テレワークに必要なおすすめの人気無料ソフト・ツール・アプリ。リモート環境構築方法!

テレワークパソコン

在宅勤務や在宅ワークはありましたが、フリーランスで多い印象でした。
しかし、最近は、新型コロナウイルスの影響で出社出来なくて、会社が自宅勤務させるようにしています。
テレワーク(リモートワーク)に対応できる企業はどんどんテレワークを導入しています。

海外では、もっと感染がひどいので、外出禁止措置まで出ているので、家で仕事をしています。
そんなこれからテレワーク環境を整える時におすすめのソフトを調査しましたので、ご紹介します。

テレワークとは?必要な無料ソフト

テレワークは、リモートワークと同じ意味です。オフィス以外でインターネットなどを利用して働くことを言います。
在宅にすることで、満員電車でコロナウイルスの影響を受けることもなく、小さな子供も面倒みながら働けるなど、
コロナウイルスが流行していて、外出できないので、大事な措置になります。

コロナウイルスの感染拡大の影響により、テレワーク勤務を国が推奨しています。海外では多かったテレワークは、
今までにない新しい場所にとらわれないインターネットを活用した新しい働き方、働き方改革として取り入れている企業が
増えています。認知度と需要が今回、急激に高まりました。

Slack

LINEのようなビジネス向けの人気チャットツールです。メッセージのやり取り、チャンネルの作成、ファイルの共有など
基本的に使いやすくて難しくありません。拡張性も高く、日本の企業でもSkype同様、使っている企業が増えてきました。

Chatwork

ビジネス向けのチャットツールです。タスクの確認、完了報告、など状況を整理確認しやすいです。Slackと合わせて使えます。

Zoom

オンラインでビデオ会議ができるWEBツールです。無料で100人オンライン上でWEB会議が出来ます。有料で千人まで対応。
保存もできるので、議事録作成も不要。ホワイトボード機能やパソコンの画面や資料を映し出すことも可能です。
社内研修、オンラインセミナーなど様々な活用方法があります。

Skype

昔からあるので、知名度が高いSkype。LINEに似た、無料のチャットと通話が出来るWEBツールです。
IDが分かれば、ビデオ通話が可能です。1ヶ月100時間上限で無料通話出来ます。

Googleドライブ

Googleが無料で提供しているクラウドストレージです。ファイルを保存できます。メールでファイルを送るといった作業が不要になります。

政府が推奨しているテレワーク勤務ですが、コンピューターを使ってインターネットさえあれば、家で出来る仕事も多いので、
オフィスワークを中心に、一気に自宅での在宅勤務にコロナの影響で長期化しているので、ツールを参考にして下さい。
テレワークには、ツールの導入が必要になってきます。流行している地域の大半の企業がテレワークを開始しています。