Beats Studio Pro

新発売のBeats Studio Proをレビュー!人気ヘッドホンを徹底解説

Beats Studio Proは、Appleが製造・販売するワイヤレスヘッドホンです。2023年8月10日に発売されました。

優れた音質、ノイズキャンセリング機能、長時間のバッテリー駆動時間など、多くの点で優れたヘッドホンです。
音質は、Beatsらしい力強い低音が特徴です。また、高音域もクリアに聞こえます。

今回は、Beats Studio Proのヘッドホンが届きましたので、詳細をレビューでお届けします。
このヘッドホンは、Appleが開発した最新のノイズキャンセリング機能を搭載した高級モデルです。

有線(USB-C)のハイレゾ、iPadとMacで試してみました。空間オーディオも対応。
デザインもかっこいいワイヤレスヘッドホンです。有線にも対応。

Beats Studio Proのレビュー

項目内容
製品名Beats Studio Pro
発売日2023年8月10日
価格49,800円(税込)
カラーブラック、ディープブラウン、ネイビー、サンドストーン
特徴・アクティブノイズキャンセリング機能搭載
・快適な装着感
・長時間のバッテリー駆動時間

ヘッドホンのデザイン

Beats Studio Proのデザインは、シンプルで洗練されたものスタイリッシュです。ヘッドバンドは、柔らかくて快適な素材で作られており、耳にフィットするように調整できます。

ヘッドバンドとイヤーカップには、高品質な素材を使用しています。また、Beats Studio Proは折りたたみ式なので、持ち運びに便利です。

イヤーカップは、大きめで丸い形をしており、耳を完全に覆ってくれます。イヤーカップの外側には、Beatsのロゴが入った金属製のプレートがあります。

このプレートは、タッチ操作ができるようになっており、音量や再生/一時停止などのコントロールが可能です。また、左右のイヤーカップには、マイクロUSBポートと3.5mmオーディオジャックがあります。カラーバリエーションは、ブラック、ディープブラウン、ネイビー、サンドストーンの4種類です。

Beats Studio Proの音質

Beats Studio Proの音質は、素晴らしいものです。このヘッドホンは、Bluetooth 5.0に対応しています。これにより、安定した接続と高速なペアリングが可能になります。

音楽の再生時には、Beats Studio Proは自動的に周囲の騒音を感知してノイズキャンセリングを調整します。この機能は、トランスペアレントモードと呼ばれており、外部の音を聞きたいときにはオフにすることもできます。

音質自体は、低音が強調されたBeatsらしいものですが、中高音もクリアでバランスが良いです。さまざまなジャンルの音楽を楽しむことができます。

音質は、Beatsらしい力強い低音が特徴です。また、高音域もクリアに聞こえます。低音は、重厚で迫力があり、音楽をより楽しむことができます。高音域は、クリアで明瞭に聞こえます。ボーカルや楽器の音がはっきりと聞こえます

ノイズキャンセリング機能

Beats Studio Proのノイズキャンセリング機能は、周囲のノイズを効果的に遮断し、音楽に集中することができます。ノイズキャンセリング機能は、オンにすると周囲のノイズがほとんど聞こえなくなります。これにより、音楽に集中したり、通話に集中したりすることができます。

バッテリー駆動時間

Beats Studio Proのバッテリーは、長持ちします。このヘッドホンは、フル充電で約40時間の連続再生が可能です。また、急速充電機能も備えており、10分間の充電で約3時間の再生が可能です。

バッテリー残量は、イヤーカップのLEDライトやスマートフォンの画面で確認できます。

Beats Studio Proのバッテリー駆動時間は最大40時間と長く、長時間の使用でも安心です。1回の充電で、1日中音楽を聴いたり、通話したりすることができます。

Beats Studio Proは、デザインや音質やバッテリーなどすべてにおいて優れたヘッドホンです。Apple製品との相性も抜群で、Siriやトランスペアレントモードなど便利な機能もあります。

音質、ノイズキャンセリング機能、バッテリー駆動時間など、すべての面で優れたヘッドホンです。音楽を愛する人、ノイズキャンセリング機能が欲しい人におすすめです。価格は高めですが、それだけの価値があると思います。音楽好きならぜひ試してみてください。

ガガログ編集部

ガガログを支える編集部。実際に購入した商品をレビューしたり、サービスを徹底比較して商品の情報を詳しいプロがお届け。おすすめをご紹介しています。

Apple
ガガログ
タイトルとURLをコピーしました