Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

シャワーを浴びる頻度は何回くらい必要?

大人になると、基本的なボディケアに関するアドバイスはついてきません。ただ、自分で解決することが前提なのです。それでも、シャワーの浴び方についてのアドバイスは欲しいところです。

毎日水洗いをしないといけないと言われただけで、顔をこわばらせる人がいます。しかし、1日おきに(あるいはもっと長い間隔で)洗っても問題ないと言う人もいます。誰が正しくて、誰が間違っているのか?

シャワーを浴びる頻度は、一律に決められるものではありません。でも、いいこともあります。皮膚科医は、自分が体を洗うべき頻度を知るための方法をたくさん持っています(そして、自分が行き過ぎたり、十分にシャワーを浴びない場合に何が起こるかについての警告もあります)。

シャワーを浴びる頻度は個人差がありますが、活動レベル、肌タイプ、環境暴露などを考慮して、自分にとって最も理にかなった洗濯スケジュールを決めるとよいです。

では、実際にどれくらいの頻度でシャワーを浴びる必要があるのでしょうか?
シャワーの頻度には個人差があり、ライフスタイルやその他の要因によって、必要な頻度は異なります。「シャワーは個々 の決定することができます」

週に数回のシャワーで大丈夫な人もいれば、毎日洗った方がいい人もいます。自分にとって適切な回数は、以下に基づいている可能性があります。

1.自分の活動レベル

激しい運動やスポーツを日常的に行っている人は、シャワーのスケジュールもそれに合わせましょう。それは自分が接触スポーツを再生する場合は特にそうです。「潜在的な細菌やウイルス感染症にさらされる可能性がある場所 (他の選手から)」水泳も同様で、塩素が洗い流されないと皮膚を刺激することがあります。

逆に?座りっぱなしなら、1日おきにシャワーを浴びても問題ないです。

2.自分の仕事

仕事で汚れや化学物質に触れる機会が多いなら、毎日のシャワーは理にかなっています。

3.自分の肌タイプ

乾燥肌や敏感肌の人は、シャワーを頻繁に浴びると、特に熱いお湯を使ったときに刺激を感じることがあるので、週に1回程度の頻度で洗うとよいです。

4.水へのアクセス

日照りが多く、節水を推奨している地域にお住まいの方は、毎日ではなく、1日おきにシャワーを浴びることで、使用量を抑えることができます。

シャワーを十分に浴びないとどうなるか?

1.臭くなるかも

簡単に言うと、頻繁に洗わないと、かなり変な臭いがするようになります。シャワーの回数が少なければ少ないほど、細菌や汚れが皮膚に蓄積し、体臭の原因となる可能性が高くなります。脇の下や股間など、アポクリン汗腺や毛があるところに特に集中することがあります。

2.皮膚感染症のリスクが高くなる

イースト菌や一部の真菌症は、胸の下、胃、鼠径部など、湿気があり、皮膚と皮膚が密着している場所で繁殖します。しかし、頻繁に洗浄することができますこれらのベイで維持します。

3.肌の様子がおかしいかもしれない

肌の見た目も変化し始めるかもしれません。洗顔の回数が少なかったり、不十分だったりすると、皮脂や汗、皮膚のタンパク質が肌に蓄積されます。これは、黒ずんだ、カサカサした、あるいは痂皮で覆われた斑点を特徴とする放置性皮膚炎につながる可能性があります。この斑点は、通常、石鹸と水またはイソプロピルアルコールでこすり洗いすることで除去することができます。

シャワーを浴び過ぎるとどうなる?

1.肌が乾燥する

1日に何度もシャワーを浴びると(乾燥肌や敏感肌の人は1日1回でも)、肌の乾燥やかゆみを引き起こす可能性が高くなります。熱い水と過酷な石鹸の組み合わせは、その自然のオイルの皮膚を奪うことができます。乾燥がひどくなると、皮膚にひび割れが生じ、細菌が皮膚バリアを通過しやすくなり、感染症を引き起こす可能性があるとのことです。

2.皮膚疾患のリスクが高くなる

細菌といえば、石鹸(特に抗菌性の高いもの)の使いすぎは、皮膚の表面に生息する善玉菌の正常なバランスを崩す可能性があります。それが特定の皮膚病のリスクを高める可能性があります。

自分たちの肌が堅牢なバリアとして機能するためには、皮膚上のバクテリアのバランスが重要です。と言います。洗浄して自然な防御機構を低下させることで、実際には良いことよりも害を与えることができます。

洗髪はどのくらいの頻度で行うべき?

シャワーの時間はどれくらいがいい?

3、4分洗ったりこすったりするだけで、体を十分に清潔にすることができるそうです。

もう少しリラックスしたアプローチを好む場合は、シャワーを10分未満に抑えるようにすると推奨しています。それ以上になると、乾燥肌、かゆみなどのリスクが高まる可能性があります。

健康な肌のための5つのシャワーのコツ

自分たちは皆、自分なりのシャワーの習慣を持っています。その中で、いくつかの簡単な習慣を取り入れることで、肌を刺激することなく、きっちりと汚れを落とすことができます。

1.熱いお湯ではなく、ぬるいお湯を使う

蒸し風呂に入りたい衝動に駆られないようにしましょう。ぬるま湯は熱いお湯に比べて、肌から天然オイルを奪い、乾燥を引き起こす可能性が低いです。

2.ヘチマではなく、洗面器を検討する

ヘチマやボディスポンジは古い角質や汚れを集め、完全に乾かないため、バクテリアの温床になりがちだそうです。特に、シャワーを浴びるたびに新しいものを使えば、こうした問題は起こりにくくなります。

ヘチマやボディスポンジを愛用している人は、数週間に一度は交換しましょう。

3.シンプルな石けんを使う

保湿剤入りのクリームやジェルクレンザーは、肌の乾燥を防ぐことができます。抗菌石鹸は避けましょう。皮膚の良い細菌を減少させることができますので、感染症や深刻な体臭を戦っている場合を除き、自分は明確に操縦することができます。

4.頭からつま先まで、臭いの気になるところを重点的にこする

体のあらゆる部分を数秒かけて洗う必要がありますが、特に脇の下と股間は、湿った臭いの原因となる細菌が繁殖しやすいので、注意が必要です。

5.しみこませ、保湿する

肌をこするのではなく、タオルで優しく叩いて乾かし、肌が湿っているうちに保湿剤を塗ることをお勧めします。どちらも、肌の水分を保ち、乾燥を防ぐのに役立ちます。

あわせて読みたい
    error: