Wi-Fiが遅い!インターネット接続回線を高速化するための10の方法

インターネットは現代生活の中核をなすものであり、高速化は誰にとっても不都合なことではありません。

ISPや契約プランによって最大速度は制限されますが、限られた帯域を最大限に活用し、インターネット接続を高速化する方法はたくさんあります。

一日の仕事を終えて帰宅し、お気に入りの番組を見ようとすると、常にバッファリングが発生し、ビデオの品質が低下している。

そして、携帯電話を取り出してスピードテストを行ったところ、心配していた通り、インターネット接続が遅いことが確認されました。

しかし、心配する必要はありません。
インターネット接続を高速化する方法をご紹介します。
インターネットの高速化は、ダイヤルを回すほど簡単ではありませんが、以下の手順で実現できます。

ストリーミングサービスを利用している人も、友達とオンラインゲームをしている人も、スマートフォンでネットを閲覧している人も、誰もがインターネットの高速化の恩恵を受けることができます。

インターネットの速度を高速化改善する10の方法

10個の方法で、多くの速度問題を解決することができます。

特に、普段から適切な接続を行っている場合はなおさらです。

インターネットの速度テストを行い、問題が解決したかどうかを確認してください。

1.ルーターの電源を切って、もう一度入れる

最初のアドバイスは、ありきたりですが、本当に効果があります。

エラーやバグはすべてのコンピュータに影響を与えますが、ルーターの場合、データがA地点からB地点に到達するのに時間がかかることを意味します。

最適な方法はお使いのルーターによって異なりますが、いくつかの選択肢があります。

一番簡単なのはコンセントを抜くことですが、電源ボタンを押したり、ブラウザで電源を切ったりすることもできます。

完全にシャットダウンするために、必ず10秒ほど電源を切ったままにしておいてください。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】

2.データ上限を確認する

インターネットプロバイダーによっては、インターネットプランにデータ容量の上限が設定されている場合があります。

ほとんどのプロバイダーは、この上限を超えると追加料金を請求するだけですが、月末までインターネットの速度が低下するプロバイダーもあります。
お使いのインターネットプランにこのような制限があるかどうかは、ウェブサイトや電話番号で確認できるはずです。

不明な場合は、ISPからの正式な書類に記載されているか、ISPのウェブサイトにアクセスして確認することができます。

3.ルーターに近づける

ルーターから離れると、信号の質が低下します。これは、データパケットの多くが失われることを意味し、あなたのデバイスは、ルータが送信しようとするすべての情報を受け取ることができません。

再度データを送信するには時間がかかるため、全体的な速度が低下します。

2.4GHz帯の一般的な家庭用ルーターは、約3.5mの範囲をカバーしています。しかし、家の中の壁やドア、家具などの影響で、この距離は簡単に半分以上になってしまいます。

この範囲内であっても、ルーターに近ければデータパケットの損失は少なくなりますので、続ける前に試してみる価値はあります。

また、ルーターを、効果が低下する家の隅などではなく、より中心的な場所に移動してみるのもよいでしょう。

店舗・事務所の電話番号《最短取得》番号選べます!
電話新設《最短工事》全国24時間受付中。

4.他の接続機器をネットワークから切り離す

ホームセキュリティやスマートホーム機器など、他の無線機器をネットワークから切り離すことで、貴重な帯域幅を使わずに済むというメリットがあります。

デバイスの電源を切ったり、デバイスのWiFi接続を完全にオフにしたり、別のネットワークに接続したりするだけで、簡単に行うことができます。

しかし、これには副次的な利点があります。接続されているすべてのデバイスは、ネットワーク上に留まるためにルーターにデータを送信する必要があります。

このデータは、特にルーターから離れている場合、干渉し、信号品質を低下させる可能性があります。

そこで、他の機器を切り離すことで、データの再送信にかかる時間を減らし、実効速度を上げることができます。

5.Wi-Fiではなくイーサネットケーブルを使う

面倒ですが、ほとんどのパソコンやノートパソコンにはイーサネットポートがあり、これを使ってルーターとの物理的な接続を行うことができます。

標準的なCat 5eケーブルは、理想的な条件では2.4GHz接続の約2倍となる1,000Mbpsを実現します。

速度が向上するだけでなく、ネットワークの干渉や距離制限を回避するには、イーサネットコードを使用するのが良い方法です。

イーサーネットケーブルを使えば、速度が低下することなく、簡単に到達することができます。

6.ブラウザのキャッシュを削除する

ブラウザのキャッシュは、通常、ブラウジングを高速化するためのものですが、不要なファイルでいっぱいになってしまうと、逆効果になってしまいます。

すべてのインターネットブラウザには、この方法が用意されています。

7.コンピュータのウイルススキャン

インターネットの速度が遅くなるのは、デバイス上の何かが帯域幅をすべて占有しているためです。

重要なアップデートや大容量のダウンロードであれば問題ないかもしれませんが、Windowsのタスクマネージャーで確認することができます。

しかし、それがウイルスであれば腹立たしいことです。

幸いなことに、世の中には優れたウイルス対策ソフトがたくさんあります。

デバイスに大きな問題がないかどうかを確認するだけなら、無料のウイルス対策ソフトを入手することもできます。

信頼性の高いプログラムをインストールして、システムのフルスキャンを実行するだけで、どこかにバグが隠れていないかどうかを調べることができます。

8.より良いルーターを購入する

このステップは多少お金がかかるかもしれませんが、その価値は十分にあります。
より良い無線LANルーターを手に入れることで、より高速な周波数帯やWiFiプロトコルの使用など、より多くのオプションを得ることができます。

また、VPNルーターを使って位置情報を隠すなど、他の機能を備えたルーターもあります。

また、新しいルーターを購入すれば、既存のルーターを再利用することもできます。

ルーターをスイッチにしてイーサネットポートを増やしたり、別の専用モデムにしたり、ホームネットワークを拡張するための2つ目のワイヤレスアクセスポイントとして配線したりすることができます。

いずれにしても、WiFiの速度は向上するはずです。

当サイト限定!最大45,000円キャッシュバック!【光マッハ】

9.インターネットプロバイダに問い合わせる

すぐには解決しないかもしれませんが、インターネットサービスプロバイダーも他の企業と同じです。

たくさんの苦情が寄せられれば、サービスを改善してくれる可能性があります。

また、ダウンロード速度を向上させるためのアップグレードが用意されているかもしれません。

ただ、実際にインターネットの速度が速くなるように、細かい文字を読むようにしてください。

10.新しいインターネットサービスプロバイダを探す

いろいろ試してみてもインターネットの速度が遅い場合は、新しいISPを探してみるのもいいかもしれません。

インターネット会社は、お客様のビジネスを獲得するために、常に互いに切磋琢磨していますので、より新しく、より速いサービスがあるかもしれません。

もし田舎に住んでいて、従来のプロバイダーが1社しかなかったとしても、他の選択肢もあります。
無制限のモバイルWIFIは、より高速で信頼性の高いものになってきています。

しかし、今回ご紹介する10の方法を参考にすれば、インターネット接続をより有効に活用できるようになるはずです。

バッファリングやラグが発生しないことを期待して、作業を再開することができます。

WiFiの問題に悩まされていませんか?
これらの方法は役に立ちましたか?