Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
Apple
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

行儀が良い子供を育てる秘訣とは?

 

子供の気分の落ち込み、健康状態の悪化、学習意欲の低下の重要な原因となっています。

十分な睡眠がとれないと、10代の若者は気分が落ち込み、健康状態も悪くなり、学習能力も低下します。

10代の悩みは、ホルモンの変化が原因の一つではありますが、睡眠不足はやる気や気分の低下に大きく影響。

思春期の変化により、10代の若者は大人よりも多くの睡眠を必要とし、多くの若者は午後11時前に眠ることが難しく、午前2時や3時まで起きていることもあります。

思春期になると、睡眠と覚醒のサイクルを司る脳の一部である視交叉上核が変化します。

また、10代の脳はメラトニンの分泌量が少ないため、「睡眠欲」が減退します。

その結果、学校や大学のために翌日6時に起床しなければならず、必要な8〜10時間の睡眠をとることが難しくなるのです。

教育者や一部の親は、10代の若者が怠けていると考えているようですが、実際には思春期の体内時計に問題があります。

一貫して思春期の睡眠の健康と学習にメリットがありますが、早い開始時間がそのようなことにプラスの影響を与えることを示す証拠はないです。

睡眠不足の10代の若者は、一貫して学校での成績が悪く、うつ病になりやすく、健康上の問題も多いことが分かりました。

始業時間を8時30分よりも早くならないように遅らせることを呼びかけていることを受けて行われたものです。

これは驚くべきことではありません。

例えば、ある学校に通う青年たちの起床時間をわずか25分遅らせました。

すると、その後、1日8時間以上の睡眠をとる生徒が18%から44%に急増したことがわかりました。

また、日中の眠気が減り、落ち込むことも少なくなり、カフェインの摂取量も減ったといいます。

すでにいくつかの変化が始まっています。

特に学校では、18歳と19歳の生徒に新しい遅刻ポリシーを導入したところ、学業成績が大幅に向上したそうです。

良い政策は良い証拠に基づいて行われるべきであり、データは、現在、子供たちが不適切な教育時間を余儀なくされていることで、非常に不利な状況に置かれていることを分かっています。

タイトルとURLをコピーしました