女性があなたに恋をする理由の裏にある科学とは?なぜ男女は、恋をしてしまうのか!

恋をしてしまうのか恋愛

恋をしたことがある人は、それが驚くべきプロセスであることを知っています。その背後にある科学はさらに魅力的です。

愛を実現させるものを知ることは、神経科学、生化学、心理学の興味深い研究です。

好きになる恋をする理由

そして、科学だけではなく、ここで起こっているよりもはるかに多くのことがありますが、愛の根本的なメカニズムを理解することは、信じられないほど興味深く、私たちの社会生活やロマンチックな生活を向上させるために有効です。

恋愛における化学物質の役割

愛はただの化学物質の集まりではありませんが、脳の化学物質は、なぜ人が他の人を好きだと感じるのかに重要な役割を果たしています。

そして、私たちが良いことを感じるときには、通常、多くのドーパミンが関与しています。

ドーパミンは、女性であれ男性であれ、人が愛を含むあらゆる種類の快楽を経験したときに脳が放出する化学物質です。ドーパミンはまた、体内で生成されるテストステロンの量を増加させます。

テストステロンの増加は、相手が恋をしている人の周りにいるときに人々が汗をかく理由であり、愛が新しいときに人々がより高い性欲を持っている理由です。

女性が恋に落ちると、体からはノルエピネフリンやフェニルエチルアミンも分泌されます。これらは多幸感を生み出しながら集中力を高めます。

だからこそ、女性は恋をしているとき、他のことを排除して一人の男性に集中してしまうのです。

男性も女性も、誰もがLINEを待っている間は警戒心が強いと感じたり、眠れなかったり、他の人のことを考えたりするのはそのためです。

最後になりますが、オキシトシンです。オキシトシンは、抱き合う時や夜の営みの時など、様々な場面で放出されます。

女性は男性よりもはるかに多く分泌されます。男性は、ドーパミンのラッシュを得る代わりに、オーガズムの間にそれを生成しません。そのため、相手は営みをしたからといって誰かに恋をする可能性が低いです。

オキシトシンは感情の壁を壊して人を安心させ油断させます。オキシトシンは、恋をしている時に感じる相手への愛着感を生み出します。

相手がいない時は、相手の分泌量が減るので、より多くのものを欲しがります。だからこそ、私たちは時々付き合っている人に “中毒”を感じることができるのです。

ドーパミン、テストステロン、オキシトシン、ノルエピネフリン、フェニルエチルアミンは、すべて一緒に働いて愛のフィードバックループを作ります。

性的快楽とロマンティックな愛着は、同じ化学物質の束を放出します。これらの化学物質は、相手がより多くの同じ化学物質を求めるように相手をプッシュしながら、その源に大きな注意を与えるようにします。愛と営み、それに関しては、麻薬のように脳に作用します。

しかし、相手が彼女の化学物質を正しい方法で流す方法を知っていたとしても、それだけでは彼女が相手に恋をするにはまだ十分ではないです。

愛は化学物質だけではありません。愛は化学物質だけではなく、個人の歴史や好みの問題もあります。

心理学が化学物質を駆逐する

脳化学の知識を使って女性に恋をさせることができない大きな理由は、すべての女性が同じ化学物質の混合物に同じように反応するわけではないということです。

心理学者はこれらを「愛着スタイル」と呼んでいますが、たとえ相手が脳内化学物質の正確な混合物をリリースしたとしても、彼女の愛着スタイルは相手が彼女との関係を築くことに拒否反応を示すかもしれません。

ハードサイエンス(生物学や化学)では、特定の行動をしたり、特定の化学物質を放出したり、特定の効果を得ることができると言われていますが、ソフトサイエンス(心理学)では、もっと個人的でニュアンスの異なる何かが起こっていると言われています。

相手はおそらく、愛着スタイルを知っています。例えば、相手は今までに突然深刻にな浮気をしたことがありますか?

