コレステロールと血圧を下げ心臓の病気を守る食品

更新日:
ガガログ編集部

心臓にやさしい食品は、健康的な生活を維持し、コレステロール値を下げ、血圧を抑える助けとなります。
これにより、心血管疾患のリスクを減らし、全体的な健康状態を改善します。今回は、そんな心臓に優しい食品について詳しくご紹介します。

低脂肪の乳製品が脳卒中のリスクを減少

低脂肪の乳製品を食事に取り入れることは、脳卒中のリスクを減らすことに繋がります。これは、低脂肪乳製品がコレステロール値を抑え、血圧を管理するのに役立つためです。
無脂肪や低脂肪のヨーグルトや牛乳、リコッタチーズなどを選ぶと良いです。

健康的な食事はキッチンから始まる

健康的な食生活を始めるためには、まずキッチンに健康的な食品を揃えることが大切です。
新鮮な果物や野菜、低脂肪の乳製品、赤身の肉、全粒穀物など、心臓に優しい食品を常備することで、自然と健康的な食事が実現します。

【冷蔵庫の必需品】
新鮮な果物と野菜:ビタミン、ミネラル、および他の栄養素が豊富な果物や野菜は、コレステロール値を改善し、心臓の健康を保つのに役立ちます。
一日に5カップの果物と野菜を摂取することを目指しましょう。

コレステロール、血圧を下げる効果的な食品

以下に、コレステロールを下げ、血圧を管理するのに効果的な食品をご紹介します。これらを日々の食事に取り入れることで、心臓の健康を保つことができます。

りんご、ベリー、ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、セロリ、茄子、ぶどう、ケール、オレンジ、洋ナシ、トマト、ズッキーニなどの新鮮な果物と野菜は、心臓に優しい食品の代表格です。

さらに、低脂肪または無脂肪の乳製品も重要です。バターミルク、低脂肪または無脂肪のチーズ、カッテージチーズやリコッタチーズ、無脂肪または1%のクリームチーズ、牛乳、サワークリーム、ヨーグルト、豆乳、アーモンドミルクなどが含まれます。

タンパク質源としての心臓に優しい選択肢

赤身の牛肉や赤身の挽肉、サーロイン、皮なしの鶏の胸肉、オメガ3を多く含む魚(ニシン、サバ、サケ、マス、マグロなど)、脂肪をカットした豚ヒレ肉、豆腐など、タンパク質源として心臓に優しい選択肢を選びましょう。
これらの食品は、健康的な脂肪を提供し、コレステロール値を低く保ちます。

ブルーベリー、ラズベリー、イチゴなどのベリー類は、抗酸化物質が豊富で、心臓の健康を保つために優れた食品です。

コレステロールを下げる全粒穀物と豆類

豆や全粒穀物は、コレステロールを下げるのに役立つ食物繊維を豊富に含んでいます。以下の食品を食事に取り入れましょう。

大麦、黒豆などの豆類(缶詰でも乾燥でも)、減塩のだし(鶏肉、牛肉、野菜)、全粒穀物、コーン、亜麻仁、小麦粉(全粒小麦)、小麦の果実、クスクス、ポレンタ、キビ、ブルガー、キノアなどの穀物、オーツ麦などが含まれます。

パスタソースも低脂肪または無脂肪のものを選び、全粒小麦のパスタを使用することで、より健康的な食事を実現できます。
キノコのスープやトマトも、低カロリーで栄養価の高い選択肢です。

調味料の選び方にも注意を

調味料やソースには塩分が多く含まれている場合があるため、少量でも速く加算されてしまいます。以下の調味料を少量で使用するよう心がけましょう。

バーベキューソース、ケチャップ、減脂肪または無脂肪のマヨネーズ、全粒粉のマスタード、蜂蜜を使用したマスタード、醤油、酢(米酢、赤ワインビネガー、バルサミコ酢、ラズベリービネガー)などです。

料理用の健康的なオイルを選ぶ

料理でバターを減らし、代わりにオリーブオイルなどの健康的なオイルを使用することも重要です。

無脂肪のマーガリン、オリーブオイル、アップルソース、フルーツピューレ、ヨーグルトなどのベーキング時の脂肪代替品を利用すると、調理の際に摂取する脂肪の量を大幅に減らすことができます。
さらに、サラダドレッシングも減脂肪または無脂肪のものを選ぶことで、カロリー摂取をコントロールできます。

