Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

加齢による肌への影響とは?お肌が荒れない方法と老化する原因!

 

私たちの肌は、年齢を重ねるごとに、太陽や厳しい天候、悪い習慣など、さまざまな力に翻弄されています。しかし、私たちの肌をしなやかでみずみずしい状態に保つための対策を講じることはできます。

お肌の老化は、ライフスタイル、食生活、遺伝、その他の生活習慣など、様々な要因に左右されます。例えば、喫煙はフリーラジカルを発生させ、かつては健康に良いとされていた酸素分子が、今では過剰に活性化されて不安定になっています。フリーラジカルは細胞にダメージを与え、特に早期のシワの原因となります。

その他の理由もあります。シワやシミの原因となる主な要因には、通常の加齢、太陽への曝露(光老化)や汚染、皮下サポート(皮膚と筋肉の間にある脂肪組織)の低下などがあります。その他にも、ストレス、重力、毎日の顔の動き、肥満、睡眠姿勢なども肌の老化の一因となります。

加齢に伴う肌の変化
年齢を重ねると、このような変化が自然と起こります。

肌が荒れてきます。
皮膚に良性腫瘍などの病変が発生する。
皮膚がたるむ。年齢とともに皮膚の弾力組織(エラスチン)が失われると、皮膚がゆるく垂れ下がってきます。
皮膚が透明になる。これは、表皮(皮膚の表層)が薄くなることが原因です。
皮膚がもろくなる。表皮と真皮(表皮の下にある皮膚の層)が一緒になる部分が平らになることで起こります。
皮膚があざができやすくなります。これは血管壁が薄くなるためです。
皮膚の下の変化はまた、私たちが年齢を重ねるにつれて明らかになります。それらには以下のようなものがあります。

頬、こめかみ、あご、鼻、目の周りの皮膚の下の脂肪の損失は、皮膚の緩み、日焼けした目、および「骨格」の外観をもたらす可能性があります。
骨の喪失は、主に口の周りとあごの周りで、60歳を過ぎると明らかになり、口の周りの皮膚の腫れの原因となります。
鼻の軟骨の損失は、鼻先の垂れ下がりと鼻の骨構造の強調を引き起こします。
高品質な美容成分を贅沢に配合【ケラナットTM】

太陽とお肌
日光を浴びることは、肌の老化の最大の原因です。

太陽の紫外線(UV)は、時間の経過とともに、エラスチンと呼ばれる皮膚の特定の繊維にダメージを与えます。エラスチンの繊維が破壊されると、皮膚はたるみ、伸び、伸びた後の皮膚の折れ曲がりが悪くなります。また、肌はあざや裂けやすくなり、治るまでに時間がかかります。若いうちは太陽のダメージは目立たないかもしれませんが、人生の後半には目立ってきます。

皮膚は時に自己修復することができますが、太陽のダメージを完全に元に戻すことはできません。レーザーはまた、ダメージの一部を元に戻すのに役立ちます。ですから、日焼けや皮膚がんから身を守るために、今からでも遅くはありません。日光を避け、カバーをし、帽子をかぶり、日焼け止めを使う習慣をつけることで、老化に伴う変化を遅らせることができます。

その他の肌の変化
肌の変化をもたらす二次的な要因として、重力、顔の動き、睡眠時の姿勢などが挙げられます。肌の弾力性が失われると、重力の影響で眉毛やまぶたが垂れ下がり、頬やあごの下のたるみや膨らみ(あごや二重あご)、耳たぶが長くなるなどの症状が出てきます。

表情筋は、肌の弾力性が失われ始めると(通常、30代、40代になると)、より顕著になります。また、額の横方向、鼻の付け根の上の皮膚の縦方向、こめかみ、頬の上、口の周りにも小さな曲線状のシワが見られます。

寝ジワは、枕の上での頭の置き方に起因するもので、皮膚の弾力性が失われた後に目立ちやすくなることがあります。寝ジワは額の横、眉上からこめかみ付近の髪の毛の生え際、頬の中央に多く見られます。仰向けで寝ることで、これらの寝ジワが改善されたり、悪化するのを防ぐことができます。

喫煙者は、同じ年齢、顔色、日焼け歴のある非喫煙者に比べてシワが多い傾向にあります。

乾燥肌やかゆみは、晩年によく見られます。高齢者の約85%が「冬のかゆみ」を発症するのは、暖房の効きすぎた室内空気が乾燥しているからです。また、加齢による油腺の減少も乾燥肌を悪化させる可能性があります。さらに肌を乾燥させるもの(石鹸の使いすぎや熱いお風呂など)は、さらに悪化させてしまいます。肌が非常に乾燥してかゆい場合は、睡眠に影響を与えたり、イライラしやすくなったり、病気の症状である可能性があるので、医師の診察を受けましょう。薬によってはかゆみを悪化させるものもあります。

【RF28 スカルプエッセンス】

タイトルとURLをコピーしました