史上最高の神マンガベスト25選ランキング!おすすめ、人気、面白い、定番!

マンガランキングアニメ・マンガ

世界中で毎日無数の漫画が発売されていますが、最初に読むのは漫画と呼ばれる日本の漫画です。マンガはアニメと並んで日本のポップカルチャーの代表格です。

日本で最も古い漫画の起源は平安時代と言われており、動物たちの戯れを描いた「超獣戯画」として知られています。19世紀になると、日本の伝統的な浮世絵が盛んになりました。

20世紀半ばには、「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」「週刊少年ジャンプ」などの有名な週刊漫画雑誌が発行されるようになりました。一方、アメリカでは、スーパーヒーローをテーマにしたアメコミが人気を博しています。

日本の娯楽コンテンツを誰でも簡単に手に入れることができることから、最近では世界中で漫画の人気が高まっています。人気のあるマンガは、日本で出版されるとすぐに各国・地域で販売され、多くの言語に翻訳されています。また、電子書籍やオンラインマンガサービスなどのデジタル技術も世界的に普及しています。

では、いったい何を読めばいいのでしょうか?今日は、名作シリーズや近刊・現在進行形の作品を含めたベストマンガ25選をご紹介します。このベストマンガのラインナップを見れば、初心者の方は最初に読むべきマンガを、マンガファンの方はマンガの世界を深く掘り下げることができるでしょう。マンガオタクやオタクの方は、このマンガリストについての議論を楽しむことができるでしょう。

漫画ランキングベスト25

25位.北斗の拳

1983年から1988年にかけて週刊少年ジャンプで連載された『北斗の拳』は、1980年代の日本を代表するアクション漫画です。舞台は1990年代の核戦争後の荒廃した世界で、北斗神拳と呼ばれる古代の暗殺武術の継承者であるケンシロウが、悪党との戦いの中で世界を生き抜いていく。

イラスト:原哲夫
1983年~1988年発行

24位.東京グール

東京喰種(トーキョーグール)は、2011年から2014年まで週刊ヤングジャンプで連載され、2018年まで続編の『東京喰種トーキョーグール:re』が連載されていた人気ダークファンタジー漫画である。舞台は東京で、人間社会の中にグールと呼ばれる生物が生息しています。見た目は普通の人間と同じだが、人肉を食料として生活している。そのアニメ化も世界中のファンに愛されている。

脚本:石田スイ
2011年から2018年に公開

23位.レイヴ

レイヴの35巻は、もう一つの代表作『フェアリーテイル』でも知られる人気漫画家・真島ヒロさんが執筆した作品です。レーヴマスターは週刊少年マガジンで1999年から2005年まで連載されていました。主人公のハル・グローリーが聖なる石レイヴの5つの欠片を探していくファンタジー・アドベンチャー漫画です。

原作:真島ヒロ
1999年~2005年に発行されました。

22位.うずまき

全3巻で構成されている『うずまき』は、1998年~1999年に刊行されて以来、日本のみならず海外のファンからも人気を博しています。うずまきをテーマにしたホラー漫画である。架空の呪われた町「黒鈴町」を舞台に、主人公の五島霧江と恋人の斉藤修一が奇妙な超常現象に遭遇していく。

脚本:伊藤淳二
1998年~1999年発行

21位.幽☆遊☆白書

幽☆遊☆白書は、1990年代に週刊少年ジャンプで連載されていた冒険漫画の中でも特に人気の高い作品の一つです。主人公の浦目雄介は交通事故で死亡し、試練の末に復活します。鞍馬や五木、比叡など個性的なキャラクターたちとともに、裏社会の探偵として超常現象の事件を捜査していく。

脚本:冨樫義博
1990年~1994年発行

20位.ベルセルク

1989年からヤングアニマルで連載されているダークファンタジー進行中の漫画『ベルセルク』。架空の中世ヨーロッパを舞台に、大剣で世界を生き抜く主人公ガッツの旅を中心に物語が展開されます。ベルセルク』はアニメ化やゲーム化もされています。

