特許製法によるビタミンC美容液「スキンウォーター+VCスキンジェル」【商品レビュー】

スキンウォーター+VCスキンジェル美容
5.0

株式会社フィルテック様からガガログへ「スキンウォーター+VCスキンジェル」の商品提供を受けましたので、実際に使用した商品レビューをさせて頂きます。

スキンケア用品で有名なフィルテックの特許製法で製造されているビタミンC美容液【VCスキンジェル】です。

スキンウォーター+VCスキンジェルの商品レビュー

半導体技術によるスチーム水を使用

スキンウォーター+VCスキンジェルの商品内容

5種類のビタミンC誘導体、ビタミンなど高濃度で配合

半導体技術によるスチーム水を開発して使用。VCスキンジェルは、99%の保湿、美容成分が贅沢な美容液です。
肌の乾燥でお悩みの方におすすめ。


実際に届いた商品を使うと評判通りに保湿力がとても高い商品です。
一回使い切りタイプになっていて、1箱30包入っています。持ち運びに便利でお外でも使いやすいです。
触った感じは、ジェル状タイプの美容液。伸びやすくて、馴染みやすいです。ベタつきはありませんでした。
乾燥肌の方に、高い保湿効果を実感出来ます。

特許製法を使用した美容液。浸透力が優れているので、お肌の角質層まで有効成分を届けてくれます。

お肌のキメ、ハリ・ツヤ、肌荒れ、ニキビ、毛穴、ダメージなどお肌の悩みを解決してくれます。
うるおい効果が抜群です。半導体技術により、浸透力が高く、美容成分をしっかりと届けてくれ、乳化剤不使用なので、敏感肌の人にも最適。

キメを整えてくれて、美肌に近づきます。透明なハリや潤いがあるお肌になります。
隠れ乾燥肌の方は多いです。女性の8割以上が当てはまると言われています。

肌のハリやくすみが消えて、明るさが出てきて、毛穴も目立たなくなりました。
詳細については公式サイトをご確認下さい。通販で注文可能です。



乾燥肌の原因とは?

乾燥肌というのは、通常は深刻なものではありません。ほとんどの場合、暑かったり寒かったり、空気中の水分量が少なかったり、お湯に浸かっていたりすることが原因です。

保湿剤を使ったり、乾燥のきつい石鹸を避けたりと、自分でできることはたくさんあります。しかし、乾燥肌が頻繁に起こったり、ひどい場合もあります。
そのような場合は、専用の美容液の助けが必要になるかもしれません。

乾燥肌は一時的なものであることが多く、例えば冬場だけに起こることもありますが、一生続くものである可能性もあります。乾燥肌の兆候や症状は、年齢、健康状態、住んでいる場所、屋外で過ごす時間、原因によって異なります。乾燥肌は、次のような症状を引き起こす可能性があります。

乾燥肌の症状

特にシャワー、入浴、水泳の後の肌のつっぱり感
手触りや見た目が荒れている肌
細かい線やひび割れ
赤み
出血する可能性のある深いひび割れ

乾燥肌の悪影響

努力をしても肌が改善しない。
乾燥肌は赤みを伴う
乾燥やかゆみが睡眠を妨げる
ひっかき傷で開いたただれや感染症がある場合
スケーリングや皮がむけている部分が大きい方

乾燥肌には環境的な原因があることが多いです。
特定の病気もまた、お肌に大きな影響を与える可能性があります。
乾燥肌の潜在的な原因としては、以下のようなものがあります。

天候。肌が最も乾燥しやすいのは、気温や湿度が下がる冬です。
しかし、気温が高い地域に住んでいる場合は、季節はそれほど重要ではないかもしれません。

暖房器具は、湿度を下げ、肌を乾燥させます。熱いお風呂とシャワー。
熱いシャワーやお風呂に長時間入ると、肌が乾燥します。また、塩素の多いプールなどで頻繁に泳ぐことも、肌を乾燥させる原因になります。
刺激の強い石鹸や洗剤。多くの一般的な石鹸、洗剤、シャンプーは、油分を取り除くために作られているため、お肌から水分を奪ってしまいます。
その他の皮膚疾患。アトピー性皮膚炎(湿疹)や乾癬などの皮膚疾患を持つ人は、乾燥肌になりやすいです。

乾燥肌は誰でも発症する可能性があります。しかし、以下のような方は発症しやすいかもしれません。

乾燥肌になりやすい方とは?

40代以上の方。高齢者の50%以上が乾燥肌です。
乾燥した寒い地域や湿度の低い地域に住んでいる。
介護やヘアスタイリングなど、肌を水に浸す必要のある仕事をしている。
塩素の入ったプールで頻繁に泳ぐ。

乾燥肌は通常は無害です。しかし、ケアを怠ると、乾燥肌は次のような症状を引き起こすことがあります。

アトピー性皮膚炎(湿疹)。あなたがこの状態を発症しやすい場合は、過度の乾燥が病気の活性化につながり、赤み、ひび割れ、炎症を引き起こす可能性があります。
感染症を起こします。乾燥した皮膚がひび割れ、細菌が侵入して感染症を引き起こすことがあります。
これらの合併症は、お肌の正常な保護機能が著しく低下している場合に起こりやすくなります。例えば、深刻な乾燥肌は、深い亀裂や亀裂を引き起こす可能性がありますが、それは細菌の侵入のための道を提供し、開いて出血することができます。

肌を保湿して改善するには?

保湿剤は肌を密封して水分を逃がさないようにします。
水を浴びる時間を制限する。お風呂やシャワーの時間は10分以内にしましょう。ダイヤルの温度は高温ではなく、温水にしましょう。入浴は一日一回までにしましょう。

お肌の乾燥対策をしていますか?

乾燥を防ぐために、石鹸を使わない。クレンジングクリーム、肌に優しい洗顔料、シャワージェルに保湿剤を加えたものを試してみてください。
寒い日や風の強い日には、できるだけ多くの肌を覆うようにしましょう。冬は特に肌が乾燥しやすいので、外出時にはマフラー、帽子、手袋を着用するようにしましょう。
ゴム手袋を着用しましょう。手を水に浸したり、刺激の強い洗顔料を使用したりする場合は、手袋を着用することで肌を保護することができます。

★ お気に入り追加