iPhoneとMacでのAirDropの使い方

IT

Appleのデバイスをお持ちの方は、特別なコンテンツ共有手段を利用することができます。

2011年にAppleが発表したAirDropは、それ以来、iOSおよびmacOS対応デバイス間で写真や文書などを共有するための最も一般的なサービスとなっています。

Appleのエコシステムらしく、AirDropは非常に簡単で、非常に便利なツールです。以下では、新旧のiPhoneからMacBookまで、お使いのAppleデバイスでAirDropを有効にする方法をご紹介します。

始める前に
AirDropを使用する前に、コンテンツを簡単に共有できるように、事前に確認しておきたいことがいくつかあります。まず、受信側のデバイスが近くにあり、BluetoothまたはWi-Fiの範囲内にあることを確認します。

また、相手の端末がパーソナルホットスポットに接続されていないかどうかも確認しておきましょう。次に、送信先のデバイスのAirDropが「連絡先からのみ受信」に設定されているかどうかを確認するのが賢明です。

設定されていて、自分がその連絡先に登録されている場合、AirDropを機能させるためには、自分のApple IDのメールアドレスまたは携帯電話番号が、そのデバイスの連絡先カードに登録されていることを確認する必要があります。登録されていない場合は、AirDropの受信設定をEveryoneに切り替えてファイルを受信する必要があります。

これを行うには、「設定」、「一般」、「AirDrop」の順に選択すると、すべての検出オプションが表示されます。iPhoneの場合は、コントロールセンターからもこのページにアクセスできます。右上から下に向かってスワイプし、Bluetoothボタンを押しながら、AirDropボタンをさらに押します。

iPhoneでのAirDropの使い方

iPhoneでAirDropを利用する方法は、お使いのiPhoneの世代によって若干異なりますが、iPhone11以降の端末で有効になるショートカットに限った話です。

まず、アプリを開いて、共有したいコンテンツを確認します。そして、共有ボタンをタップします。共有ボタンは、多くの場合、四角いボックスから上に向かって矢印が突き出ているアイコンです。写真アプリから写真を共有する場合は、左右にスワイプして複数の写真を選択することができます。

そして、レーダーのようなアイコンの「AirDrop」ボタンをタップしてください。自分のデバイス、そして共有したいデバイスが、iPhone 11よりも新しいモデルのiPhoneである場合は、相手のiPhoneの方向に自分のiPhoneを向けると、自動的にペアリングされます(画面上部に大きな矢印マークが表示されます)。その端末のユーザーのプロフィール写真をタップすると、選んだコンテンツを共有できます。

その方法は、iPhone 11以前のiPhoneモデルでも、ポイントツーペアの機能が追加されたことを除けば同じです。

AirDropボタンに赤い数字のバッジが表示されている場合は、近くに共有できるデバイスが複数あることを意味します。AirDropボタンをタップしてから、リンクしたいユーザーを選択してください。



AirDropを承認する方法

誰かがAirDropを使って自分と何かを共有すると、自分のデバイスが検出可能である場合、プレビュー付きのアラートが表示されます。承諾または辞退をタップすることができます。

承諾」をタップすると、AirDropは送信元と同じアプリ内に届きます。例えば、写真は「写真」アプリで表示され、ウェブサイトはSafariで開きます。アプリのリンクはApp Storeで開くので、自分の端末でダウンロードや購入ができます。

iPhoneからMacに写真を送るなど、自分に何かをAirDropした場合(下記参照)、「承諾」または「拒否」のオプションは表示されず、自動的に自分のデバイスに送信されます。両方のデバイスが同じApple IDでサインインしていることを確認してください。

Macとの間でAirDropを行う方法

Macでの操作はとても簡単です。他のiPhoneとの共有と同様に、Bluetoothが有効になっているMacであれば、同じ方法で共有することができます(設定は上部ツールバーからアクセスできます)。

MacからiPhoneにコンテンツをAirDropするのも簡単です。Finderのアイコンをクリックするか、検索キーを使ってAirDropを検索し、FinderウィンドウでAirDropを開きます。ウインドウの下部には、iPhoneと同じ発見オプション(「オフ」「連絡先のみ」「全員」)が表示されます。

macOSのAirDropを使ってアイテムを共有するには、2つの方法があります。1つ目は、シンプルなドラッグ&ドロップです。Finderを使って、アイコンをAirDropのウィンドウにドラッグします。利用可能なデバイスがウィンドウ内に表示されるので、アイコンを簡単にドロップすることができます。

2つ目は、iOSのように「共有」ボタンを使う方法です。写真」を含むほとんどのアプリケーションでは、右上に表示され、送信先のデバイスを選ぶことができます。

携帯電話のプライバシーやスクリーンタイムの設定によって、AirDropでデバイスを発見できるようにできない場合があります。

受信オフと表示され、タップしても変更できない場合は、「設定」、「スクリーンタイム」、「コンテンツとプライバシーの制限」の順に選択します。許可されたアプリ」をタップし、AirDrop がオンになっていることを確認します。