素晴らしい第一印象や好印象を作る7つの方法とは?恋愛や仕事で重要な心理学!

好印象恋愛

心理学者が示唆するように、男女が出会った際の第一印象は、継続的に長続きすると恋愛心理学でも言われています。

さらに、最も驚くべきことは、あなたが実際にいかに人として優れているか、ほとんど関係がないということです。

人間見た目が全て、容姿がいい人は収入が高いと言われているのは、その為です。

それはあなたのメリットではなく、あなたが作る表情、行動、容姿、身長、スタイルが全てです。

初対面の人と第一印象を良くするには?

専門家から良い第一印象を残すことについてのアドバイスをご紹介します。

第一印象をよくすること、知ることは、人生において、恋愛やビジネスなど人との交流で、1番とても大切なことです。
印象で損をしていてはもったいないです。

1.少し遅れて笑顔をする

私たちは皆、笑顔が良いことは、コミュニケーションに重要であることを知っています。

礼儀正しさを示すのは、作り笑顔ではありません。良い印象を残す方法について説明します。

最初に別の人の顔を見て、数秒待ってから、微笑み返します。この一時停止により、笑顔がより誠実になります。

2.長時間アイコンタクトをしないでください

研究によると、ある人が別の人の目を長い間見ると、攻撃性があると解釈できると主張しています。あまり、見つめすぎないで下さい。

誰かとの出会いは、視覚的な接触の時間を徐々に伸ばすことをおすすめします。

この場合、60/40のルールがあります。約60%の時間、アイコンタクトをとってください。男性と女性の関係でも同じことが言えます。残りの40%はアイコンタクトが不要です。

3.姿勢に注意する

プロのスポーツ選手や政治家を見てください。
肩や目を下にして見ることはあまりありません。常に完璧な姿勢と笑顔で立っています。

それは、自信を示し、誰もがそれらに好感が持てます。

専門家は、最高の印象を残したい場合は、まったく同じことをするべきだとアドバイスしています。

4.興味を示す

新しい人に会うとき、誰もが2つのことを考えます。

「相手が好きですか?」そして「相手は私を好きですか?」

だから、良い印象を残すために、あなたは人に関心を示す必要があります。自分に無関心の人に興味を持ちません。

これを行うための最良の方法は、笑顔、全身で相手の方を向くなどの非言語的標識を使用することです。

壁があると相手に良い印象を与えません。人によっては、誤解を与えてしまいます。出来るだけ、興味を持つようにしましょう。

5.ジェスチャーをしない

あなたが嘘をついていることを示す特別な非言語的兆候はありません。

ただし、よく動く手のジェスチャーは何かを隠している可能性のある人物を示しています。心理学でも有名です。落ち着きがないのは、なにか隠し事があるのを表しています。

嘘をついているや隠し事をばれないためにも、首、顔、耳、髪に触れないように気を付けてください。

よく動くジェスチャーや行動は、怪しまれるので、控えるようにしましょう。

6.共感する

特定の非言語的な兆候を送信するだけでなく、その行動を模倣してそれに応じて反応することで、人への関心を示すことができます。

これはより思いやりのある見た目にし、信頼できる人として異性に印象を与えます。

専門家が言うには、「あなたが誰かを好きであるかのように振る舞うとき、あなたは相手を本当に好きになり始めます。」

7.事前に会議を視覚化する

会議の前に時間があれば、それをリハーサルしてみてください。

鏡の前でその人と話している自分を想像し、笑顔と姿勢を試してください。

視覚化は常により良い結果を得るのに役立つと言います。

良い第一印象を残すためは、これらを気をつけると印象が良くなります。

★ お気に入り追加