Surface Go2レビュー。前機種との比較、スペックや価格まとめ!

surfacego2パソコン

マイクロソフトから新タブレットの「Surface Go2」が発売されて、
試用機材が届きましたので、レビューします。

Surface Go2のレビュー

Surfaceシリーズは過去の機種を持っています。
Surface Go2は、価格が低価格で、最近のAppleのiPadなど低価格路線になってきていて、傾向が似てきています。
新型コロナウイルス感染症の影響により、テレワーク用、子供の教育学習用には最適なタブレットな気がします。

実際、教育向けのタブレットとして、学校で配布されています。
店頭では、3種類のモデルが販売されています。

Surface Go2は本体のみでの販売です。キーボードやペンは別売りになっています。

Surface Go2は前回のシリーズから、1年半ぶりのリニューアルです。

Surface Go2のスペック

CPU:Pentium Gold 4425Y
メモリ:4GBと8GB
ストレージ容量:ストレージが64GB、128GBのSSD

Core m3-8100Y、LTEを内蔵したモデルがあります。

Surface Go2の販売価格

本体価格:7万7800円(税込)
キーボードカバー:1万6940円
Surfaceペン:1万2980円
Office Home & Business 2019のライセンスがセット

Surface Go2の前機種との比較

ディスプレイサイズは、10インチから10.5インチになっています。0.5インチですので変化はないです。
CPUも性能が若干上がっていますが、メインPCで重い作業される方は、不向きです。

どちらかというとサブPCです。アプリを使用したテストですもCPU負荷の値が高かったです。
使用していて、動作に重さを感じる場面があり、性能に余力不足を感じました。

性能が高くないですので、その場合は、上位機種を検討したほうがいいです。
それでもSurface Go2のCPUは、64%の性能をアップしています。

WiFiが最新のWiFi6対応になっています。ネットは利用しやすいです。
WindowsタブレットPCとしては出来がいいですが、価格帯が高くなってくるのであれば、他のCoreiシリーズのノートPCの方が安いので、そちらを選択してもいいと思います。

ただ持ち運びにとても便利です。軽くて、使いやすいです。外出が多いビジネスマンのPCとしてもおすすめです。
コンパクトな2in1で、ペンも使いやすかったです。iPadProと価格を比較しても抑えられています。

マイクロソフト Surface Go 2 [サーフェス ゴー 2] Office Home and Business 2019 / 10.5 インチ PixelSense・ ディスプレイ /インテル・ Pentium・ Gold 4425Y/4GB/64GB プラチナ STV-00012

新品価格
¥65,780から
(2020/5/16 15:07時点)