インターネット接続を高速化する方法まとめ

インターネットの接続は、いつでもより速くできます。

ダウンロードに時間がかかる、ストリーミングがスライドショーのように感じられる、あるいは単に速度を最大化したいなど、インターネット接続を高速化する方法をご紹介します。

お使いのインターネットサービスプロバイダ(ISP)によっては、電話(またはWebサイト)でより高額なプランにアップグレードすることで、高速化できる場合があります。

月々の請求額は上がりますが、その分スピードも上がります。しかし、その前に、無料で接続を高速化するための方法をご紹介します。

Wi-Fiとローカルネットワークの最適化

インターネットの通信速度が低下する原因の多くは、ローカルネットワーク、特にWi-Fiを使用するネットワークにあります。

インターネットの接続状態を確認する前に、ローカルネットワークの状態を確認することをおすすめします。

ネットワークのパフォーマンスが低下した場合の最も基本的な対処法は、ルーター(モデムが別になっている場合はモデムも)の電源を切り、10数回数えてから再び電源を入れることです。

これは、ルーターの「電源再投入」と呼ばれ、多くの場合、物事をスピードアップすることができます。

有線のイーサネットではなくWi-Fiを使用している場合、近くのネットワークからの干渉を最小限に抑えることは、速度低下やネットワークドロップアウトの原因となります。

ご自宅のWi-Fiに接続した際に、他のネットワークが多く表示される場合は、干渉の少ないWi-Fiチャンネルを選択するとよいでしょう。

5GHz帯に対応した最新のルーターを持っているなら、可能な限りそれを使うべきです。5GHz帯を使用すると、速度が速くなり、干渉も少なくなります。

802.11ac対応のデュアルバンドルーターをお持ちの方は、接続時に2つのネットワークが表示されます。ルーターの設定で適宜名前をつけることができます。

ほとんどのルーターには、このインターフェースにアクセスするための手順がデバイスの側面に印刷されています。

ログインしている間に、ルーターの新しいファームウェアをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

どこで見つけられるかは、使用しているメーカーやモデルによって異なりますので、「ソフトウェア・アップデート」などを探してみてください。

セキュリティ保護されていないワイヤレスネットワークを使用するべきではありません。

ネットワークが開放されていると、誰でもアクセスできてしまい、帯域幅を消費してしまいます。

可能な限りWPA2(AES)でネットワークを保護するようにしてください。WPA2(AES)を使用すると、すべてのデバイスが接続時にパスワードを要求します。

ワイヤレスを完全に回避して、有線のイーサネット接続を使用すると、ローカルネットワークのパフォーマンスが最も向上します。

また、ワイヤレス機器をよく使う場所の近くにルーターを移動してみるのも良いでしょう。

お使いのルーターが古い(2年から5年)場合は、新しいルーターの購入をご検討ください。ネットワーク機器は休む暇もなく、使用状況によっては不具合が生じることもあります。

新しいルーターは、802.11acのようなより高速なWi-Fi規格に対応しています。最高のカバレッジを得るためには、メッシュWi-Fiシステムを検討するのもよいでしょう。

モデムが古いと、通信速度に問題がある場合もあります。料金に見合った速度が得られず、しかもモデムを購入してから時間が経っている場合は、アップグレードの時期かもしれません。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】

通信速度のテスト

ローカルネットワークが最適に動作するようになったら、次はインターネットの速度をテストしてみましょう。サービスを使って行うことができます。

可能であれば、有線のイーサネット接続を使用してノートパソコンからテストを実行するか、テストするデバイスをできるだけルーターに近づけてください。

スピードテストは、必ず接続を使用していないときに実行してください。ストリーミングやダウンロードを同時に行っている場合は、結果が低くなる可能性があります。

このテストを何度か行うことで、最も信頼性の高い結果を得ることができます。次に、現在得られている速度と、得られるはずの速度を比較してみてください。

実際のインターネットの速度がサービスプロバイダーの広告と一致することはまずありませんが、オフピーク時にはそれに近い速度が得られるはずです。

スピードが出ないということは、サービスプロバイダーでしか解決できない問題があることを意味します。

その場合、ケーブルの交換やアクセスポイントの設置が必要になることがあります。しかし、電話をかける前に、以下の方法を試してみることをお勧めします。

電話をかける前に、以下の方法を試してみてください。そうすれば、問題解決のためにあらゆる手段を講じたことをサービスプロバイダに伝えることができます。

使用する帯域幅を制限する

インターネットに接続されている機器の帯域幅は限られており、ネットワーク上のすべての機器で共有する必要があります。一度に多くのデバイスがインターネットを使用すると、使用できる帯域幅が少なくなります。

一度に行う作業を制限することで、インターネットの速度を大幅に向上させることができます。

大容量のダウンロード

ストリーミングコンテンツ(特に4Kまたは1080p動画)
Wi-Fiカメラ

適正な帯域幅を超えて使用している可能性のある機器を隔離してください。

他の家族や同居人に、大量の動画を視聴したり、容量の大きいファイルをダウンロードしたりしていないか聞いてみてください。

料金に見合ったインターネットの速度が得られていても、現在のプランでは一度に多くのことをしようとしすぎている可能性があります。

このような状況が疑われる場合は、いくつかの行動を変えてみるとよいでしょう。大容量のダウンロードは、誰も起きていない深夜にしておく。

スマートフォンやタブレットを自動的にアップデートするように設定し、夜間の充電中に必要なファイルをダウンロードするようにします。

ルーターが対応している場合は、ルーターのコントロールパネルでQoSを有効にします。この機能は、帯域幅をより効率的に共有し、特定のアクティビティによってすべてが停止するのを防ぎます。

