インターネットが遅い原因とは?回線速度高速化の改善方法!

ネットワークは、最も遅い部分の速度に依存する

ホームネットワークは、プロバイダからのインターネット接続、モデム、ルーター、そして最低1台のデバイスなど、いくつかのパーツで構成されています。これらの部品のどれか1つがネットワークの障害となり、インターネット回線速度低下の原因となる可能性があります。

いずれかの機器が原因でインターネット接続が遅くなったとしても、その帯域を取り戻す方法はありません。

しかし、ネットワークの各ステップが本来の性能を発揮していることを確認する方法はいくつかあります。

ネットワークの最も弱いリンクを特定し、修正するのに役立ちます。

まずは基本的なことから始めて、順を追って詳しく説明します。
そうすれば、遅いWi-Fiを速く出来ます。

ルーターとモデムのプラグを抜いて、もう一度差し込んでください。
ホームネットワーク機器は一生懸命働いていますが、時には休息が必要です。

モデムとルーターのプラグを抜き、1分待ってから再び差し込むと、ネットワークの重要な部分であるこれらの機器は、作業メモリをクリアにして、これまで停滞していたタスクを新たに開始することができます。

簡単なことのように思えるかもしれませんが、機器の電源を切って入れ直すことで、インターネットの速度が大幅に向上します。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】

ルーターを別の場所に置く

ルーターやゲートウェイをクローゼットや地下室に隠している人が多いようですが、これはWi-Fiにとっては好ましくありません。

ルーターと機器の間には、できるだけ物理的な障害物を置かないようにしましょう。
壁、床・天井、ドア、大きな家具などは、特に長距離では、Wi-Fi信号を弱めてしまいます。

また、電子レンジ、Bluetoothスピーカー、ベビーモニター、コードレス電話などからの信号も、Wi-Fi信号の低下の原因となります。

家の中で最高のWi-Fiカバレッジを実現するには、ルーターを中央に設置します。
また、ホームオフィスなど、インターネットをよく使う場所の近くに設置するのもよいでしょう。

また、ルーターの外部アンテナを利用することで、より良いWi-Fiカバレッジを得ることができます。
ほとんどのルーターのアンテナは無指向性なので、Wi-Fi信号を外向きの円で全方向に拡散します。

家全体が平屋の場合は良いのですが、多層階の家の場合は、1本のアンテナを水平に設置して、Wi-Fi信号が上下にも広がるようにします。

オフピークの時間帯にインターネットを利用する

MacBookを最新のOSXにアップグレードしたり、大きなダウンロードがあることがわかっている場合は、夜中など、ネット上で何もする必要がないときにダウンロードするのがよいです。

ピーク時にインターネットが遅くてストリーミングができない場合は、番組のエピソードを1日の早い時間帯にダウンロードしておけば、Netflixで映画を視聴しても、バッファリングで中断することはないでしょう。

インターネットプランのアップグレード

もちろん、インターネットの速度が十分でない場合もあります。

数年前にインターネットプランをアップグレードしていない場合や、同居人が増えた場合、在宅勤務に移行した場合、あるいは単にインターネットの使用量が増えた場合などは、より高速なプランを探す時期かもしれません。

インターネットの速度が低下する一般的な理由

ホームネットワークの状態は人によって異なりますが、インターネットの速度を低下させる問題には、いくつかの共通したテーマがあります。ここでは、一般的な問題とその診断方法、そしてもちろん解決方法をご紹介します。

ホームネットワークのトラフィック
ISPネットワークの混雑
データの上限
弱いWi-Fi
遅延
最新のデバイス
速度制限
ホームネットワークのトラフィック

自分だけがインターネットを利用しているときは問題ないのに、他の人がたくさんインターネットを利用すると遅くなる場合は、インターネット接続のデータトラフィックが多すぎることが原因と考えられます。

インターネットパッケージには一定の帯域幅が与えられていますが、帯域幅よりも多くの情報が移動しようとすると、トラフィックジャムが発生します。

インターネット回線を、自宅までの道路に例えて考えてみましょう。
車1台分の人(またはインターネットデータ)が一度に家にたどり着くことができます。

もし3台の車がそこに行こうとしていたら、家にたどり着くためには並ばなければなりません。そして、他の車があなたの家に到着するのを待っている間にさらに車が到着すれば、列も遅延も長くなります。

ネットワークトラフィックを解消する最も簡単な方法は、ご家庭のインターネットニーズに対応できるよう、インターネットプランをより高い帯域にアップグレードすることです。

最も速いインターネットプロバイダーの一つをチェックすることをおすすめします。

数年前に契約したインターネットプランでも、複数の人がインターネットを利用するたびに接続が遅くなるようなら変更した方がいいです。
速度低下はストレスがたまります。



ホームネットワークのトラフィックを管理するための方法

QoS設定を利用する

多くのルーターにはQoS機能が搭載されており、ネットワークが特定の種類のデータをどのように優先させるかをコントロールすることができます。これにより、ストリーミングデータが常に利用可能な帯域幅に最初にアクセスできるようになり、スムーズな再生が可能になります。

すべてのルーターがQoSを調整できるわけではありませんが、ルーターにQoS機能が搭載されている場合は、ルーターのユーザーインターフェースにコントロール機能があります。

インターネット接続の確認

ネットワークに接続されていても、忘れてしまっている機器があるかもしれません。
例えば、近所の人にWi-Fiパスワードを教えたら、その人の携帯電話がネットワークに自動接続されていたということもあるでしょう。

ネットワークを利用しているすべての機器を把握するには、Wi-Fiパスワードを変更するのが簡単な方法です。
その後、インターネットを利用したいすべての機器を手動で再接続する必要があります。

ルーターやゲートウェイの中には、便利なアプリが用意されているものもあり、何かをリセットすることなく、ネットワーク上のすべての機器を確認することができます。

このアプリを使えば、接続する必要のない機器を特定し、個別に接続を解除することができます。

NURO回線網の2Gbps!最大85000円還元実施中【光マッハ】

帯域を圧迫するアクティビティを分散させる

全員が一度に接続することができない場合は、インターネットの利用時間をずらして、全員が接続できるようにします。

また、コンピュータのアップデートやゲームのダウンロードなどの大容量のダウンロードは、他の人がオンラインになっていない時間帯に行うようにしましょう。

来客(子供)にはゲストネットワークを利用させる

自宅でWi-Fiを利用させたい人はいますが、ホームネットワーク全体を利用させたくない人もいるでしょう。
そこで、ゲストネットワークを用意します。

ゲストネットワークの設定は、ルーターのユーザーインターフェースやモバイルアプリで行うことができます。また、ゲストネットワークがアクセスできる帯域幅を制限することができるのも大きな特徴です。

ゲストネットワークは、当然のことながらゲストのためのものですが、お子さんがいらっしゃるご家庭でも重宝します。
例えば、子供たちが宿題をするためにインターネットを利用したいが、TikTokやYouTubで帯域を占有されたくない場合、ゲストネットワークが利用できるインターネット速度の上限を設定することができます。



ISPネットワークの混雑

インターネットサービスプロバイダ(ISP)のネットワーク混雑は、隣人全員が同じインターネットプロバイダを使用し、全員が同時にオンラインになった場合に起こります。

これは、ホームネットワーク上のトラフィックと似ていますが、規模が大きくなります。
この場合、隣人全員が同じ帯域幅を奪い合うことになります。

混雑がひどくなると、ISPはネットワークのトラフィックを減らすために、地域のインターネット速度を低下させるかもしれません。

ISPのネットワークの同じ場所にいる人たちがいつ、どのくらいの頻度でインターネットを利用するかを必ずしもコントロールすることはできません。しかし、この問題を回避するには、いくつかのコツがあります。

ゲームやメディアファイルのダウンロードは、深夜などのピーク時を避けて行うようにしてください(ダウンロードのスケジュールを決めることができますので、一晩中起きている必要はありません)。また、周りの加入者数が少ないプロバイダに変更することもできますが、それを見つけるのは難しいかもしれません。

ネットワークの混雑にあまり影響されないインターネットの種類は、光ファイバーのインターネット回線です。

光インターネット回線のインフラは他のタイプよりもはるかに多くの情報を伝送することができるので、同時に大量のトラフィックが発生しても、個々が遅くなることはありません。



データ容量の超過

多くのインターネットプロバイダーにはデータ容量の上限が設定されており、上限を超えると速度が極端に低下するものもあります。
あるプロバイダーは、非常に高いデータ容量を顧客に提供しており、ほとんどの家庭ではあまり問題にならないはずです。
しかし、衛星インターネットプロバイダーは、データ容量にあまり寛大ではありません。

