【伝説の漫画家】鳥山明の経歴とドラゴンボールの誕生まで

更新日:
吉村奈々
とりやまあきら

『Dr.スランプ』と『ドラゴンボール』は今でも根強い人気を持ち、コマーシャルやグッズにも起用されています。
2024年3月1日、漫画家の鳥山明(とりやまあきら)さんが急性硬膜下血腫のため68歳でお亡くなりになりました。

誰もが知る国民的漫画「Dr.スランプ」と「ドラゴンボール」の生みの親であり、その功績は計り知れません。

本記事では、鳥山明さんの生い立ちから漫画家としての歩み、代表作、創作哲学までを深く掘り下げ、その魅力に迫ります。
完全新作アニメ「ドラゴンボール DAIMA」2024年秋に放送開始が決まっています。

ドラゴンボールは、世界中で人気でファンも数多くいます。発行部数は2億8千万部以上。
世界中で鳥山先生のニュースが流れました。

鳥山明のプロフィール

名前鳥山明
生年月日1955年4月5日
出身地愛知県名古屋市
職業漫画家、デザイナー
プロダクションBIRD STUDIO(バード・スタジオ)
少女漫画家のみかみなち

とりやまあきらの代表作

代表作

Dr.スランプ: 1980年から1985年まで連載。天才科学者のアラレちゃんとの騒動を描いたギャグ漫画。
ドラゴンボール: 1985年から1995年まで連載。孫悟空と仲間たちの冒険を描いた少年漫画。テレビアニメ化もされ、世界的な人気を博した。

デザイナーとしての活動

鳥山は漫画家としての活動の合間にデザイナーとしても才能を発揮。
ドラゴンクエストシリーズ: ゲームやキャラクターデザインを手がけた。
マスコットやプラモデル、車のデザインなど、幅広い分野で活躍。

幼少期から青年期に漫画への情熱を育む

1955年4月5日、愛知県名古屋市に生まれた鳥山明。

幼い頃から漫画に親しみ、手塚治虫や藤子・F・不二雄の作品に影響を受けます。

高校卒業後はデザイン会社に勤務するも、漫画家への夢を捨てきれず、漫画を描き続けました。

華々しいデビューと国民的漫画の誕生

1978年、「週刊少年ジャンプ」に掲載された「ワンダーアイランド」でデビュー。

その後、ギャグ漫画「Dr.スランプ」で人気を博し、国民的な漫画家としての地位を確立します。

デビュー作「ワンダーアイランド」

デビュー作である「ワンダーアイランド」は、奇想天外なストーリーと個性的なキャラクターで注目を集めました。

ギャグ漫画の金字塔「Dr.スランプ」

1980年に連載を開始した「Dr.スランプ」は、天才科学者則巻千兵衛が作った女の子型ロボット、アラレちゃんを中心に展開するギャグ漫画です。

型破りなギャグと魅力的なキャラクターで社会現象を巻き起こし、アニメ化も大ヒットとなりました。

世界を席巻する冒険活劇「ドラゴンボール」

1984年に連載を開始した「ドラゴンボール」は、7つのドラゴンボールを集める少年、孫悟空の冒険を描いた作品です。

迫力満点の戦闘シーンと緻密なストーリー構成で、世界中で愛される国民的漫画となりました。

多才な才能を発揮:漫画家としての功績

鳥山明は、漫画家としての才能だけでなく、キャラクターデザインやストーリー構成など、多方面で才能を発揮しています。

独創的なキャラクターデザイン

鳥山明のキャラクターデザインは、シンプルでありながら個性豊かで、見る人を惹きつける力を持っています。

特に、ドラゴンボールに登場するキャラクターたちは、世界中のファンに愛されています。

緻密なストーリー構成

鳥山明の作品は、綿密なストーリー構成が特徴です。

伏線回収や設定の緻密さにこだわり、読者を飽きさせない展開を繰り広げます。

圧倒的な画力

鳥山明は、圧倒的な画力を持つ漫画家としても知られています。

力強いアクションシーンや繊細な人物描写は、多くのファンを魅了しています。

影響を与えた人物と作品

鳥山明の作品は、手塚治虫や藤子・F・不二雄などの漫画家や、ウォルト・ディズニーなどのアニメ作品から影響を受けています。

また、中国古典小説「西遊記」からも影響を受けており、その要素が「ドラゴンボール」などに反映されています。

とよたろうさんのコメント

現在、連載中のドラゴンボール超の漫画家とよたろうさんから鳥山明さん訃報へのコメントです。

堀川りょうのコメント

ベジータの声優である堀川りょうからのコメントです。

株式会社バードスタジオから公式コメントと発表

特集
ガガログ