ベッドの購入なら日本最大級「ベッドスタイル」の通販サイトがおすすめ!

健康

安眠は健康のために最も重要なことのひとつであり、そのためにはサポート力のあるベッドが重要です。そのためには、体を支えるベッドが重要です。悪いマットレスで寝ることの影響は、就寝時間にとどまらず、呼吸や精神面にまで影響を及ぼすことがあります。

古いベッドをお使いの場合、新しいものに交換する時期かもしれません。

ベッドの購入はベッドスタイル

ベッドにも様々な種類があります。ベッドの購入をお考えの方におすすめのベッド専門の通販サイト「ベッドスタイル」をご紹介します。取り扱っている商品数は、2,800点以上で日本最大級です。

ベッドなど全商品送料無料で配送してくれます。ベッドの種類が多くても絞り込み機能により、お探しのベッドが探しやすいです。特集ページがあり、参考になります。

困った際も電話対応やチャット対応してくれます。

サイズからベッドを探したり、タイプから探したり出来ます。テイストやオススメベッドなど
数多くのベッドを取り扱うベッドスタイルでのベッド購入は、ご希望の商品がきっと見つかります。

ベッドスタイルでのお支払い方法は、クレジットカード、コンビニ払い、銀行振り込み、アマゾンペイに対応。

組み立て設置サービスもあり、便利です。収納ベッドなども人気です。
マットレスやお布団なども販売しています。

配送料無料で、月200万人が訪問するベッド専門の通販サイトです。
ぜひ、ベッドスタイルをチェックしてみて下さい。



悪いベッドの症状とは?

ほとんどの人はマットレスのことをあまり考えていませんが、人生の大半をマットレスの上で過ごしていることを考えると不思議です。その時間のほとんどを無意識に過ごしているからといって、ベッドの重要性が低くなるわけではありません。むしろ、その逆です。

マットレスの寿命

ベッドの寿命は、人によって異なります。とはいえ、寝床の寿命に影響を与える要因はたくさんあります。
品質。通常、価格に見合ったものを手に入れることができます。

年齢と体重:体重の重い人は、当然ながらマットレスの圧縮やたるみが早くなります。また、年齢を重ねると、微妙なへこみにも敏感になります。

ライフスタイル:寝るためだけにベッドを使用し、大切に使っていれば、子供が飛び乗ったり、課外活動で跳ねたりしても、その分長持ちします。



古いベッドを捨てるタイミング

ダニ

1,000万匹。これは、一晩に寝るダニの平均数です。この微細なダニは、古い皮膚細胞を食べ、ベッドをトイレ代わりにします。気持ち悪いです。目に見えないのはいいことです。

私たちの多くは、知らず知らずのうちにダニの上で寝ていますが、アレルギーや喘息、皮膚の発疹、横になると胸が締め付けられるなどの症状がある人は、ダニやその糞便にアレルギーがあるかもしれません。

ダニの数が増えすぎないようにするには、シーツをお湯で洗う、ベッドの表面に掃除機をかける、部屋の温度と湿度をできるだけ低くするなどの対策が必要です。

虫は数年かけて増殖していきます。対策をしていない場合は、早めに新しいベッドを検討した方がいいかもしれません。

体の痛み

老朽化したマットレスは、体重のかかる部分がたわんだり、たるんだりします。そうすると、目が覚めたときに、腰痛や肩こり、筋肉痛などの症状が出ることがあります。

安眠できたはずの夜にこのような症状を感じたら、新しいマットレスを探す時期に来ているのかもしれません。後回しにしていると、痛みが慢性化し、ケガの原因にもなりかねません。

変形

変形(たるみ)は、長年体重を支えてきたベッドの表面にくぼみができることで起こります。目に見えるたるみがあるかどうかを見てみましょう。

衛生上の問題

心配なのは、ダニだけではありません。人間は、自分自身がとても汚い生き物です。人間は寝ている間に、皮膚の細胞に加えて、一晩でコップ1杯分の水を分泌します。蒸発しなかった水分は、シーツやマットレスに染み込んでいきます。その結果、カビが発生しやすくなります。

ありがたいことに、防水性のマットレスプロテクターがあれば、この問題を防ぐことができますが、もしベッドにプロテクターを敷いていなかった場合は、胞子が発生している可能性が高いです。

アレルギー

目のかゆみや発疹、呼吸困難を引き起こす原因は、ダニの糞便です。その他の原因としては、カビ、カビ、ペットのフケ、ホコリ、花粉などがあります。

これらはすべて時間の経過とともに蓄積されていくので、ベッドの使用期間が長ければ長いほど、アレルギー反応が起こる可能性は高くなります。

関節の痛み

朝や夜中に目が覚めたときに痛みを感じる場合は、ベッドが原因かもしれません。ベッドが背骨をしっかりと支えていない可能性があります。寝床は時間の経過とともに柔らかくなるのは当然ですが、柔らかすぎると寝返りが打てなくなってしまいます。

横になったときに、背骨が自然に、比較的まっすぐになるようにします。ベッドが古くなると、体が傾いてしまいます。何時間も横になっていると、その影響が出てくるでしょう。

睡眠不足

8時間寝ても目が覚めないのは、ベッドのせいかもしれません。一晩や二晩で死ぬわけではありませんが、慢性的な睡眠不足は、より深刻な健康状態を引き起こす可能性があります。体の修復や回復に必要な時間を奪うだけでなく、適切な就寝時間を確保しないと、日中の眠気や判断力の低下、気分の落ち込みなどが起こります。

ベッドを買い替えませんか?気になる方は日本最大級のベッド通販専門店のベッドスタイルをご覧ください。

ベッドスタイル