脚本:三浦健太郎
1989年より発行

19位.ワンパンマン

ワンパンマンは、世界で最も人気のある漫画の一つであり、スーパーヒーローとコメディのタイトルである。2012年から無料オンライン漫画誌「となりのヤングジャンプ」で連載されている。スーパーヒーローをテーマにした漫画で、主人公の埼玉は見た目は普通の人間だが最強のキャラクター。どんな敵もパンチ一発で倒すことができる。2015年にアニメ化され、2019年には第2期が放送された。

脚本:ONE / イラスト:村田雄介
2012年より発行

18位.おやすみぷんぷん

2007年に「週刊少年サンデー」で、2008年からは「ビッグコミックスピリッツ」で連載されていた半生ドラマ漫画「おやすみプンプン」。海外の漫画ファンにはあまり知られていない。全13巻で構成された前衛的な物語は、ひよこ型の主人公・プンプンを中心に、人間のリアルな生活を描いている。

原作:浅野いにお
2007-2013年発行

17位.スラムダンク

バスケットボールをテーマにした『スラムダンク』は、日本を代表するスポーツ漫画です。1990年代の週刊少年ジャンプ黄金期のレジェンドとして注目されています。バスケをやったことのない不良高校生・桜木花道が、ライバルの瑠川楓や赤木武典など個性的なメンバーで学校の部活を始める。

脚本:井上岳彦
1990年~1996年発行

16位.ブリーチ

ブリーチ(Bleach)は、2001年に週刊少年ジャンプで連載が開始され、2016年に全74巻で物語が完結したアクション・アドベンチャー漫画です。ブリーチは、黒崎一護という侍の主人公が中心となり、ソウルリーパーとして怪獣ホローズと戦う。アニメ化は2004年から2012年にかけて放送された。

脚本:タイテ久保
2001年~2016年発行

15位.名探偵コナン

名探偵コナンは、約100巻を誇るミステリー漫画の代表作で、日本の現代版シャーロック・ホームズと評されることもあります。高校生探偵の工藤新一が毒物によって子供に変身し、異質な黒の組織から正体を隠しながら様々な事件を解決していく。

脚本:青山剛昌
1994年発行

14位.バガボンド

1998年から週刊モーニングで連載が開始された未完の叙事詩・歴史漫画『バガボンド』ですが、2015年から作者が執筆を休止しています。物語は、日本の有名な武士である宮本武蔵(1584年~1645年に生きた)の生涯を中心に描かれています。貧乏な10代がどのように成長し、侍としての剣術を身につけていくのかが漫画の中で描かれています。

作者:井上武彦
1998年発行

13位.僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミアは、週刊少年ジャンプで連載中のスーパーヒーローをテーマにした人気連載中の漫画の一つです。クィークスと呼ばれる特別な能力を持たない少年イヅク緑谷が、強力なヒーローになるために、様々なヒーローたちと共に悪党と戦うために奮闘します。漫画、アニメ化ともに世界各国のファンから高い評価を得ている。

原作:堀越耕平
2014年より発行

12位.風の谷のナウシカ

スタジオジブリファンの方は、漫画版『風の谷のナウシカ』も見逃せません。主にジブリのアニメ映画の第一作目として知られていますが、先に漫画化されたのはこの作品です。そして、続編のストーリーも全7巻で読むことができます。主人公の風の谷のお姫様ナウシカは、人と自然が共生する道を模索していきます。

原作:宮崎駿
1982年~1994年発行

11位.デスノート

世界中の漫画ファンにとって、週刊少年ジャンプのミステリー&ホラー漫画としておなじみの『デスノート』。2000年代半ばに全12巻が刊行された。主人公の八神ライトはある日、人の名前が書かれていると死んでしまうというデスノートを見つける。彼ともう一人の主人公Lは、まるでマインドゲームをしているかのような戦いを繰り広げていく。

脚本:大場つぐみ/イラスト:小畑武史
2003年~2006年発行

10位.るろうに剣心

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-は、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚』とも呼ばれ、1994年から1999年まで週刊少年ジャンプで連載されていました。物語は、明治時代の日本を舞台に、日村剣心という侍を主人公にしたものである。続いて2017年からは『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』が連載されている。

脚本は和月伸宏
1994年~1999年発行

9位.ジョジョの奇妙な冒険

1987年に週刊少年ジャンプで「ファントム・ブラッド」という第1シーズンから始まった古典的な漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズは、ウルトラジャンプで最新作「ジョジョリオン」が連載中です。ジョジョ一家の不思議な冒険を描いたアクション&アドベンチャー漫画です。主人公がパートによって異なるが、全員がジョースター家というのが面白い。

原作:荒木飛呂彦
1987年発行

8位.進撃の巨人

2009年から別冊少年マガジンで連載されている『進撃の巨人』は、今最も注目されている漫画の一つです。その絶大な人気から、ダークファンタジー漫画として4シーズンのアニメ化や実写映画化もされています。この漫画のシンボルは、人類を滅亡の危機に立たせる巨人です。主人公のエレン・イェーガーとミカサ・アッカーマンは、調査兵団のメンバーとともに、なぜ巨人が世界に存在するのかを調査しながら、巨人と戦う。

脚本:諫山創
2009年より発行

7位.鋼の錬金術師

鋼の錬金術師は、2001年から2010年まで月刊少年ガンガンで連載されていた、世界でもトップクラスの現代漫画です。アドベンチャー、アクション、ダークファンタジー、SFなど様々なジャンルに分類されます。物語は、エドワード・エルリックとアルフォンス・エルリックという錬金術師の兄弟が、錬金術を使って、同じ価値のものと引き換えに欲しいものを何でも作れるようになることから物語が進んでいきます。もちろん、『鋼の錬金術師』のファンのためにアニメ化された作品もあります。

脚本:荒川弘
2001年~2010年に発行

6位.アキラ

有名な漫画家・大友克洋氏の作品は世界中に多くのファンを持つだけに、彼の代表作である『アキラ』はベスト漫画のラインナップに入るべき作品である。1982年から1990年にかけて週刊ヤングマガジンに120章が掲載され、1988年に公開されたアニメ映画化も世界的に有名になりました。

このSF・近未来漫画の舞台は、37年前の大爆発で荒廃した架空の都市ネオ東京(2019年)。主人公の金田正太郎と志摩哲夫の2人は、小さな子供のような容姿で壊滅的な超能力を持つアキラと政府の混沌とした陰謀に巻き込まれていく。

アキラは様々な社会問題を代表する存在であり、驚くべきことに1982年から書かれているにも関わらず、この漫画では現実世界と同様に2020年の東京オリンピックが予定されている。その事実は、日本のみならず海外のファンの間でも話題となった。

原作:大友克洋
1982年~1990年発行

5位.ハンター×ハンター

近年の最高傑作漫画として、ハンター×ハンターは称賛の念を込めて挙げるべきだろう。週刊少年ジャンプの冒険漫画は、『遊☆遊☆白書』でも知られる冨樫義博氏が1998年から執筆している。物語の中心となるのは、ゴン・フリークスという少年。幼い頃に捨てられた父ギン・フリークスを探す旅に出る。旅の途中で、キルア・ゾルディック、クラピカ、レオリオなど魅力的なキャラクターたちと出会います。

面白いのは、ゴンの仲間たちだけでなく、悪役たちも個性的で魅力的だということ。作者はその後の物語の制作をオンオフ問わずストップしているが、世界中の多くのファンが完結するまで、このマンガを楽しみに読んでいるといいます。

作者:富樫義博
1998年発行

4位.鬼滅の刃

鬼滅の刃は21世紀の最高傑作漫画の一つであり、多くのファンが最高傑作と評価しています。鬼滅の刃 2016年に週刊少年ジャンプで連載が開始され、人気絶頂の中、2020年5月にようやく完結した『鬼滅の刃』。

物語の舞台は大正時代の日本という架空の世界。そこには人間の平和を脅かす魔物が存在し、選ばれた魔物退治師たちが魔物を一掃していく。主人公の鎌戸丹次郎は、家族が鬼に襲われたことをきっかけに、鬼と戦うことを決意する。丹次郎の成長や仲間との出会いが描かれています。

