なぜ体重が減らないのか?ダイエットで痩せない太る原因と体重を楽に落とす方法をご紹介!

太る原因ダイエット

ダイエットを心がけていても、なぜか体重が減らないという方がいます。そんなダイエットに関する疑問にお答えします。

朝食を抜いていませんか?

朝食を抜くと、後で空腹になる可能性が高いので、昼食時に食べ過ぎるかもしれません。朝食にタンパク質をとることで、1日中空腹を抑えることが出来ます。

朝起きてから1時間以内に食事をしてください。食物繊維が豊富なタンパク質が詰まった朝食は、満腹感を長持ちさせるのに役立ちます。

フルーツ、チーズ、全粒小麦のトースト、卵、またはバナナのヨーグルトなどをお試しください。

研究結果でも朝食を食べた方が痩せる研究があります。

深夜、就寝前に何か食べていませんか?

深夜の食事は、ダイエットの減量計画が崩れる可能性があります。食べたものをため込みやすい時間ですので、おなかがすいても、少量にしたり、太りにくい食べ物を食べるか寝るようにしましょう。

体温、血糖値、インスリンを上昇させ、脂肪を燃焼するのを難しくします。寝る前に少なくとも3時間前に夕食を食べてください。夜遅く食べた方が太りやすいです。

夕食後のおやつやアイス、デザートには注意してください。太る原因になります。

テレビを見たりコンピューターを使用したりするときに、想像以上に多くのカロリーを摂取します。
また、アイスクリームやポテトチップスなどの不健康な食品を食べたくなっても我慢して下さい。



ストレスが多くたまっている

ストレスは太る原因、病気の原因にもなります。高カロリー、高脂肪の食品が食べたくなります。ストレスがたまると、体はより多くの脂肪を蓄える傾向があることが分かっています。

ストレスを減らすには、運動や瞑想をしてください。
楽しい事や自分がしたいこと、好きなことをすることで日頃のストレスを解消出来ます。ストレスを解消することは、肥満や病気予防に有効です。

男性や女性、性別による違い

性別で体重を減らす方法に違いをもたらす可能性があります。
最近の研究によると、男性はすぐに体重を落とす方が簡単です。
しかし、女性は長期的な努力でより成功する傾向があります。

体重を減らす場所も異なります。男性は最初に腹部の脂肪を減らしますが、女性はお腹の脂肪が中々減らない場合があります。

男女差で体格による基礎代謝や消費カロリー、筋肉量も違いますので、ダイエットに違いがあるのは間違いないです。



カロリーをゆっくり消費しているのが原因?

どれだけ速くそれらを燃やすかは代謝、つまり体を維持する化学反応に基づいています。痩せ体質の人より代謝やカロリー消費が違う可能性があります。

代謝が遅い場合は、遺伝子が原因である可能性があります。
または、十分な除脂肪筋肉量がない可能性があります。

痩せた筋肉質の人は、体脂肪率が高い人よりも多くのカロリーを消費します。

カロリーの燃焼方法に影響を与える可能性のあることをお試しください。

年を取ると、代謝は、10年ごとに約2%-8%遅くなります。それは筋肉量の減少によるものかもしれません。

食べすぎ。不思議に思いますが、実際には、食事を食べなかったり、非常に低カロリーのダイエット食事療法を行ったりすると、カロリーをよりゆっくりと燃焼させることで逆効果を引き起こす可能性があります。消費しなくなる可能性もありますので、停滞期に入った場合は、1日だけ沢山食べるようにして下さい。

新陳代謝を高めたいですか?ジムなどでダンベルやウェイトを持ち上げて、除脂肪筋肉量を増やします。また、この時は、筋肉を増やすのが目的ですので、カロリー数が極端に少ない食事は避けてください。



十分な睡眠をとっていますか?

しっかり睡眠をとっていないと、減量が難しくなる可能性があります。代謝が遅くなるかもしれません。望むほど速くカロリーを消費することはありません。

十分な睡眠をとらないと、エネルギーが減ることもあります。そのため、運動が難しくなります。

疲れているときは、果物よりもお菓子を選ぶように、貧しい食生活の選択をする可能性が高くなります。

最近の研究では、十分な睡眠を得られなかった人々は、より多くの休息を得た人々よりも一日あたり約300カロリー多く消費しました。

デブの原因は、遺伝子ですか?

一部の体は、他の体よりも単に脂肪燃焼に優れています。両親や祖父母から受け継いだものです。

親が太っている場合、遺伝して太りやすい体質の可能性があります。渡された遺伝子を制御することはできないため、カロリーを燃焼させて体重を減らすためにもう少し努力する必要があるかもしれません。


甲状腺は機能していますか?

活動が少ない場合は、甲状腺機能低下症と呼ばれる状態になっている可能性があります。それは体の塩と水の蓄積から体重増加につながることがあります。

過活動甲状腺は、甲状腺機能亢進症と呼ばれています。それを持っている多くの人々は体重を減らします、しかし、それはあなたが空腹を感じることができるので余分な体重が増える人もいます。

甲状腺が代謝、エネルギー、体重にどのように影響するかは複雑です。他のホルモン、タンパク質、化学物質も役割を果たす可能性があります。それが問題だと思われる場合は、医師に確認してください。

体重増加は、健康上の問題によるものですか?
病状により、スリム化するのは難しくなります。すトレスによる過食症など、病気が体重増加の問題を引き起こしているかもしれないです。

過食症のような摂食障害とは?

・心臓病
・ホルモン障害
・睡眠時無呼吸のような睡眠障害

いくつかの薬はまた、いくつかの体重を落とす努力に打撃を与えることがあります。たとえば、次の薬を服用すると、体重を減らすのに問題が生じる可能性があります。

アレルギー
避妊
うつ病
糖尿病
てんかん
高血圧
双極性障害
統合失調症

これらの状態のいずれかがあり、体重が問題である場合は、医師に相談してください。薬を変えた方がいいかもしれません。

ダイエットがいつも失敗して成功しない場合は、何か原因があるかもしれません。原因を改善することで、ダイエットの成功率が高まります。食生活や運動、睡眠などしかっりすることで、痩せやすくなります。


★ お気に入り追加