチューバーとしてYouTubeに動画投稿して、広告収入で稼いでいるYouTuberが増えています。
芸能人のような扱いの事務所に入ったり、CM、音楽、TV出演など、ユーチューバーから芸能人のような活動をされている方や、芸能人でもユーチューブで動画配信する方が芸人を含めてとても増えています。

ユーチューブの動画再生回数を増やす方法とは?

企業やWEBでのマーケティングでもYouTubeは無視できない大きな存在になっています。
多くの有名企業がYouTubeに多額の広告費用を投入しています。

YouTubeに動画をアップロードし始めた方で、まず思うのが、どのようにしたら、YouTubeの動画再生回数を増やせるかです。過激な動画を投稿して注目を浴びようとする方もいます。

ユーチューブで大事なのが、WEBサイトのSEO対策でも同じですが、滞在時間が重要です。再生時間が長くなる、視聴時間が長くなる動画を配信する必要があり、コンテンツの品質、面白さが重要になってきます。

ユーチューブ動画は高評価が大事!

動画の再生回数を増やすには、YouTubeで高評価を得ることが重要になってきます。
YouTubeでいい動画の目安になり、YouTubeのアルゴリズムでも高評価の動画を評価するようになっています。
より再生回数が増えるので、動画の後でもユーチューバーがよく、高評価をお願いしますと言っているのは、それが理由です。

高評価の動画とそうでない動画であれば、高評価の動画の方が表示される確率が高いのです。
動画の再生回数を増やしたいのであれば、長く見てもらえる、良い評価を押してもらえるコンテンツ重視の動画を投稿しましょう。動画の再生回数よりも総再生時間も重要になってきます。

YouTubeアルゴリズムは再生時間

ユーチューブのアルゴリズムが重要視しているのは、再生回数よりも総再生時間です。再生回数が多くても、視聴されている時間が短ければ、評価が上がりません。知っているユーチューバーの方は、再生回数よりも総再生時間を重視しています。

ユーチューブは、チャンネル登録者数を重視

ユーチューブで重要なのがチャンネル登録者数です。人気度を表していますが、チャンネル登録者数千人を超えることで、広告が表示されて収益を得ることが出来ます。「チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4000時間」、「チャンネル登録者数が1000人」達成することが大事です。

YouTubeアルゴリズムでは、動画の質よりも、チャンネル登録者数が多い方が、人気の動画として扱われます。少なければ、人気がない動画だと判断しています。それに加えて、総再生時間も重要です。チャンネル登録者を増やす努力もしましょう。

動画アップロードされてからの再生時間

YouTubeに動画をアップロードしてから急激にバズって、動画を何回も再生された動画は、急上昇ランキングに表示されて、さらに再生回数が高くなり、ユーチューブの動画からも評価を得やすいです。アップロードしてからの動画再生回数もチェックすうるようにしましょう。