砂糖が脳の発達を阻害することを研究で新発見される?

海外にある有名大学の新しい最新の研究によると、砂糖は子供の脳の発達に悪影響を与えることが分かりました。

糖分の多い食生活が肥満などの健康問題につながると警告されているにもかかわらず、子どもたちは他のどの年齢層よりも多く糖分を摂取しています。

食品会社は、広告で直接子どもをターゲットにし、子どもを誘惑するために砂糖を使った製品を作っています。

親は子どもに他の食品を与えることもできるが、加工食品の手頃さと便利さがマイナス面を上回ることが多いです。
砂糖の摂取量が多いと、肥満、心臓病、糖尿病などの健康問題につながることは多くの人が知っています。

しかし、幼少期の高糖質食が脳の発達にどのような影響を与えるかについては、ほとんど研究されていません。

研究チームは、糖分が学習や記憶に重要な役割を果たす海馬にどのような影響を与えるかに焦点を当てて調査を行いました。

砂糖が脳の発達を阻害する研究

この研究では、ネズミのモデルを用いて、思春期に砂糖入り飲料を毎日摂取すると、大きくなってからの学習や記憶が損なわれることを示しました。

また、腸内細菌の変化が記憶・学習障害の原因となる可能性があることも判明しました。この研究は、学術誌にも掲載されてます。

パラバクテロイデスと呼ばれる細菌を投与したマウスは、研究期間中に記憶障害を起こすようになり、この現象は、それまで砂糖を摂取したことがなくても起こりました。

砂糖の大量摂取による脳機能の低下と腸内細菌の変化

砂糖の制限を推奨しています。砂糖の摂取量を1日のカロリーの10%以下に抑えることを提案しています。

しかし、調査によるとそれを大きく上回っています。1日のカロリーの大部分は、残念ながら砂糖入り飲料によるものです。

海馬は多くの認知機能に役立っていますが、思春期の終わりまで完全には発達しません。

そのため、研究者たちは、糖分の多い食事が脳の発達や腸内細菌にどのような影響を与えるのかをより深く理解したいと考えました。

高糖質食と脳の健康に関する研究で明らかになったこと

幼いラットに、通常の食事と、市販の砂糖入り飲料と同じ11%の砂糖水を与えました。

その後、海馬の働きに大きく依存する記憶課題を行わせました。この課題では、特にエピソード的文脈記憶を測定しました。

これは、ラットが以前に見たことのある物体の文脈を記憶する能力です。

幼少期に砂糖を摂取したラットでは、ある物体が特定の文脈において新規のものであることを識別する能力に障害があることがわかりましたが、砂糖を与えられなかったラットではそれができました。

次に、ラットに即時認識記憶を測定する別の記憶課題を行わせました。この課題は海馬を使わず、以前に見たことのあるものを認識する能力を測定するものでした。

この場合、砂糖はラットの認識記憶に影響を与えませんでした。

幼少期に砂糖を摂取すると、海馬での学習と記憶が選択的に損なわれるようです。

定額制ウォーターサーバー【AQUA STYLE】

高糖質食がマウスの腸内細菌に与える影響

さらに調査を進めると、砂糖を大量に摂取すると、腸内細菌叢にパラバクテロイデスが増えることがわかりました。

消化器官には100兆個以上の微生物が生息しており、健康に大きな影響を与えています。

研究者たちは、この細菌が記憶や学習にどのような影響を与えるかを正確に把握したいと考えました。

そこで、砂糖を摂取したことのないラットの腸内細菌叢でパラバクテロイデスのレベルを高めました。

このラットは、海馬に依存する記憶課題と、海馬に依存しない記憶課題の両方をこなすことができませんでした。

細菌が単独で認知機能の低下を引き起こしたのです。教授は、今後の研究では、腸と脳の間のシグナル伝達にどのような特定の経路が関与しているかに注目したいと述べています。

今後の課題は、腸内細菌の集団が脳の発達をどのように変化させるかということですと語っています。

腸内細菌が脳の発達にどのような影響を与えているのかを明らかにすることで、脳が健全に成長するためにどのような内部環境が必要なのかを知ることができます。

お菓子の食べ過ぎによるその他の弊害

脳の発達に影響を与えたり、腸内細菌を変化させたりすることに加えて、お菓子を食べることは他にもさまざまな健康問題を引き起こします。

体重増加につながる。砂糖入りの飲料やスナック菓子には、大量の空のカロリーが含まれています。

大学によると、平均的な人は1日に小さじ22杯の砂糖を摂取しており、これは350キロカロリーに相当します。

デザートのように大量の砂糖が使われている食品には、たいてい多くの栄養が含まれていません。

よりバランスのとれた食事をして、カロリーに気をつければ、体重を減らすことはずっと簡単になります。

高血圧やメタボリックの原因にもなります。毎日25%以上のカロリーを添加糖から摂取している人は、心血管疾患で死亡するリスクが3倍になります。さらに、気分の落ち込みも促進します。

閉経後の女性を対象としたある研究では、砂糖を多く含む食生活は、うつ病や気分障害のリスクを高めることがわかりました。

砂糖は血糖値の急降下や急上昇を引き起こすため、この研究結果を説明できるかもしれません。

このネズミの研究では、毎日砂糖を摂取した幼いネズミは、大人になっても脳の発達に障害があることがわかりました。

幼い子供たちはカロリーの大半を砂糖から摂取しているので、これは非常に気になることです。

研究によると、通常の食生活で砂糖を与えられたラットは、記憶に関する課題をこなすのが難しくなります。

また、ラットの腸内細菌が変化していましたが、それが認知機能にどのような影響を与えたのかはまだわかっていません。

しかし、世界中の専門家が何十年も前から砂糖の健康への影響に警鐘を鳴らしています。

将来、子どもたちが健康問題に悩まされることのないよう、企業がより健康的な代替品を作り始めることを願っています。

当サイト限定!最大45,000円キャッシュバック!【光マッハ】