減量に役立つ15の痩せる脂肪燃焼食品とは?ダイエットに効果的な食事の食べ物

更新日:
ガガログ編集部

痩せるためには、必ずしも食品のグループ全体をカットしたり、食事量を減らす必要はありません。それどころか、体に必要なカロリーや栄養素を補給するためには、十分な量を食べる必要があります。

健康的な食事とは、ジャンクフードを食べないことだけではありません。健康的な食生活とは、栄養価が高く、代謝を上げてくれる食べ物を食べることで、ダイエットのスピードを上げることができるのです。

15.マスタード

多くの人は知らないかもしれませんが、マスタードは実は最も健康的な調味料の一つです。マスタードには砂糖は入っておらず、抗酸化物質が豊富に含まれています。また、マスタードに含まれるターメリックは、ガンやアルツハイマー病に効果的なのです。

しかし、マスタードがダイエットに果たす役割について話してみましょう。辛い食べ物は摂取後30分間、代謝を上げるそうです。具体的には、スパイシーなマスタードはこれを行うことができ、自分はそれをかなりどこでも見つけることができます。

14.卵

朝食に卵を食べることは、いくつかの理由から自分たちにとって非常に良いことです。卵には抗酸化物質、ビタミンD、コリンが豊富に含まれており、新陳代謝を高めてくれます。また、タンパク質も豊富で、この調査によると、タンパク質を豊富に含んだ朝食を食べると満腹感が増すとのことです。さらに、調査では、タンパク質を摂取すると13~30%代謝が上がることが明らかになっています。

13.アボカド

アボカドは誰もが大好きなスーパーフルーツです。アボカドには食物繊維と一価不飽和脂肪が豊富に含まれているため、満腹感が得られ、代わりにアボカドをスライスして食べれば、より多くのスナック菓子を食べたくなる可能性が低くなります。

ある調査によると、アボカドを食べている人は、食べない人よりも健康的な食生活をしていて、体重が少ない傾向があるそうです。それだけでなく、アボカドを食べることで代謝が上がり、より自然なエネルギーを得ることができます。

12.ホエイプロテイン

ホエイプロテインは筋肉を作り、修復します。筋肉がカロリーを燃やすことで代謝を上げることができるので、まさに自分たちが欲しがっているものです。脂肪を落とそうとしているのであれば、ホエイプロテインを摂取する必要があります。

運動後や食事を摂れない時には、ホエイプロテインをスクープで摂取してみましょう。

11.シナモン

調査によると、シナモンは熱発育を活性化させ、カロリーの燃焼を助けるだけでなく、お腹の脂肪の蓄積を減らす効果があるそうです。シナモンを素晴らしいものにしているもう一つのことは、それがすでに甘いので、自分たちの料理に砂糖を追加する必要がないことを意味します。

10.くるみ

大学の調査によると、くるみを食べると全体的な空腹感が減り、満腹感が得られることがわかっています。その理由は、これらのナッツを食べることで、空腹感や渇望感をコントロールする脳の領域が活性化されるからです。

また、くるみに含まれるオメガ3脂肪酸は、自分たちの体をより早く脂肪を燃やすようにしてくれます。しかし、脂肪を燃やすことが可能であることを忘れないでください自分は、通常、追加ではなく、自分が通常食べることをいくつかの他のスナックの代わりにクルミを食べた場合にのみ可能です。

9.全粒粉食品

調査では、全粒穀物食品を食べることで、体重減少が有意に改善され、スピードアップすることがわかっています。全粒粉には食物繊維、マグネシウム、ビタミンB6が豊富に含まれています。食物繊維は満腹感を与えてくれるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

8.グレープフルーツ

より多くの脂肪を燃やすならグレープフルーツがカギ!調査によると、この柑橘系のフルーツを6週間食べ続けた人は、ウエストが1インチ痩せたそうです。さらに、日本の調査では、グレープフルーツの香りを嗅ぐだけでも、カロリーを燃やす褐色脂肪細胞を活性化させ、同時に食欲を抑える効果があることが証明されています。

7.梨

梨は減量のために驚くべき別の果物です。相手は自分たちが時間の長い期間のために満腹感を感じるのに役立ちます繊維が豊富です。相手はまた、自然なエネルギーのブーストを提供するフルクトースとブドウ糖を大量に持っています。

