瞑想が人格や性格を変える驚くべき方法とは?

ビジネス

瞑想を長く続けている人ほど、性格が変わっていることがわかりました。

瞑想は、外向性と開放性のレベルを高め、神経症のレベルを下げることにつながるという結果が発表されました。

神経症とは、不安や悲しみ、イライラ、自意識などと強く結びついた性格特性です。

外向性は、よく知られているように、他の人と関わりを持つという属性とともに、より高いレベルのポジティブな感情性と関連しています。

つまり、瞑想をする人は、ポジティブな感情をより多く経験し、ネガティブな感情をより少なく経験していると考えられます。

経験への開放性は、受容的で好奇心が強く、想像力に富み、感情に敏感であるという性質です。

半数はマインドフルネス瞑想の経験者でした。

オンラインパーソナルヨガの「YOGATIVE ~ヨガティブ~」

マインドフルネスは、次のことと関連しています。
新しい経験に対する好奇心と受容性が高く、ポジティブな感情を経験し、ネガティブな感情や心配事への傾向が弱く、成果への集中力が低下します。

また、瞑想を長く続けている人ほど、性格が変化していることも分かりました。

瞑想の実践回数が多いほど、開放性と外向性のレベルが高くなり、神経症のレベルが低くなったといいます。

マインドフルネスは、経験への開放性を高めるのに特に効果的であると考えられています。

広範囲の思考、感情、経験に自発的に触れることを開始することから、マインドフルネス瞑想の実践による開放性の増加が期待できると考えられます。

神経症を低下させるマインドフルネスの効果は、おそらく。

すべての思考や感情が生じたときに、それを判断せずに認めて受け入れようとする明確な意図は、ある意味で革命的であり、否定的な思考や心配の反復サイクルに迷い込む脆弱性を低減するという仮説を立てることができます。

定額制ウォーターサーバー【AQUA STYLE】

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました