最新型【MacBook Air】2020年モデルをレビュー。キーボードも進化。

macbookair2020パソコン

アップルが先日した「MacBook Air」の最新機種で2020年モデルが発売されました。
先日、別の記事でご紹介しましたが、今回のMacBookAirの進化ポイントがいいです。

ノートパソコンで重要なキーボードが新しくなってます。今回発売された新型MacBook Airは、
新しいキーボードに代わって、シザー方式になってます。

早速到着したMacBookAirで入力してますが、入力がしやすいです。またCPUは、インテルの第10世代Coreプロセッサーになって、グレードが上がってます。
さらに価格も安くなってて、他のPCに比べても11万円ですので購入がしやすいです。

新型MabBookAirレビュー

MacBookAirの場合は、アップルの公式サイトで注文すると分割の金利手数料が無料です。さらに学生は1万円割引で
購入出来ます。Core i3モデルで11万円でした。

モバイルノートパソコンの中でもMacBookAirは、ずっと人気があります。薄くて軽くて速いのが特徴。
Retinaディスプレイで綺麗です。昨年一番売れたMacノートPCです。

AppleのMacBookAirは、アルミニウムボディが質感高くて、フォルムもいいです。
カラーは、前モデルと同じで3色、ゴールド、シルバー、スペースグレイです。

今回のMacBookAirですが、シザー方式のキーボード採用になってるので、昨年のMacBookAir旧モデルよりも
サイズは、0.5mm厚くなっていて、重量は、0.04Kg重くなっていますが、あまり気にならないです。
重さが1.29Kgです。

右側面に3.5mmヘッドホン端子、左にThunderbolt 3(USB-C)ポートを2基あります。
Windowsユーザーの場合は、変換アダプターがいると思います。

新型MabBookAirは安い

最新型のMacBookAirの外観は変わっていないのですが、キーボードとスペックが向上して、価格が安くなってます。
キーボードのタイピングしやすくなってます。

入力した感じ打ちやすくて、スムーズに入力でき、安定感も上がって、
入力ミスも減ったり、入力速度も向上します。感想としては、長時間使用しても旧モデルよりも疲れにくかったです。
打鍵音も静かでした。慣れる方もこれなら早そうです。

始めて、Corei7が選べるようになりました。Corei3でも2018年モデルのCorei5と比べるとベンチマークではスコア勝ってました。

この性能で、安くなった価格ですと、お買い得です。CPUも強化されて、SSDの容量も2倍。コスパが高くなりました。
普段使いに十分威力を発揮するMacノートです。

より仕事などで使われる場合は、MacBook Proも検討するといいと思います。
MacBook Proと比較してもおすすめ出来ます。