記憶力もアップ!お腹の脂肪を減らす「断続的断食ダイエット」の驚異的な効果

更新日:
ガガログ編集部

体重減少だけでなく、脳の健康にも効果をもたらす「断続的断食」
近年、健康的なダイエット方法として注目を集めているのが「断続的断食」です。従来のカロリー制限とは異なり、食事を摂る時間帯を制限するという斬新な方法で、お腹周りの脂肪を減らし、記憶力向上などの効果が期待できます。

断続的断食ダイエットとは?

断続的断食には、大きく2つの方法があります。

時間制限型: 1日のうちで食事をする時間帯を制限する方法。最も一般的なのは、16時間の断食と8時間の食事時間(16:8メソッド)です。

5:2ダイエット:週のうち5日間は通常通り食事をし、残りの2日間は500~600kcal程度に制限する方法。

断続的断食のメリット

1.体脂肪燃焼を促進

断食を行うことで、体はエネルギー源として糖質ではなく脂肪を優先的に利用するようになります。
これが、お腹周りの脂肪を効率的に減らす効果につながります。

2.記憶力向上

動物実験では、断食が脳細胞の生成を促進し、記憶力や学習能力を向上させることが示されています。

3.脳の健康を守る

断食は、脳の老化や神経変性疾患のリスクを軽減する可能性も期待されています。

4.その他の健康効果

ポイント

血圧や血糖値の改善
インスリン感受性の向上
炎症の抑制
細胞の老化防止
長寿効果

断続的断食の始め方

1.無理のない方法を選択

いきなり長時間断食を行うのではなく、自分の生活スタイルに合った方法から始めましょう。

2.水分補給をしっかりと行う

断食中は、水やお茶などのカロリーのない飲み物をこまめに摂取しましょう。

3.体調の変化に注意

断食中に体調が悪いと感じたら、無理せず中止してください。

4.専門家のアドバイスを活用

断続的断食を始める前に、医師や栄養士などの専門家に相談することをおすすめします。

断続的断食は、体重減少だけでなく、記憶力向上や脳の健康保護など、さまざまな健康効果が期待できる画期的なダイエット方法です。自分に合った方法で安全に取り組み、健康的な体を目指しましょう。