Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

妊娠中のオリーブオイルの摂取で赤ちゃんへの影響や効果について

妊娠中のエキストラバージンオリーブオイルは、母体にも胎児にも有益な製品です。

妊娠中のオリーブオイルの摂取:赤ちゃんに与える影響

オリーブオイルは、妊娠中に摂取するのに最適な食品の1つです。必須脂肪酸である不飽和脂肪酸を多く含み、母体の健康と胎児の発育の両方を向上させるからです。

しかし、この製品は生で食べることが必須です。そうしないと、構成する分子の空間配置が変化し、性質が変わってしまう可能性があります。トランス脂肪酸が発生すると、炎症を起こしやすい性質を持つ質の悪い食品とみなされるのです。

妊娠中のオリーブオイルの効果を知ろう

まずは、妊婦の食事にオリーブオイルを取り入れることの主な効果についてコメントします。強調すべきは、バラエティに富んだバランスの良い食事の中で導入することです。

妊娠中のオリーブオイルは悪玉コレステロールを減らす

オリーブオイルの特性の1つは、脂質プロファイルへの影響と関係があります。オリーブオイルに含まれる脂肪酸は、LDLリポタンパク質の酸化を抑制し、血液中のLDLリポタンパク質の存在を減少させることが可能です。これは心血管系のリスクを著しく低下させるとのことです。

オリーブオイルは血行を良くする

さらに、エキストラバージンオリーブオイルを定期的に摂取することで、血圧を下げ、血行を良くする効果が期待できます。この製品は、血栓の形成を防ぐ抗炎症作用を生み出します。さらに、含まれるビタミンEも抗酸化化合物であり、動脈硬化のリスクを軽減します。

赤ちゃんへのオリーブオイルの効果

エクストラバージンオリーブオイルの摂取は、母親にとって有益なだけでなく、子供にも良い影響を与えます。これらは以下の通りです。

オリーブオイルは赤ちゃんの成長を促します

良質なオイルを食事に取り入れることは、適切なカロリーの摂取による赤ちゃんの最適な成長を促します。妊娠中や人生の初期には、新しい組織を作るためのエネルギー需要を満たすために、高カロリーの食事が最適であることを考慮する必要があります。

良好な発育を促す

妊娠中のオメガ3脂肪酸の継続的な摂取は、胎児の神経系疾患のリスク軽減につながることが証明されています。これらの脂質のおかげで、自閉症や注意欠陥が軽減されるのです。

小児コレステロールの予防

脂質組成の変化は大人だけの問題ではなく、子どもにも起こりうることです。このような状況を避けるためには、オメガ3脂肪酸を継続的に摂取し、新鮮な食品を優先的に摂取することが重要です。こうすることで、リポタンパク質の酸化とその退化を抑えることができます。

妊娠中のオリーブオイルはビタミンを供給します

エキストラバージンオリーブオイルは、脂肪だけでなく、ビタミンEなどの重要な微量栄養素も含んでいます。

消化器系の機能改善

オリーブオイルの抗炎症作用のおかげで、消化が容易になります。便秘を改善し、糞便の潤滑性を高め、管内を最適に通過させることができます。ただし、非常にエネルギーの高い食品であるため、過剰に摂取することは禁物です。

オリーブオイル 妊娠中の有益な製品

このように、妊娠中の食事にオリーブオイルを取り入れることは、母体にも胎児にも有益です。エキストラ・バージン・オイルを選べば、とても上質です。これは、オリーブの一番搾りから得られるものです。

しかし、この食品はできるだけ生で食べるべきであることを忘れないでください。炒めると品質が落ち、炎症を起こす可能性があるからです。オリーブに含まれる脂肪酸は、非常に高い熱にさらされると変化してしまいます。



あわせて読みたい