さらに良いのは、他の多くの果物とは異なり、梨は自分たちの血流に炭水化物の吸収を遅くするということです。つまり、血糖値の急激な上昇と下降がなく、より多くの食べ物への渇望が少ないことを意味します。

それは納得させるのに十分ではなかった場合、ここでどのように梨の消費は、より良い栄養摂取量、食事の質、および大人の体重パラメータに関連付けられているかを読むことができます。

6.ベリー

ブルーベリーは低カロリーで、カップ1杯のブルーベリーはバナナよりもカロリーが少なく、食物繊維も豊富なので、すでに素晴らしいスタートを切っています。また、抗酸化物質もたっぷり含まれています。

調査では、その食生活にフラボノイド(イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、その他のベリー類に含まれている)が含まれている大人は、体重を増加させる可能性が低いことがわかりました。

5.カイエンペッパー

カイエンペッパーは、唐辛子をホットに

する化合物であるカプサイシンが含まれているため、体重を減らそうとしている場合は、自分のために素晴らしいです。
調査によると、カイエンペッパーは新陳代謝をわずかに高めてくれるとのことで、これはまさにダイエットをしたいときに必要なことなのです。

より多くの調査では、毎食カイエンペッパーを消費する人々は、より少ない欲求を持っていることを示唆しています。

4.ほうれん草

ほうれん草は低カロリーで高栄養なので、ダイエットに最適な食材です。葉酸、リボフラビン、ビタミンB6、マグネシウム、鉄分、カルシウムも含まれています。

3.サツマイモ

サツマイモは食物繊維が豊富なので、空腹を満たして痩せたいときに食べるのに最適です。サツマイモの面白いところは、デンプンと呼ばれる特定の種類の食物繊維が含まれていることです。
発表された調査によると、デンプンは肥満のリスクを減少させます。

2.サーモン

サーモンには他のどの食品よりも多くのオメガ3系脂肪酸が含まれており、非常に体に良いとされています。調査によると、オメガ3系脂肪酸は脂肪燃焼を助けることが示されています。
さらに、サーモンをはじめ、他の脂肪分の多い魚(マグロやサバなど)には、筋肉を作るのに役立つ赤身のタンパク質が豊富に含まれています。筋肉がつくほど、消費カロリーも増えるのです。

1.鶏肉

鶏肉は、減量を目指すのであれば、食べるのに最適な食材の一つです。カロリーが低く、タンパク質が豊富で、食事に取り入れると、除脂肪の筋肉量を増やしながら体脂肪や腹筋脂肪を落とすことができます。

その他の減量に役立つヒント

これらの脂肪燃焼食品を取り入れるだけでなく、日常生活の中でいくつかの簡単なヒントを守ることで、さらに効果的に減量をサポートできます。

1.水分摂取を増やす

水分は新陳代謝を高めるために不可欠です。十分な水分を摂ることで、体内の老廃物を排出し、脂肪の燃焼を促進します。特に食事の前に水を飲むことで、食欲を抑え、カロリー摂取を減らす効果もあります。

2.定期的な運動

適度な運動は、体脂肪を減らすために重要です。特に有酸素運動(ジョギング、サイクリング、スイミングなど)と筋トレを組み合わせることで、効果的に脂肪を燃焼させることができます。

3.食事のバランスを保つ

減量を目指す際にも、栄養バランスの取れた食事が大切です。タンパク質、炭水化物、脂質をバランスよく摂取することで、体の機能を正常に保ち、効率的に脂肪を燃焼させることができます。

4.ストレス管理

ストレスは体重増加の原因になることがあります。リラックスする時間を設け、ストレスを管理することが重要です。ヨガや瞑想、深呼吸などのリラクゼーション法を取り入れてみましょう。

5.十分な睡眠

睡眠不足はホルモンバランスを崩し、食欲を増進させる原因となります。十分な睡眠を確保することで、体のリズムを整え、健康的な体重を維持することができます。

減量を成功させるためには、バランスの取れた食事とライフスタイルの見直しが不可欠です。
ここで紹介した15の脂肪燃焼食品を積極的に取り入れつつ、適度な運動やストレス管理、十分な睡眠を心がけることで、健康的に体重を減らすことができるでしょう。

何よりも大切なのは、無理のない範囲で続けられる方法を見つけることです。長期的な視点で取り組み、健康的な生活習慣を身につけましょう。