車内での音楽は気分を高揚させるのかそれとも気を散らすのか?

特集

多くの人が、音楽を聴く場所は車の中だと答えています。
車の中で音楽を聴くことは、集中力を高めるのに有効だと考える人も多いでしょう。しかし、その音楽が気を散らしてしまい、かえって危険な場合もあるのではないでしょうか?

これだけ普及しているにもかかわらず、どのような影響があるのか、ほとんど分かっていないのが現状です。

安全な音楽?
運転するよう求められました。スピード違反や尾行、片手運転などのミスをするたびに、メモがとられました。

車内で流す音楽については、3つの条件がありました。

ドライバーが選んだもの。
最も人気のあるジャンルはダンス、トランス・テクノ。
「安全な」音楽を提供。
音楽なし。

ドライバーは、何も聴かないよりも、提供する「安全な」音楽を聴く方がはるかに好きであることは疑う余地がないです。

問題は、自分の音楽を聴いているときの方が、若いドライバーがミスをする可能性が高いことでした。
自分の音楽に合わせてより積極的に運転し、より注意力を失っていました。

提供した音楽は、音楽がない状態よりも安全であることが分かりました。

初心者を対象としているので、経験豊富なドライバーについてはあまりわかりません。経験豊富なドライバーは、音楽の影響をそれほど受けないのかもしれません。

音楽を聴くと注意力が高まる?
多くの人は、運転中に音楽を聴くことの主な利点は、長距離の運転で注意力を維持することだと考えています。

しかし、音楽を聴いても大きな違いはないという証拠はほとんどありません。窓を閉めていても、ほとんど効果はないです。

覚醒度が問題であれば、仮眠のために停車して、コーヒーやエナジードリンクを飲んだ方がはるかに良いです。

カーオーディオ
運転中に音楽を聴くことの主なメリットは、誰の目にも明らかである。デメリットは今のところあまりはっきりしていないです。例えば、歌に合わせて歌う習慣が運転にどのような影響を与えているかは、誰もが知るところです。

音楽を聴くことのデメリットが、経験豊富なドライバーにも当てはまるかどうかは、今後の研究を待たねばならないでしょう。

それまでは、もし運転初心者なら、運転中にお気に入りの音楽を聴くのは避けた方がいいでしょう。気分はいいかもしれませんが、同時により危険なドライバーにしてしまいます。

お気に入り
タイトルとURLをコピーしました