Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

目のぼやけやかすみの解消に「メラックスeye」レビュー

 

八幡物産株式会社から販売されている「メラックスeye」を実際に使用しましたので、商品レビューをさせて頂きます。

ルテインには、目の黄斑部の色素量を維持する働きがあり、ブルーライトなど光の刺激からの保護やぼやけやかすみの解消します。

メラックスeyeの商品レビュー

PCやスマホなど光の刺激が気になる方へ

メラックスeyeの商品内容

商品名メラックスeye
価格2,160円(税込)
容量30粒入
評価3.9
メーカー八幡物産株式会社
使用方法1日1粒服用します。
栄養成分1粒ルテイン:25mg
公式サイトやわたのメラックスeye
目の健康にルテインのサプリメント

ルテインにより、ぼやけて見えるのを改善します。ブルーライトからも保護してくれます。

ルテインがもたらす目の健康効果

目の健康のために視力を守り、良いアイケアを実践することは大切です。
年齢を重ねるごとに、目は特定の症状のリスクを抱えるようになります。
白内障や加齢黄斑変性症も増えています。

目に関連する症状や病気から身を守るためには、食事によって目の健康をサポートし、リスク要因を防ぐことができます。
特定の食品に含まれるルテインの栄養素は、目の症状を抑えることがわかっています。

ルテインは、カロテノイドと呼ばれる黄色の有機物質で、植物の光保護や発色に大きな役割を果たしています。
どちらも強力な抗酸化物質です。ルテインは、葉野菜や黄色い野菜・果物に多く含まれています。

ルテインには多くの健康上の利点がありますが、特に、目のダメージや視力低下を防ぐ効果があります。

目は毎日、光と酸素にさらされています。
そのため、目にダメージを与える酸素フリーラジカルが発生します。
ルテインは、このフリーラジカルを中和して、目の細胞にダメージを与えないようにします。

実際、ルテインは、以下のようないくつかの症状に効果があると考えられています。

加齢黄斑変性症
白内障
糖尿病性網膜症
眼底剥離
ぶどう膜炎

目の健康分野は大きく前進しています。
勉強すればするほど、目を守るためにできることが増えていきます。
目の健康をおろそかにしてはいけません。ルテインを含む食品を取り入れたり、目の健康を考えたサプリメントを摂取したりしましょう。

視力矯正が必要な方は、レーシック手術を検討してみてはいかがでしょうか。
レーシックを受けるためには、目が健康でなければなりません。ルテインを含む食品を積極的に摂って、目の健康をサポートしましょう。

ルテインは、カロテノイドと呼ばれるビタミンの一種です。

やわたのメラックスeye

ルテインを多く含む食品

卵黄、ブロッコリー、ほうれん草、ケール、トウモロコシ、オレンジ、キウイフルーツ、ブドウ、ズッキーニ、カボチャなどがあります。
ルテインは、高脂肪の食事と一緒に摂ると最も吸収率が高くなります。

ルテインは「目のビタミン」と呼ばれています。
ルテインは、高齢者の視力低下につながる目の病気(加齢黄斑変性症)や白内障などの目の病気を予防するために、口から摂取するのが一般的です。

ルテインの働き

ルテインは、人間の目(黄斑部と網膜)の色の色素として見られる2つの主要なカロテノイドのうちの1つです。
光のフィルターとして機能し、目の組織を太陽光のダメージから守ると考えられています。

ブルーライトとは何か、目への影響は?

世の中には電磁エネルギーが溢れています。電磁エネルギーは、周りを、そして私たちの中を、波のように飛び交っています。
波の長さは、電波、マイクロ波、赤外線、紫外線などの長いものから、X線やガンマ線などの短いものまでさまざまです。

電磁波のほとんどは目に見えません。ほとんどの電磁波は目に見えませんが、その中でも「可視光」と呼ばれる小さな波は人間の目で見ることができる。
可視光の波長は、380ナノメートル(紫色の光)から700ナノメートル(赤色の光)まで、さまざまな長さがあります。

波の長さが長ければ長いほど、伝達されるエネルギーは少なくなります。青色光は非常に短く、エネルギーの高い波です。
紫外線よりもわずかに長く、弱いのです。紫外線は肌や目にダメージを与えるため、健康の専門家が注意を喚起しています。高エネルギーの青い光の波もほぼ同じくらい強力です。

すべての光の波が空にあるのなら、なぜ通常は青く見えるのでしょうか?
光のスペクトルはすべて大気中を通過していますが、空が青く見えるのは、青い光の波が大気中の窒素や酸素の粒子に跳ね返って散乱しているからです。窒素と酸素の粒子は、青い光を反射するように完璧に形成されています。

一日の終わりには、夕日の光が目に届くまでの距離が長くなるため、青い光の多くが消滅してしまいます。そのため、赤や金の長い光の波が多く見られるようになります。そして、見事な夕日が誕生するのです。

やわたのメラックスeye

ブルーライトを発生させるものは?

ブルーライトは、他の色の可視光と同様に、周りに存在しています。太陽からもブルーライトが出ています。
また、蛍光灯や白熱電球からも出ています。発光ダイオード(LED)を使った機器の普及により、人間はかつてないほど多くのブルーライトにさらされています。

パソコンやノートパソコンの画面、薄型テレビ、携帯電話、タブレット端末などには、ブルーライトを大量に含むLED技術が使われています。

ブルーライトは、可視光線の一部です。ブルーライトの量が多すぎると、網膜細胞にダメージを与える可能性があります。

ブルーライトが目に与える影響は?

目には、ある種の光から目を保護する構造が備わっています。例えば、角膜と水晶体は、目の奥にある光に敏感な網膜を、有害な紫外線から守っています。
しかし、これらの構造はブルーライトを防ぐことはできません。太陽からの自然なブルーライトは、1つの機器からのブルーライトよりもはるかに多いのですから、大量のブルーライトにさらされています。

コロナの影響により、スマホなど1日に12〜14時間使用しており、画面を見る時間が大幅に増加しています。

目のかすみやぼやけが気になる方、スマホやPCの使用時間が長い方は、ルテインの補給にメラックスeyeを飲みましょう。



タイトルとURLをコピーしました