店舗・事務所の電話番号《最短取得》番号選べます!
電話新設《最短工事》全国24時間受付中。

DNSサーバーの変更

ドメインネームシステム(DNS)は、インターネット上の住所録のようなものです。DNSは、ドメイン名を、データが保存されているサーバーのIPアドレスに変換します。

DNSサーバーの動作速度は大きく異なります。DNSサーバーの動作速度が遅いと、Webサイトにアクセスする際の遅延が大きくなります。

特に、ウェブサイトがコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を利用してトラフィックの負荷を分散している場合は、DNSサーバーの選択が提供されるIPアドレスに影響を与えることがあります。

デフォルトでは、サービスプロバイダーが割り当てたDNSサーバーを使用します。これらのDNSサーバーが最速である可能性はほとんどありません。

Google(8.8.8.8および8.8.4.4)やCloudFlare(1.1.1.1)が提供するDNSサーバーを使用することをおすすめします。

最良の結果を得るためには、簡単なテストを実行して、地理的な位置に基づいて最適なDNSサーバーを見つけてください。

DNSの変更を実行する最も良い方法は、ルーター上で行うことです。ネットワークハードウェアのDNSサーバーを変更することで、そこに接続するすべてのデバイスで改善を確認できます。

もう一つの方法は、使用するすべてのデバイスでDNSサーバーを変更することです。

ソフトウェアに注意する

ソフトウェアもインターネット速度の問題の原因となります。

バックグラウンドで動作しているソフトウェアが接続を大量に使用している可能性があります。

Windowsユーザーは、タスクマネージャ(Ctrl+Alt+Del)を起動して、実行中のプロセスのリストを表示することができます。

ネットワークの列でソートすると、どのプロセスがネットワーク接続を使用しているかがわかります。必要のないものはすべて削除します。

WindowsとMacの両方のシステムでは、ソフトウェアが接続を使用している理由を理解するために、プロセスを特定することが重要です。

すぐにはわからないプロセス名をインターネットで検索して、そのアプリが必要かどうかを判断してください。

特にWindowsマシンでは、マルウェアやウイルスが不要なネットワーク活動の原因となることがあります。

Windowsでは、定期的にウイルススキャンを実行して、自分自身を保護してください。

また、Macユーザーの方は、Mac用のマルウェア対策ツールをご利用ください。
Linuxユーザーは、一般的にマルウェアの心配をする必要はありません。

コンピュータの動作が全般的に遅い場合は、ブラウジングも遅くなりがちです。同時に開いているタブの数を制限することで、改善されます。

また、ハードドライブには常に10〜20GBの空き容量を確保しておきましょう。
Windowsで空き容量を確保する方法や、Macを整頓する方法をご確認下さい。

モバイルデバイスでは、特に古いデバイスにおいて、Opera Miniがより高速なブラウジング体験を提供します。

ISPが通信速度を制限していますか?VPNを利用する

スロットリングとは、ISPが特定の種類のトラフィックを制限することです。

例えば、ファイル共有やビデオストリーミングなど、データ量の多いアクティビティを制限しようとする場合があります。

また、特定の種類のトラフィックやドメイン全体 (youtube.com など) を制限することもできます。

オンラインであることをしているときにパフォーマンスが特に悪い場合、ISP が接続を制限している可能性があります。

例えば、動画を見ようとするとストリーミングに時間がかかるが、ウェブ検索ではすぐに読み込まれるというような場合です。

スロットルがかかっているかどうかは、仮想プライベートネットワーク(VPN)を使ってオンライン活動を隠すことで簡単に確認できます。

VPNに接続すると、インターネットの速度が多少遅くなります。どの程度かは、サーバーからの距離によります。

この問題を解決するには、自分の住んでいる地域に近い場所にサーバーがあるVPNプロバイダーを選択する必要があります。

速度低下の原因となっているアクティビティを特定してみてください。

VPNに接続してから、それらのアクティビティを再度試してみてください。

明らかな違いがない場合は、速度が低下していない可能性が高いです。

しかし、VPNを利用しているときの方がスムーズに動作している場合は、ISPと厳しく話し合った方がよいでしょう。

当サイト限定!最大45,000円キャッシュバック!【光マッハ】

サービスプロバイダに連絡するタイミングは?

インターネットの速度が遅いのは自分のせいではないと納得していて、しかもその速度が支払った金額よりもかなり低い場合は、ISPに相談してみましょう。

同様に、制限されていると思われる場合も、ISPに問題を提起してください。

サービスのレベルに不満があることをISPに伝えてください。受け入れてもらえない場合は、退会すると脅せば、問題を解決するよう説得できるかもしれません。

しかし、それでも問題が解決せず、他のプロバイダーを選ぶ選択肢がある場合は、乗り換えることを検討してください。