Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

なぜ赤ちゃんは泣き叫びながら目を覚まして起きる?

赤ちゃんが泣き叫んで起きたら、それは自分の存在か助けが必要だからです。赤ちゃんが安心できるように、自分が一緒にいてあげましょう。

なぜ赤ちゃんは泣き叫びながら目を覚ますのでしょうか?

子どもの泣き声は、母親にとって最もつらい音であり、最も苦痛と心配を与える音です。特に生後間もない赤ちゃんは、コミュニケーションがとれないため、泣き声を聞いて不快感を感じると、どうあやしていいかわからず、大きな不安を抱えてしまいます。この時期、赤ちゃんが頻繁に夜泣きや叫び声をあげて目を覚ます場合、どのような原因が考えられるかをお伝えします。

泣くことで、子どもは自分とコミュニケーションをとり、満たしてほしいことがあることを知らせたり、自分ではうまくできないから助けてほしいとお願いしたりしているのだということを心に留めておく必要があります。

このような状況で最も大切なことは、自分が冷静さを保ち、愛と穏やかさをもって赤ちゃんに接することです。声を荒げたり、怒ったり、絶望したりすると、子どもの苦痛は増すばかりです。何が起きているのかを理解することが、正しい行動をとることにつながります。

赤ちゃんが泣き叫びながら目を覚ます理由を知る

赤ちゃんが泣き叫びながら目を覚ます大きな理由のひとつは、愛着者の不在です。子どもは弱く、大人がいないと生きていけない依存心の強い存在であることを忘れてはいけません。家にいて安全であることを知っていますが、原始的な脳にとっては危険が迫っているのです。

自分の存在が必要

目が覚めたとき、暗闇の中で自分ひとりしかいないことに気づくのは、小さな子どもにとって恐ろしいことです。そのため、最も自然なメカニズムとして、保護者に知らせるために泣くことになります。また、生後8カ月頃になると、赤ちゃんは「分離不安」と呼ばれる状態を経験します。

生後8カ月ごろは、親がいなくなることで、強い見捨てられ感が生じる時期です。そのため、親の存在を感じられるように、そばにいてあげることが大切です。

不快感や不満を感じる

赤ちゃんには、満たされなければならない多くの欲求があります。食事、衛生、快適さは、赤ちゃんが安心して眠りにつくための基本的な要素です。お腹が空いていたり、おむつが濡れていたり、暑さや寒さを感じていたりすると、子どもは不快に感じ、自分の手助けが必要になります。ただし、こうした感覚に敏感なお子さまもいらっしゃいますので、頻繁にお世話をする必要があることも覚えておいてください。

赤ちゃんが病気や歯が生えたときも同じです。痛み、発熱、咳、疝痛などは、赤ちゃんがどう対処していいかわからない不快な状況です。ですから、自分がそばにいてサポートしてあげることが、赤ちゃんを安心させるために必要なのです。

寝付けない

赤ちゃんが泣き叫びながら目を覚ますのは、なかなか寝付けないからかもしれません。赤ちゃんは眠りが浅く、頻繁に目を覚まします。物音や不快な感覚、睡眠相の変化などが、目覚めの原因として挙げられます。この場合、赤ちゃんはまだ疲れていますが、自力で眠りにつくことを学んでいません。そのため、泣いたり叫んだりするのは、欲求不満の表れであり、助けを求めているのです。

夜驚症

最後に、赤ちゃんが泣き叫びながら目を覚ましたり、興奮してとても神経質になっている場合は、夜驚症のエピソードがあるかもしれません。夜驚症は、乳児によく見られる不眠症ですが、早ければ生後12~18ヵ月で発症します。

このとき、子どもは非常に強い恐怖を経験し、叫び声をあげたり、泣いたり、興奮したりします。このエピソードは通常、数秒から数分間続き、乳児は、目が覚めているように見えるものの、実際には起きていないのです。したがって、起こすことは困難で、もしできたとしても、非常に混乱した状態になります。

その後、3歳ごろになると、悪夢を見ることもあります。この場合、幼児は目を覚まし、夢の内容を覚えていることができます。

赤ちゃんが泣き叫んで起きたらどうすればいい?

赤ちゃんが泣いて目を覚ますことがある最も一般的な理由がわかったので、赤ちゃんを理解し、助けてあげることが容易になるです。しかし、ここでは役に立つかもしれないいくつかの方法を紹介します。

赤ちゃんの欲求が満たされていることを確認します。授乳やおむつ、毛布をかけるだけで、快適さが増し、赤ちゃんが落ち着き、睡眠が促されることがあります。

医師に相談します。健康状態に問題がある場合は、かかりつけの小児科医に相談することが大切です。しかし、歯茎のマッサージや冷やした歯固めなどは、たとえば歯が生えるのを助けることができます。同様に、自分の抱っこや言葉かけ、クーイングは、赤ちゃんの気分を良くし、不快な状態に対処するのに役立ちます。

赤ちゃんのそばで眠りましょう。子どもにとって、両親のそばで眠ることはとても心地よいことです。親の存在を感じることで、目が覚めても再び眠りにつくことができます。子供や家庭によって異なりますが、添い寝をするのもよい方法です。いずれにせよ、子どもがひとりで目覚める不安を経験したときには、子どもの呼びかけに応じましょう。

小さなお子さまに寄り添いましょう。
赤ちゃんは眠りの一環として動いたり、音を立てたりすることがありますが、数秒待てば、また安心して眠りにつくことができます。しかし、そうならずに泣き続ける場合は、小さなお子さんのそばにいて、なでたり、話しかけたり、優しく歌ったりしてあげましょう。自分がそこにいることを感じさせてあげてください。子どもが泣くのを放っておくと、大きな不安が生まれます。

時間の問題

結局のところ、生まれてから数年間は、泣いて目を覚ますことはよくあることです。子供が認知的に成長し、自立し、自分で自分をコントロールできるようになれば、自分の絶え間ないサポートや存在が必要なくなるです。

今は、お子さんが愛され、守られていると感じながら成長できるように育ててあげてください。そして、もちろん、相手の呼びかけに応じることです。そうすることで、子供たちは今も将来も苦しまないで済むのです。



あわせて読みたい