表情の二面性を調整でより知的な印象を与える2つの事!

恋愛

今すぐできる、知的な印象を与える2つのこと。

より多くの睡眠をとることで、休息時の表情やニュートラルな表情に影響を与え、より知的に見えます。

睡眠時間が長い人は、目を大きく開き、顔を少ししかめていません。

人は、眼瞼下垂やしかめっ面をしている人を、疲れていて気分が落ち込んでいると一般化して判断しますが、これらはいずれも認知能力に悪影響を及ぼすことがよく知られています。

多くが、注意力が低下している人や気分が落ち込んでいる人を、知的に見えないと感じるのも不思議ではありません。

人がより知的に見える方法で、悪名高い「魅力的なハロー」とは、魅力のない人よりも魅力的な人にプラスの属性が優先的に付与されることです。

魅力的な人はより知的だと思われがちですが、魅力の有無にかかわらず、個人が知覚する知能を変化させることができます。

その答えは、睡眠に関連した安静時の顔の表情の微妙な違い、すなわち、眼瞼下垂と微妙なしかめっ面にあるようです。

十分な睡眠をとった後と、睡眠を制限した後の写真を撮影しました。

睡眠を制限した後の人は、わずかにしかめっ面をし、目も普段ほど大きく開いていません。

これにより、知的でないように見えるのです。

面接や教室の最前列では、休息時の顔の表情に気を配り、より多くの睡眠をとることで、より知的に見えるようになるかもしれません。

反対に、興味がなさそう、やる気がなさそう、疲れているように見える人は、同じように知的であっても、休息時の表情の影響をあまり意識していないかもしれません。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました