歯の黄ばみ美容

歯の黄ばみを取り除く7つの方法とは?家で歯を白くするホワイトニング対策!

歯の色の変化は微妙な場合もあれば、徐々に起こる場合もあります。

ある程度の黄色は避けられないかもしれません。
歯は、特に年齢を重ねるにつれて、より黄色く見えたり、黒ずんだりします。

飲み物やタバコなどでも変色します。

外側のエナメル質がすり減ると、その下にある黄ばんだ象牙質が目立ちやすくなります。

象牙質は、外側のエナメル質層の下にある石灰化した組織の第二の層です。

歯を白くするためにホワイトニングなど探している場合は、従来の方法に代わるいくつかの方法があります。

ご家庭でのホワイトニングは、製品の使用方法を間違えたり、時間が長すぎたりすると、歯にダメージを与える可能性があるので注意してください。

エナメル質をすり減らしすぎて、知覚過敏や虫歯になる危険性があります。

黄色い歯にホワイトニング対策とは?

黄色の歯を取り除くための7つの方法があります。
研究などから、歯を白くする効果があった方法をご紹介します。

結果がありますので、何もしないよりは、歯の汚れを落として白くする効果があります。



1.正しい方法で頻繁に歯を磨くことが大事

歯を白くしたい場合、頻繁に正しい方法で歯を磨くことです。

特に歯の黄ばみの原因となる食べ物や飲み物を食べた後の歯磨きは重要です。
ただし、酸性の食べ物や飲み物を摂取した直後のブラッシングには注意が必要です。
すぐに磨いてしまうと、酸によってエナメル質がより多く磨かれてしまい、侵食の原因になってしまうことがあります。

最低でも1日2回、1回2分程度の歯磨きをしましょう。
隙間や隙間に入り込むようにしましょう。

歯ぐきを守るために、円を描くように優しく磨きましょう。
歯の内側、外側、噛む面を磨きましょう。

ホワイトニング歯磨き粉を使ったブラッシングも、研究によると、白くすることが科学的に証明されています。

これらのホワイトニング歯磨き粉には、歯の表面の汚れを除去するために歯をこするマイルドな研磨剤が含まれていますが、十分に優しいので安全です。

また、電動歯ブラシを使用すると、表面のステインを除去するのに効果的な場合があります。



2.重曹と過酸化水素で歯の汚れを落とせる?

重曹と過酸化水素をペースト状にしたものを使うと、歯垢や細菌を除去して汚れを落とすことができると言われています。

重曹大さじ1と過酸化水素大さじ2を混ぜてペースト状にします。

このペーストでブラッシングした後は、水で口をよくすすぎます。
同じ比率でマウスウォッシュを作ることもできます。
または、重曹と水で試してみることもできます。

重曹と過酸化水素をネットで購入することもできます。
また、研究では、重曹と過酸化水素を含む歯磨き粉を使用した人々は、歯の汚れを取り除き、歯を白くしたことを発見しました。
6週間後に歯を白くする改善効果がありました。

重曹入りの歯磨き粉に関する研究のレビューでも、歯の汚れを取り除き、歯を白くするために効果的で安全であり、毎日使うことができると結論づけられています。
重曹は、掃除などで汚れをよく落としてくれるイメージがありましたが、歯の汚れも落としてくれます。



3.ココナッツオイルが歯を白くする

ココナッツオイルは、口の中の歯垢や細菌を除去し、歯を白くする効果があると言われています。

ネットで注文できるオーガニックの高品質なココナッツオイルで、有害な成分が含まれていないものを必ず購入しましょう。

液体のココナッツオイルをティースプーン1~2杯ほど口の中に入れ、10~30分ほど振りかけます。
オイルが喉の奥に触れないようにしましょう。

オイルには口の中の毒素や細菌が含まれているので、飲み込まないようにしましょう。
排水溝を詰まらせる可能性があるので、トイレやゴミ箱に吐き出しましょう。

水で口をすすぎ、コップ一杯の水を飲みましょう。その後、歯磨きをしましょう。
油を抜くことによる歯のホワイトニング効果を確認した具体的な研究はありません。

しかし、研究では、ごま油やひまわり油を使った油引きで、歯垢が原因の歯肉炎が減少したという結果が出ています。

プラークが溜まると歯が黄色くなってしまうので、油引きは歯のホワイトニング効果があるかもしれません。

ココナッツオイルを使った油引きの効果については、さらなる研究が必要とされています。

4.リンゴ酢サイダーが歯を白くする?

リンゴ酢サイダーは、ごく少量で歯を白くすることができます。
小さじ2杯のリンゴ酢と水を混ぜて洗口液を作ります。
その溶液を30秒ほど振ります。

その後、水ですすぎ、歯を磨きます。

発表された研究では、リンゴ酢が牛の歯を漂白する効果があることがわかりました。

しかし、歯の硬さや表面の構造にダメージを与える可能性があることには注意が必要です。
そのため、使用には注意し、短時間の使用にとどめるようにしましょう。
これらの知見をさらに発展させるためには、より多くのヒト試験が必要です。

5.レモン、オレンジ、バナナの皮

何人かの人々は、歯にレモン、オレンジ、またはバナナの皮をこすると、それらが白くなると主張しています。

それは、いくつかの柑橘類の果実の皮で発見された化合物のクエン酸が、歯を白くするのに役立つと考えられています。

柑橘類の皮を約2分間、歯の上で優しくこすります。その後、口の中を十分にすすぎ、歯を磨いてください。
使用の効果を証明する科学的研究があります。


★ お気に入り