短編漫画や小説としてのスピンオフ作品も出版されており、アニメ化もされています。

作者:後藤毛小春
2016年~2020年に公開

3位.ナルト

世界で最も有名で人気のある漫画の一つとして、多くの漫画ファンやオタクから支持されているのが、忍者をテーマにした漫画「ナルト」です。ナルトは1999年から約15年間、週刊少年ジャンプで連載され、全72巻、全700章が刊行されました。2019年現在、全世界で約2億5000万部が販売されています。

漫画の舞台は架空の忍びの世界で、最初は忍者として絶望的な存在だった主人公ナルトが、挫折を繰り返しながらも徐々に腕を磨いていく姿が描かれています。ナルトには少年だけでなく、彼の友人や先生、敵キャラクターまでもが登場します。ナルトをはじめとする忍者たちは、チャクラエネルギーを使ってさまざまな忍者技を駆使して戦う。

この伝説的な漫画は、ナルトの息子であるボルトの物語である「ボルト」の続編が製作されている。

原作:岸本雅史
1999年から2014年に公開された

2位.ドラゴンボール

漫画の歴史といえば、ドラゴンボールを語らないわけにはいかない。1984年から約10年間、週刊少年ジャンプで連載されたアクション&アドベンチャー漫画で、1990年代の日本の漫画雑誌ブランドの隆盛期、さらには漫画業界全体の隆盛期にも貢献した。

まず、主人公の孫悟空が、7つのドラゴンボールをすべて集めると願いが叶うというドラゴンボールを求めて世界を探索する冒険が始まります。物語は、厳しい修行や様々なキャラクターとの戦いを経て、悟空が成長していく様子を描いています。キャラクターが放つエネルギー攻撃である「かめはめ波」は漫画でもお馴染みで、ドラゴンボールは長い間、独特のバトルテクニックで格闘技漫画のジャンルをリードしてきました。

悟空、息子の悟飯、次男の悟天の2世代が主に全編に登場します。ドラゴンボールZとも呼ばれる第2部は、悟空が成長してからの物語が始まります。ドラゴンボールのその後は、2015年の公式続編『ドラゴンボール超』(ドラゴンボール超)が続きます。

脚本された鳥山明
1984年~1995年発行

1位.ワンピース

1997年から週刊少年ジャンプで連載されている『ワンピース』は、ほぼ誰もが異論を唱えられない最高の漫画です。全96巻が刊行され、全世界で累計約4億7000万部が販売されている。40以上の国と地域で外国語に翻訳されている。

海賊モンキー・D・ルフィと彼の仲間たちが、「ワンピース」として知られる世界の究極の宝を求めて海中を航海するアクション&アドベンチャー漫画です。宝物に加えてこの漫画のシンボルの一つであるデビルフルーツは、それを食べた人に超自然的な力を与え、泳ぐ能力と引き換えに与えてくれる。ルフィはガムガムの実を食べた後、ゴムの実に変身します。ルフィをはじめとする乗組員や他の海賊、対岸の海兵隊をはじめとした各キャラクターが力強く魅力的に描かれています。

ワンピースには、団結力のあるクルー、純粋な夢、恋愛、歴史、社会問題、対立など、重要なテーマがたくさんあります。どんなファンでも共感して楽しめるストーリーと登場人物の個性が魅力です。

脚本:尾田栄一郎
1997年より発行

今回のベスト漫画ランキングはお楽しみいただけましたか?
このランキングを完成させるために、できる限り客観的な視点を持って選んでみました。
最近では数多くのマンガが出版されていますので、今後も新しいマンガが出てきたら、このランキングを更新していきます。

Amazonのマンガ売れ筋ランキング
コミックランキング

【電子書籍ならeBookJapan】
eBookJapan

19万冊以上取扱い【ひかりTVブック】
ひかりTVブック

漫画本を買うなら全巻漫画ドットコム
全巻漫画ドットコム

1冊80円でDMMコミックレンタル
DMMコミックレンタル

U-NEXT公式サイト
Hulu公式サイト
FODプレミアム公式サイト
★ お気に入り追加