それらは2つの異なるスタイルの例です。全く同じ行動(2人が意気投合した数回のデート)が、2つの全く異なる結果(1人は逃げ、1人はしがみつく)につながります。

4つの異なる愛着スタイルがあります。これらのうちの1つは完全に有毒で、2つは問題になる可能性があり、4つ目はちょうど良いです。

私たちも、ある人には一つの愛着スタイルで反応し、別の人には別の愛着スタイルで反応するかもしれません。

しかし、ほとんどの部分では、愛着スタイルはちょうどあてはまります。

我々は自分自身に興味がある人に反応します。相手が魅力のスタイルを理解したら、私は相手の過去の関係が相手に多くの意味を作り始めます。

相手は、次のような人です。

安心感がある

相手が着陸したい場所です。安全な人は、基本的には他の人に頼ってOKであり、他の人がそれらに依存しています。

相手は自分自身であることも同様に快適。したがって、安全な恋愛スタイルを持っている女性は、相手の時間を取得しようとして、毎日相手の家の外に待っている必要がありません。

また、彼女は物事が熱くて重い取得を開始したときに相手を避けるために起こります。

彼女は相手の自由な時間の両方があるときに相手を見つけます。彼女はより多くの時間をしたいかもしれませんが、彼女は相手の注意を得るための不適切なまたは操作的な方法に頼ることはありません。

不安:不安なスタイルを持つ女性は、低い自尊心を持っていると自分自身にあまり安全である傾向があります。

不安な女性は、親密さに反対していないが、関係のために適切であるよりも、それの道を望んでいます。

相手が今までに二人が付き合い始めた後ではなく、長くない超深刻な、排他的なアイテムとして扱われた女性とデートしたことがある場合は、この愛着スタイルに精通しています。

彼女は相手と恋に落ちることはないかもしれませんが、彼女はますます執着するようになります。

見下し型は、彼女は自分一人でいることを好むので、このような女性は関係を望んでいません。

したがって、彼女は強力なロマンチックな魅力の感覚を得るとき、彼女の自然な傾きは、離れて引っ張って、彼女の殻に後退することです。

彼女は相手のための感情を持っているかもしれませんが、もっと重要なのは、彼女は相手のための感情を持っていることを望んでいないので、彼女はそれらの感情をシャットアウトすることができます。

相手は彼女に勝つことができるかもしれませんが、相手のエネルギーはおそらくより良い恋に落ちるには、よりオープンである誰かに費やされています。

恐怖心が強い

恐怖心の強い人は一般的に、それらがちょうど不本意ではなく、他の人と形成することを恐れていないようになり、幼少期にトラウマや虐待(大小)のいくつかの種類を経験しています。

相手は相手の愛情や関心にふさわしくないと自分自身を見ています。さらに、相手はそれらに引き付けられていることに相手の動機を疑問に思うかもしれません。恐怖心の強い人々は、感情的に強く、関係について十分な健康になるために自分で仕事をしなければなりません。

相手はそれらを修正することはできませんし、その過程で傷つくだけで何も得るつもりはありません。

2つの愛着スタイル、つまり不安的なものと見下したものは、安全な人の愛着スタイルの要素になり得ることに注意してください。

例えば、女性は安全であることができますが、ほとんどの人よりも少し粘着質ですが、または彼女は他の人との愛着や関係を形成することができる一方で、彼女の独立性を大切にするかもしれません。

恐怖の愛着スタイルは、はるかに明示的に有毒です。なぜ相手は、相手がそれらをだましたり、それらを利用しようとしているかどうかを疑問に思う相手と恋に落ちる誰かをしたいと思いますか?

最初の3つはすべて相手に恋をすることができますが、4つ目は常に相手を手の届かないところに置いておきます。

いくら女性の相性が恋に落ちろと言っていても、愛着スタイルで表現されている彼女の性格は、克服するにはあまりにも多くのことかもしれません。そこで心理学が化学物質に勝るのです。

恋に落ちる女の子の科学は、相手がすべきことを述べています。

化学物質や愛着スタイルを知っているだけでは、女性は相手に恋をするようにはなりません。

しかし、愛の仕組みを知ることで、相手にぴったりの女性を見つける可能性が高まり、健康的で満足できるような意味のある絆を築くことができます。

触れ合ったり、寄り添ったりするだけで、二人の距離を縮めることができます。自分の化学物質が無意識のうちにしていることです。

★ お気に入り追加