クラウドやWEBアプリとは?初心者に分かりやすく解説!

クラウド、クラウドコンピューティング、クラウドストレージなどの言葉を聞いたことがあるかもしれません。しかし、クラウドとは一体何なのでしょうか?

簡単に言えば、クラウドとはインターネットのことで、具体的には、インターネットを介してリモートでアクセスできるすべてのものを指します。クラウドにあるものは、コンピュータのハードドライブではなく、インターネットのサーバーに保存されていることを意味します。

なぜクラウドを使うのか?

クラウドを利用する主な理由としては、利便性と信頼性が挙げられます。例えば、GmailやYahooメールなどのWebベースのメールサービスを利用したことがある人は、すでにクラウドを利用したことがあるでしょう。ウェブベースのサービスでは、メールはすべて自分のパソコンのハードドライブではなく、サーバーに保存されます。これは、インターネットに接続されているどのコンピュータからでもメールにアクセスできることを意味します。また、パソコンに何かあってもメールを復旧できるということです。

ファイルの保管

ファイルや電子メールなど、あらゆる種類の情報をクラウド上に保存できます。つまり、自宅のコンピュータだけでなく、インターネットに接続しているコンピュータやモバイルデバイスからも、これらの情報にアクセスすることができます。クラウドベースのストレージサービスとしては、DropboxやGoogle Driveなどがあります。
ファイルの共有。クラウドを使えば、複数の人と同時にファイルを共有することが簡単にできます。たとえば、FlickrやiCloud Photosのようなクラウドベースの写真サービスに複数の写真をアップロードして、友人や家族とすばやく共有することができます。

データのバックアップ。クラウドを使ってファイルを保護することもできます。クラウドのアプリは、データをクラウドに自動的にバックアップします。このようにして、あなたのコンピュータが紛失、盗難、破損しても、クラウドからファイルを復元することができます。

世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】

Webアプリとは?

デスクトップ アプリケーションを使用してコンピュータ上でタスクを実行する方法について説明しました。コンピュータにインストールする必要のない、クラウド上で動作するウェブアプリケーション(ウェブアプリ)もあります。インターネット上で最も人気のあるサイトの多くは、実際にはウェブアプリです。知らず知らずのうちにウェブアプリを使っていたということもあるかもしれません。人気のあるウェブアプリをいくつか見てみましょう。

Facebook(フェイスブック)

Facebookでは、オンラインでプロフィールを作成し、友達と交流することができます。プロフィールや会話はいつでも更新できるので、Facebookではウェブアプリの技術を使って情報を常に最新の状態に保つことができます。

Pixlr

Pixlr は、ウェブブラウザ上で動作する画像編集アプリケーションです。Adobe Photoshop と同様に、色補正やシャープツールなど、多くの高度な機能を備えています。

Google Docs

Google Docsは、ブラウザ上で動作するオフィススイートです。Microsoft Officeと同様に、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションなどを作成するために使用できます。また、ファイルはクラウドに保存されているので、他の人と簡単に共有することができます。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】