Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

M2搭載で再設計の新型MacBook Airの最新情報まとめ

macbookair

アップルは2022年にデザインを大幅に変更した新型MacBook Airを発表すると予想されています。

2020年後半にM1プロセッサーがAppleの人気パソコン3機種に搭載されて発売されたとき、そのどれにもデザインの変更はありませんでした。
MacBook Airは2008年に封筒から取り出されて以来、全体的に同じ美観を保っていますが、M2ではそれが変わる可能性があります。

24インチiMacのモデルチェンジと同様に、新しいMacBook Airはより薄く、より軽い筐体となり、鮮やかなカラーリングが採用されます。

テーパー状の筐体デザインは、MacBook Airの象徴的な存在でしたが、その薄さは、内部部品を収納する凸状の斜面による錯覚でした。
今、AppleはThunderbolt 4ポートを収納するのに十分な幅のケースに、すべてを収めることができます。

アルミニウムの筐体は、14インチMacBook Proのデザインのような丸みを帯びた形状になるかもしれませんが、カラーオプションも用意されています。ブルー、グリーン、ピンク、シルバー、イエロー、オレンジ、パープルの色調で、24インチiMacのカラーを模倣するのではないかと予想しています。

新型MacBook Airは2トーン配色の可能性あり

内装色は、色調を合わせたアルミニウムの洗面器に白いキーをセットした、やや落ち着いた色調になる予定です。
ディスプレイ周りのベゼルはオフホワイトになり、カメラハウジング用の切り欠きが設けられると予想されます。

以前、渡された分解された部品画像に基づくレンダリングを公開しています。これらのレンダリング画像では、筐体にテーパー加工が施されていませんが、これは薄型化した際に内部部品のスペースを確保するためと思われます。

13.3インチRetinaディスプレイはミニLEDバックライトを獲得する可能性がある

Appleが新しいMacBook AirにミニLEDバックライトディスプレイを追加する可能性があります。
13.3インチディスプレイは、この技術を搭載した最も小さなMacBookになり、価格も最も手頃になります。

I/Oの改善により、M2はMacBook Airに2つのThunderbolt 4ポートと充電用のMagSafeコネクタを搭載することを可能にすると言われています。確定したわけではありませんが、2020年モデルとは異なり、複数の外部ディスプレイを駆動できるノートパソコンになることが予想されます。

新型MacBook AirはMagSafeとThunderbolt 4を搭載する可能性あり

M2は、M1よりも性能が向上しますが、M1 ProやM1 Maxではありません。メディアエンジンや高速化したNeural Engineなど、より多くの技術が詰め込まれることになりそうです。

ウェブカメラは1080pになり、Center Stage用の超広角レンズが搭載されるかもしれません。この機能はiPad Proでデビューし、まだどのMacモデルにも搭載されていません。

Appleは2022年のどの時点でも、M2プロセッサと新型MacBook Airを発表できます。3月のイベントもあり得ますが、チップ不足や世界的な経済問題により、発売が秋にずれ込む可能性もあります。

あわせて読みたい
    error: