影響力を高める7つの強力な説得術とは?ビジネスや恋愛で他人に影響を与える重要な方法!

恋愛

影響力を高めたり、説得力のあるテクニックを使うことについて聞くと、他の人の上にいくつかの力を振り回すことによって、望むものを得るための卑劣な方法を持っていること。
操作されている人を思い浮かべる傾向があります。

状況や他の人のコントロールを得るためにマインドゲームをしている人について考えてみましょう。

現実には、影響力のある人は、日常生活の多くの面で助けてくれます。

生活のあらゆる分野で人々と交流し、コミュニケーションをとるので、影響力を与える能力は非常に有益です。

影響力を高める7つの強力な説得テクニックをご紹介します。

影響力とは?説得力のあるテクニックが他人に影響を与える方法

影響力を高める7つの強力な説得力のあるテクニック

影響力とは何ですか?

影響力は誰かまたは何かに重要な影響を与える力です。
ある人が他の人に影響を与えた場合、その人は何らかの形で他の人を変えていることになります。

それは、何かについてしようとしている決定であったり、特定のトピックについて考える方法であったり、何かについて行く方法であったりする可能性があります。

それは、トピックやテーマについての考え方を変えてもらい、気持ちを認めて、同じような考え方や見方をしてもらうことで、特定の方法で行動することを意味します。

他の人に影響を与えることは、関係するすべての人のためのすべての仕事や厳しい状況を容易にすることができます。

本当に、それは特定のトピックに整列し、誰もが最高だと思うことを肯定的な方法で前進するいくつかの人々を取得することです。

説得力のあるテクニックは、他の人に影響を与えるのを助ける方法。

それらを強制することなく、または強制せずに、考え方に他の人を周りに持って来る能力は信じられないほど有益です。

マネージャーやリーダーであれば、何をしているかを知っていることを人々に示し、生産的な方法で仕事をするようにやる気にさせることができる必要があります。

販売の場合は、製品やサービスが高い価値を持っていることを示すことができる必要があります。

個人的な人間関係においては、パートナーや友人を自分の考え方に影響を与える能力は、複数の人を同じページに乗せて、同じ目標やゲームプランに向かって仕事をする方法を持っています。

要するに、影響力のある形として説得力のあるテクニックを使うことは、他の人にあなたと同じように物事を見てもらい、前進する得るための最高の方法であるということです。

これは職場で非常によく利用しますが、私たちの個人的な関係でも非常に重要です。

説得力のある技術が最もよく働く場所は、 影響が自分を助ける多くの状況がありますが、仕事および個人的な生活は主要なものの2つです。どのように影響力を利用することができるかを見てみましょう。

仕事で販売にいるとしましょう。営業で働くとき、仕事は、会社が提供する何かを販売することです。

これは、窓拭きや配送のようなサービスかもしれませんし、ペーパータオルのような実際の製品かもしれません。

いずれにしても、多くの競争相手がいることは間違いありません。

仕事は、製品やサービスが競争相手に対してどのように積み重ねるかを知って、その製品やサービスの肯定的な側面に基づいてそれを販売することです。

潜在的なバイヤーと話すとき、製品やサービスが会社や顧客にとって正しいソリューションであることを見るポイントに影響を与えることができなければなりません。

もちろん、それが最良のソリューションだと信じていなければなりません。
もう一つの仕事の例は、マネージャーの場合です。

プロジェクトでチームがうまく連携して仕事をするために、強い影響力を持っていなければなりません。

これは、プロジェクトの方向性を示し、チームを成功に導く際に活かされます。 誰かが別の方法で何かを行うべきだと考えている場合、その人の意見に耳を傾け、それを認めることがいかに重要であるかをすぐに知ることができます。

プロジェクトを進めていく中で、リーダーである人が意思決定をすることになりますが、成功への道を示し、導くことが重要です。

その過程で影響を与えることは、信じられないほど貴重なことであることがわかります。

視点と視点から物事を見るためにそれらに影響を与えます。

もちろん、両方の最終的な結果や数字がどのように見えるべきかに同意する必要があります。

ほとんどの場合、様々なチャートや予測と専門家のアドバイスを表示する必要があります。自分のビジョンに一致するように心を変更するためにそれらを得ることができるかどうかを確認してください。

では、影響力を高める7つの強力な説得テクニックを見てみましょう。

影響力を高める7つの強力な説得テクニック これらは、直面している状況に応じて、単独で使用したり、組み合わせて使用したりすることができます。

これらを賢く使えば、望むものをより多く手に入れることができるでしょう。

1.他の人とつながる

他の人に影響を与えるための最も簡単で手っ取り早いテクニックの一つは、単に相手とつながることです。

つながるということは、一緒に時間を過ごし、良い同僚や友人、あるいはどんな関係であっても、存在し、反応していることを意味します。

誰かに接続されていると感じるとき、私たちは相手のアドバイスや物事についての彼らの視点に耳を傾ける可能性がはるかに高くなります。

何かをするために得るためにしようとしているのが好きではない場合、誰かにこれを比較して下さい。

誰の話を聞いて、潜在的に影響を受ける可能性が高いでしょうか?

もちろん、自分が好きな人です。

2.他の人の意見を尊重する

コネクションを作るのと同じように、他の人の意見を尊重するとき、それは適切な時に影響を与えるのを助けることに向かって長い道のりを行く。

それは、他の人に理解されていると感じる必要性に帰結します。

他の人に理解されるという必要性ほど大きな必要性はありません。理解されていると感じるとき、一人ではなく、気持ちを理解してくれる人がいるように感じます。

誰かに自分の意見を尊重していることを示すとき、それは理解されていると感じるようになります。

また、自分の意見は重要なものであり、相手の視点を大切にし、尊重していると感じることができます。

これは、いくつかの深刻なポイントを獲得し、最も強力な説得力のあるテクニックの一つです。

3. 他の人が重要だと感じるようにする

相手の意見を尊重するのと同じように、相手が重要だと感じるようにすることも有益です。
職場で評価され、評価されていると感じることは、仕事のやりがいの第一の要因です。

職場で大切にされている、大切にされていると感じている人が、仕事や上司、会社に最も満足していることが何度も明らかになっています。

相手を大切に感じさせる能力があれば、いざという時に相手に影響を与えるのに役立つことは間違いありません。

上司から「何かで素晴らしい仕事をした」「〇〇のスキルは会社にとって非常に有益だ」と言われた時のことを考えていて、いつも素晴らしい気分になります。

そのような発言の後、すぐにプロジェクトに参加させたり、プロジェクトに参加させたりすることをフォローしてくれたときは、喜んで同意する可能性が高くなります。

4.専門分野で信頼性を築く

時間をかけて専門分野で信頼性を築くと、より多くの人が自分を求めるようになります。

受けた結果や業績を尊重し、信頼性を高めます。信頼性が高まると、人々が自分にアドバイスを求めてくる状況がますます頻繁になります。

ある意味では、特定の分野でのあなたの知識や専門知識のおかげで、人々は自分の影響を受けたいと思っているのです。

そのため、友人や家族が定期的に連絡して、新しいプランや何かを試してみたいと思っている人にアドバイスを求めています。

特定の分野での信頼性に起因しています。皆、それらを持っており、これらの分野ではかなり定期的に影響力を行使することができます。

5.仕事で互恵性の力

昼食や夕食をおごってもらった後、誰かに頼まれたことはありませんか?
これが仕事における互恵性の力です。

誰かが時分のために何か親切にしてくれたとき、それはほとんどの場合、次は自分がその人のために何か親切なことをしなければならないという圧倒的な義務感を誘発します。

マーケティングの観点から見ると、これは会社が自分の購入に対して何か「無料」や「おまけ」をつけてくれているように見えるかもしれません。

“無料”アイテムを含むことによって好意を持っているように感じるので、それは購入することについて強く感じるようになります。

人間関係では、誰かに好意を持っていたり、何かの形で誰かを助けたりすると、これは非常に効果的です。

相手は、自分を助ける義務があると感じます。これは、自分の説得力のあるツールキットの強力なツールです。

6.希少性のテクニック

希少性は、マーケティングで何度も見る影響力のあるテクニックです。

我々は 期間限定オファーや メモリアルデーセールのみのように広告されたものを見るとき、それは私たちの中で緊急性の感覚を作成します。

急いだり、非常に限られたベースで私たちを与えているこの素晴らしいオファーを見逃さないようにしなければならないような気がします。

そして、私たちは見逃すことはしたくありません。

相手は私たちの希少性ボタンを押しています。 これはまた、説得力のあるテクニックの一つとして、個人として私たちによって使用することができます。

もし私たちがチームを率いていて、「この製品を最初に市場に出さなければならない、そうでなければ主要な競合他社が大きなアドバンテージを得ようとしている」というようなことを言っていたら、私たちは最初に市場に出たいと思うようになります。

ナンバーワン企業になることを逃したくないのです。

また、個人的にも使えます。上司は、仕事のいくつかの要素をより良くするのに役立つ追加の資格のために勉強し、達成することを提案するかもしれません。

もし私たちが急いでそれに取り組まなければ、次の昇進を逃してしまうかもしれません。

7.人々が望むものを与える

最後に、素晴らしい影響力を与えるテクニックは、人々が望むものを与えることです。

これは、自分が影響を与えようとしているどのような問題であっても、それが相手にポジティブな影響を与えることを相手が理解できるようにすることで達成することができます。

例えば、自分の会社は、自分が興奮している大きな新しいクライアントを着陸させる機会を持っていると言いましょう。

また、クライアントを獲得するためには、勝ち組の提案書をまとめるのに膨大な量の仕事が必要になることも知っています。

チームが一丸となって提案書の作成に励むように影響を与えるには、この大規模な新規クライアントの獲得が、年間のボーナスやキャリアの成長にどのようにプラスの影響を与えるかをチームで共有することです。

つまり、今年最大の新規案件を獲得したチームであることは、相手のキャリアを成長させるだけでなく、賞賛と報酬を得ることになるでしょう。

自分は、この目標に向かって仕事をすることで、相手が望む何かを得ることができることを示しました。

他の人に影響を与える能力を高めるために、強力な説得力のあるテクニックがどのように役立つかを見てきました。

多くの意味で、他人に影響を与えるということは、人々に共通の目標を達成するために協力してもらうことです。

共に協力してより多くのことを達成することがどれほど素晴らしいことかは、誰もが同意できることだと思います。