衛星インターネットプロバイダーは、インターネットの利用料金を、速度ではなくデータ量で請求します。
これは、携帯電話の料金プランに似ています。衛星プロバイダーでは、その月のデータ量を使い切ると、インターネットの接続速度が極端に低下することがあります。

ご利用のお客様は、速度が1〜3Mbpsに低下します。お客様は、すべてのインターネットトラフィックが優先順位を下げられることが予想されます。

多くのDSL、ケーブル、ファイバーインターネット会社が上限を廃止していますが、一部のISPが維持しています。お使いのインターネットサービスに上限容量があるかどうかは、ISPをご確認ください。

WEBお申込み特典!最大79,000円キャッシュバック!【フレッツ光】

Wi-Fi信号が弱い

壁や距離、さらにはマイクロ波などが、Wi-Fi信号を妨害することがあります。
Wi-Fi信号の弱さは、インターネットのパフォーマンスの低下を意味します。

信号干渉やWi-Fi信号の弱さが問題であるかどうかは、ルーターの近くでは接続がうまくいっていても、家の中で離れた場所に移動すると接続が悪くなる場合にわかります。

弱いWi-Fiを改善するには、まずルーターの設置場所やアンテナの角度を確認してください。
ルーターを移動すると速度が向上します。

おさらいですが、ルーターが家の中心にあり、Wi-Fi信号に影響を与えるもの(壁やBluetoothスピーカーなど)から離れているかどうかを確認してください。

それでもうまくいかない場合は、通信距離が長く、カバー力のあるルーターに交換するか、ネットワークにエクステンダーを追加して、家の中の特定の場所にWi-Fi信号が届くようにする必要があるかもしれません。

Wi-Fiカバレッジを向上させたい場合は、長距離対応ルーターがおすすめです。
メッシュWi-Fiシステムと単体のルーターの両方について説明していますので、ご自宅の隅々までインターネットにアクセスするための最良の方法を見つけてください。

インターネット回線速度の高遅延

インターネットの速度を低下させる他の多くの原因とは異なり、高遅延は帯域幅に影響を与えません。
インターネットの信号が実際に伝わる速度に影響を与えます。

遅延とは、コンピューターから目的のインターネットサーバーに届き、戻ってくるまでにかかる時間のことです。

遅延が大きいと、オンラインでアクションを実行してから結果が表示されるまでに時間がかかります。
オンラインゲームやビデオ通話では、特にこの問題が発生しやすくなります。

高遅延を回避することは困難です。
遅延は、インターネットサーバーからの物理的な距離や、ISPのインフラに部分的に依存します。
また、インターネットの種類も遅延に影響します。

例えば、衛星インターネットでは、すべてのデータが宇宙空間を行き来する必要があるため、待ち時間が長くなります。
一方、光ファイバーや5Gなどの新しいタイプのインターネットは、より高速な信号を処理できるため、遅延が少なくなっています。

無線LAN機器、パソコン、ルーター機器が遅い、古い

問題はインターネットの接続にあるのではなく、インターネットにアクセスするために使用している機器にあるかもしれません。
お使いのパソコン、タブレット、スマホ、ゲーム機などが古く、現在のWi-Fi速度に対応していない可能性があります。

そのような場合は、デバイスをアップグレードする必要があるかもしれません。
また、アプリケーションの数が多すぎて、デバイスの動作が重くなっている可能性もあります。

デスクトップPCやノートPCでパソコンの速度が気になる場合は、デバイスを再起動してみてください。
電源を切って入れなおす方法は、多くの電子機器ではこの方法が有効です。

その他の原因としては、開いているアプリケーション(またはブラウザのタブ)の数が多すぎる、古いソフトウェア、マルウェアなどが考えられます。使い終わったアプリケーションやブラウザーのウィンドウを閉じることで、コンピューターの処理能力に負担をかけないようにしましょう。

インターネットサービスプロバイダは、インターネットの速度を調整することができ、接続の遅さの原因となることがあります。

データ容量の上限を超えた場合や、ネットワークの混雑が激しい場合など、ISPが速度を低下させる可能性があります。しかし、プロバイダがインターネット上の活動を違法と判断した場合、速度が低下する可能性があります。

