動脈硬化予防にコレステロール改善サプリ「レイデルポリコサノール10」【商品レビュー】

コレステロール健康

株式会社レインボーアンドネイチャージャパン様からガガログへ「レイデルポリコサノール10」の商品提供を受けましたので、実際に使用した商品レビューをさせて頂きます。

コレステロール値が高いと動脈硬化の原因になり血栓ができるので危ないです。
食生活や運動が大切です。コレステロールには、善玉(HDL)と悪玉(LDL)があります。

動脈硬化が進むことは怖いです。脳梗塞や心筋梗塞など、血管系の病気が起こりやすくなります。
中性脂肪値も高いとさらに急性膵炎を起こします。だから、コレステロールの多い食品を食べることに注意が必要です。
また、高コレステロール血症の原因は、遺伝など体質や生まれつきが原因もあります。

脳梗塞や心筋梗塞はよく聞く病名ですので、健康で長生きしたい方はコレステロールに気をつけてください。

レイデルポリコサノール10の商品レビュー

コレステロールを改善してくれます!

レイデルポリコサノール10の商品内容

商品名:レイデルポリコサノール10
価格:3,240円(税込)※初回限定価格
コレステロールの数値を下げるサプリメント!

コレステロールはワックス状の物質で 本質的に悪いものではありません。
実際、体は細胞を作るのに必要です。しかし、コレステロールの摂り過ぎは問題になりますので、注意が必要です。

悪玉コレステロールを下げてくれます。海外では、なんと730万個販売している商品です。

カプセルタイプで小分けされています。1日1錠飲みます。

ポリコサノールは、コレステロールバランスに働きかけます。
キューバ産サトウキビから抽出した成分です。

コレステロール値を改善してくれて、オーストラリアの薬局では売上1位を記録してるそうです。
このサプリメントを飲むだけで、悪玉コレステロールを下げてくれます。

肝臓が必要なコレステロールをすべて作ります。
体内の残りのコレステロールは、動物由来の食品から得られます。
例えば、肉類、鶏肉、脂肪分の多い乳製品には、すべてコレステロールが含まれています。

これらの食品には、飽和脂肪やトランス脂肪が多く含まれています。
これらの脂肪は、肝臓で通常よりも多くのコレステロールを作る原因となります。
正常なコレステロールレベルから不健康なものになることを意味します。

パーム油、パーム核油、ココナッツ油などのオイルも、肝臓がコレステロールを増やす原因になります。
これらの油は、焼き菓子などに多く含まれています。

コレステロールを下げる食べ物とは?

野菜や海藻、魚類、大豆製品を食事に取り入れて肉類を減らして下さい。飲み物は、アルコールとジュースなど清涼飲料水が危ないです。
緑茶には、LDL(悪玉)コレステロール吸収抑制効果があります。



コレステロールとは?

コレステロールは、細胞膜やエストロゲンやテストステロンなどのホルモンの構成要素として体が必要とする化合物です。肝臓は体内のコレステロールの約80%を生産し、残りは肉、鶏肉、卵、魚、乳製品などの食事源から摂取します。植物由来の食品にはコレステロールは含まれていません。

血液中のコレステロール量は肝臓によって調節されています。食後、食事に含まれるコレステロールは小腸から吸収され、代謝されて肝臓に貯蔵されます。体内でコレステロールが必要になると、肝臓から分泌されることがあります。

コレステロールが体内に多すぎると、動脈の内壁にプラークと呼ばれる沈着物がたまり、動脈が狭くなる原因となります。

コレステロールは血液中を自由に移動することはありません。その代わりに、血液中のリポタンパク質(リポ=脂肪)にくっついたり、運ばれたりしています。
リポタンパク質には3種類あり、コレステロールの量に対してどのくらいのタンパク質があるかによって分類されます。

低密度リポタンパク質(LDL)は、タンパク質に対するコレステロールの比率が高く、「悪玉コレステロール」と考えられています。
LDLリポタンパク質のレベルが高くなると、動脈壁の内側に沿ってコレステロールプラークを形成するのを助けることによって、心臓病、脳卒中、末梢動脈疾患のリスクを増加させます。
時間の経過とともにプラークの蓄積(プラーク沈着)が増えると、動脈が狭くなり(動脈硬化)、血流が低下します。
プラークが破裂すると、血栓ができて血流が悪くなります。この血栓が心臓の冠動脈のいずれかに発生すると、心臓発作や心筋梗塞の原因となります。

高密度リポタンパク質(HDL)は、より高いレベルのタンパク質と低いレベルのコレステロールで構成されています。
これらは「善玉」コレステロールと考えられる傾向があります。そのような比率は、潜在的に心臓病、脳卒中、および末梢動脈疾患に対する保護することができるので、LDLの比率に高いHDLは、それは個々のためのより良いです。

非常に低密度リポタンパク質(VDL)は、LDLよりもさらに少ないタンパク質を含んでいます。
トリグリセリド(脂肪の一種)は、LDLのレベルが高く、HDLのレベルが低い場合、コレステロールを含むプラークを増加させる可能性があります。
総コレステロールスコアは、血液検査によって決定されたHDLコレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリドの20%の合計値です。
スコアが高いと、心血管疾患や脳卒中の発症リスクが高いことを示します。

コレステロールの値が気になる方、健康を気にされる方は、ぜひお試し下さい。
詳細は公式サイトより確認でき、ネット通販で購入出来ます。

コレステロールは多くの食品に含まていて、肉類、魚介類卵類、乳製品、油脂類、菓子類に含まれています。

レイデルポリコサノール10