心臓に優しいスナックの選び方

スナックタイムにも心臓に優しい選択をすることが重要です。
スナックやナッツ、ドライフルーツなどを活用し、健康的な間食を楽しみましょう。
具体的には以下のような食品がおすすめです。

種子類(アーモンド、クルミ、ヒマワリの種、ゴマなど)は、栄養価が高く、適量を摂取することで健康を保つのに役立ちます。
全粒粉のパン、トルティーヤ、ピタ、クラッカーも健康的なスナックとして優れています。

ドライフルーツは、甘さを楽しむと同時にビタミンやミネラルを補給できる理想的なスナックです。
ポップコーンケーキや玄米ケーキ、全粒粉のプレッツェル、焼きトルティーヤチップスも良い選択肢です。

塩分の摂取量をコントロール

塩分の摂取量をコントロールすることは、血圧を正常に保つために非常に重要です。
塩分を多く含む食品を避け、以下のハーブやスパイスを利用することで、味を損なうことなく塩分を減らすことができます。

オールスパイス、バジル、ブラックペッパー、シナモン、カレー粉、ガーリックパウダー、ショウガ、オニオンパウダー、パプリカ、パセリ、赤唐辛子などのハーブやスパイスを上手に活用して、風味豊かな料理を作りましょう。

砂糖の摂取を減らす

砂糖の摂取を減らすことも、健康的な食生活において重要なポイントです。
砂糖はカロリーが高く、過剰摂取は健康に悪影響を及ぼします。

できるだけ甘味料を少量に抑え、蜂蜜などの自然な甘味料を利用することで、糖分の摂取量を減らすことができます。

心臓にやさしい食事の一例

実際に心臓に優しい食事をどのように取り入れるかについて、以下に一日の食事例を示します。

朝食には、オーツ麦のシリアルに無脂肪のヨーグルトと新鮮なベリー類をトッピングし、アーモンドミルクを添えます。これにより、食物繊維と抗酸化物質をしっかり摂取できます。

昼食には、全粒粉のトルティーヤにグリルした鶏胸肉、カラフルな野菜(ピーマン、トマト、ケールなど)、アボカドを巻き込み、無脂肪のドレッシングで味付けしたラップサンドを楽しみましょう。

夕食には、オリーブオイルで焼いたサーモンをメインディッシュに、サイドに蒸しブロッコリーとキヌアのサラダを添えます。
サーモンはオメガ3脂肪酸が豊富で、心臓の健康をサポートします。

心臓に優しい食生活のための習慣

心臓に優しい食生活を維持するためには、いくつかの習慣を取り入れることが重要です。

まず、食事の計画を立てることです。週の初めにメニューを考え、必要な食材をリストアップしておくと、バランスの取れた食事を作るのが簡単になります。
また、外食時にはメニューの栄養成分を確認し、できるだけ健康的な選択をするように心がけましょう。

次に、調理方法を工夫することも大切です。揚げ物を避け、焼く、蒸す、煮るなどの健康的な調理法を選びましょう。
さらに、料理に使用する油やバターの量を減らし、代わりに健康的なオイルを使用することで、カロリーを抑えつつ栄養価を高めることができます。

最後に、食事の量を適切に管理することです。一度に大量に食べるのではなく、少量ずつ頻繁に食べることで、血糖値の急上昇を防ぎ、代謝を促進します。
食事のバランスを考え、野菜、タンパク質、全粒穀物をバランスよく取り入れるようにしましょう。

心臓にやさしい食品を積極的に取り入れることで、コレステロール値を下げ、血圧を管理し、心臓の健康を維持することができます。
低脂肪の乳製品、新鮮な果物と野菜、赤身の肉、全粒穀物、健康的なオイルなどを選び、調味料や塩分、砂糖の摂取量をコントロールすることが重要です。

さらに、食事の計画や調理方法、食事の量の管理など、日常の習慣を見直すことで、より健康的な食生活を実現しましょう。
これにより、心血管疾患のリスクを減らし、長期的な健康を守ることができます。

心臓に優しい食生活は、一度にすべてを変える必要はありません。少しずつ改善していくことで、無理なく健康的なライフスタイルを築くことができます。
日々の食事に心臓に優しい食品を取り入れ、健康な未来を目指しましょう。

健康
ガガログ