プロバイダーがインターネット活動に基づいてインターネット速度を制限しているかどうかは、通常のスピードテストを行った後、VPNを使用してスピードテストを行うことで確認できます。VPNを使用して速度が向上した場合は、速度制限されています。

遅いインターネット接続に影響を与える要因

インターネットパッケージの速度の読み方

インターネットの速度は、Mbpsという単位で表されます。
これは接続の帯域幅を示すもので、情報がネットワークを行き来する実際の速度ではありません。

プロバイダーは通常、インターネットの速度を「最大で毎秒何メガビット」と宣伝していますが、たいていの場合、その速度は保証されていないことを示すことがあります。信頼できるISPは、広告されたMbpsに近い速度をお客様に提供する傾向がありますが、お客様のインターネットが実際に広告された最高の帯域幅まで実行されない場合、ISPは法的にはほとんど問題ありません。

インターネットの速度とその意味について再確認する必要がある場合は、インターネットの速度に関する方法をご覧ください。

アップロード速度とダウンロード速度

普段のウェブ閲覧をはじめとするあらゆるオンライン活動では、アップロード速度とダウンロード速度の両方を使用します。
ダウンロード速度は、インターネットから情報を取得する際に使用し、アップロード速度は、インターネットに情報を送信する際に使用します。

Netflixでのストリーミングやファイルのダウンロードに問題がないにもかかわらず、インターネットの速度が遅いという症状が出ている場合、実際にはアップロード速度に問題があるかもしれません。

多くのISPは、顧客に提供するアップロード帯域幅をダウンロード帯域幅よりも大幅に少なくしています。
これは、多くの人がインターネットに送信する情報よりも、インターネットから要求する情報の方がはるかに多いためです。
しかし、Twitchのストリーマーや動画を扱う人、大きなファイルを共有することが多い人など、アップロード量が多い人にとっては問題になることがあります。

アップロード速度を向上させるには、光ファイバープランに変更するのが一番の近道です。
光ファイバーを利用したインターネット接続では、アップロード速度がダウンロード速度と同等になることが多いです。
どのくらいの速度を目安にすればよいかわからない場合は、アップロード速度とダウンロード速度の目安をご覧ください。

インターネットの種類が速度に与える影響

インターネット接続には、ケーブル、ファイバー、衛星、DSLなど、ISPが使用するいくつかの異なる技術があります。
そして、インターネット接続の種類は、速度に影響を与えます。

衛星インターネットは、インターネット信号を基地局から衛星に送り、自宅の受信機に送ります。
すべての情報が長い距離を行き来するため、他のタイプのインターネットに比べて、衛星インターネットは遅延が非常に大きく、速度が遅くなります。

DSLは、電話回線を利用してデータを伝送するインターネットサービスです。
DSLインターネットは、電話線を使ってデータを伝送しますが、インフラが古いため、光ファイバーのような最新の接続と同じ帯域幅を処理できません。また、DSLの電気信号は、長距離になると品質が低下する傾向があります。

ケーブルインターネットは、ケーブルテレビの信号と同じ銅ケーブルという新しいインフラを使用しているため、DSLよりも高速です。ケーブルの速度は最大1,000Mbpsに達しますが、トラフィックが多い時間帯にはネットワークの混雑の影響を受けやすくなります。

光ファイバーインターネットは、最新のインターネット技術のひとつで、最も優れた有線接続です。
光ファイバーは、光の信号を使ってインターネットデータを送信するため、他のインターネットタイプに比べて遅延が少ないのが特徴です。

また、ケーブルやDSLと比較して、大きい帯域を確保することができます。また、ケーブルやDSLに比べて帯域が広く、高速な通信が可能なため、ネットワークの混雑が起こりにくく、高速なダウンロード・アップロードができます。

インターネットの速度が遅い場合のトラブルシューティング方法

回線の速度プランを知る

想定される速度を把握することで、実際に得られている速度と比較することができます。

ネット回線スピードテストを行う

ネットワークの異なるポイントに接続して一連のスピードテストを実行すると、速度が低下している場所を把握するのに役立ちます。
この最初のスピードテストは、ISP から得られるはずの速度と比較して、自宅への正しい速度を得ているかどうかを確認するためのものです。

最初のスピードテストで最も正確な結果を得るためには、他のインターネット接続を切断し、テストデバイスをイーサネットケーブルでモデムに接続してください。他の機器をネットワークから切り離す簡単な方法は、ルーターのプラグを抜くことです。

スピードテストの結果と料金を比較する

インターネットのスピードテストでは、ご利用のプランの速度に近い結果が得られるはずです。そうでない場合は、パターンを確立するために、複数の日や時間帯でこの問題を追跡してみてください。その後、インターネットプロバイダーに連絡して、正しい速度が出ていない理由を相談してください。

スピードテストの結果とインターネットパッケージの速度がほぼ一致しているにもかかわらず、速度問題が発生している場合は、プランの帯域幅が十分でないか、ホームネットワークの別の場所で問題が発生していることが考えられます。

ルーターをチェックするために別のスピードテストを実行する

テスト用のデバイスをイーサネット経由でルーターに接続し、できれば他に何もルーターに接続していない状態でスピードテストを行います。モデムからの速度に比べて速度が低下している場合は、ルーターがインターネットの速度低下の原因になっている可能性があります。問題がない場合は、Wi-Fiの確認に進みます。

ルーターのトラブルシューティング

ルーターの電源を一度切って入れ直します。
すべてのケーブルが確実に接続され、すべてのポートが動作することを確認します。
ルーターのファームウェアをアップデートします。これは、ルーターのユーザーインターフェースで行うことができます。ルーターの位置を変更する。正しいWi-Fiバンドに接続する。
ルーターのユーザーインターフェースでWi-Fiチャンネルを変更し、混雑していないチャンネルを見つける。
ルーターのリセットボタンを押して、リセットを行う。

いずれの方法でも解決しない場合は、より高性能なルーターに買い換える必要があるかもしれません。インターネット技術の進歩はかなり早く、お使いのルーターが数年以上前のものであれば、買い替えが必要です。



Wi-Fi範囲のチェック

ほとんどの家庭では、ほとんどの接続にWi-Fiを使用しています。
これまですべてが順調に進んでいたとしても、Wi-Fiネットワークに問題があるかもしれません。

Wi-Fiの問題には、さまざまな原因があります。ルーターの通信範囲、周波数チャンネルやバンドの混雑、物理的な障害物や他の電子機器による信号の干渉などが考えられます。

Wi-Fiルーターは家の中央に設置するのがベストであることはすでにご存知の通りですが、ここではそれができていて、アンテナを正しい方向に向けていると仮定します。

パソコンやスマートフォンを持って家の中のいろいろな場所に行き、Wi-Fi信号強度の表示を見てみましょう。デッドゾーンが多いと感じたら、ルーターを移動するか(普段からWi-Fiが必要な場所で発生している場合)、特定のエリアのWi-Fi信号を増強するための投資が必要かもしれません。また、より詳細な情報を得たい場合は、Wi-Fiヒートマップを作成することもできます。

Wi-Fiの問題が2つ以上ある場合は、メッシュルーターにアップグレードすることをお勧めします。メッシュルーターは、1つの集中ポイントで動作するのではなく、相互に接続された複数のデバイスを使用してWi-Fiネットワークを構築します。Wi-Fiエクステンダーや電力線アダプタを追加することもできますが、やはりメッシュルーターがお勧めです。



Wi-Fi接続を整理する

Wi-Fi接続を整理して、ネットワークに接続されているすべての機器が正しい位置にあることを確認したら、それらの接続が正しいWi-Fiバンド上にあるかどうかを確認しましょう。

最近のルーターには、2つまたは3つのWi-Fiバンドがあり、それぞれが独自のWi-Fiネットワークを形成しています。デフォルトでは、これらのバンドには周波数帯が表示されていますが、Wi-Fiネットワークの名前を変更している場合は異なるかもしれません。

これらのバンドは、2.4GHzと5GHzの2つの異なる周波数で動作します。2.4GHz帯は通信速度が速く、他の電子機器からの電波干渉を受けやすい。5GHz帯は速度が速いが、遠くまでは届かない。

基本的には、ストリーミングやゲームなど、帯域を多く必要とする用途には5GHz帯を使用し、スマートホーム機器など、それほど速度を必要としない機器には2.4GHz帯を使用することになります。

世界最速!auひかりホーム10ギガ始動!高速通信!【auひかり】