WBC侍ジャパン

WBC日本代表侍ジャパンの試合結果・最新情報まとめ【2023年野球】

WBC2023の最新ニュースや試合日程・結果、出場選手情報など、大会に関する情報を掲載しております。

執筆者
gagalog編集部

gagalogを支える編集部。実際に購入した商品をレビューしたり、サービスを徹底比較して商品の情報を詳しいプロがお届け。おすすめをご紹介しています。

WBCとは?

WBCとは、World Baseball Classicの略称で、世界中の強豪国が出場する野球の国際大会です。2006年に初めて開催され、4年に1度開催されています。 WBCは、日本を含む16の国と地域が参加し、その人気は年々高まっています。日本代表の過去のWBCでは、2006年・2009年・2013年の3大会で優勝しており、2017年には2位に入っています。特に日本の野球ファンにとっては注目の大会です。

WBCの歴代優勝国

WBCの歴代優勝国は、日本、ドミニカ共和国、アメリカの3か国です。日本は3回、ドミニカ共和国とアメリカは各1回の優勝回数があります。

2023年に開催されたWBCにおいて、日本代表・侍ジャパンは1次ラウンドでプールBを戦い、中国代表、韓国代表、チェコ共和国代表、オーストラリア代表と対戦しました。各プール上位2チームによる準々決勝ラウンド進出します。日本は、各チームに勝利してます。

WBC2023年に出場する20か国の一覧

WBC2023年に出場する20か国の一覧は、以下です。

プールA: 台湾、オランダ、キューバ、イタリア、パナマ
プールB: 日本、韓国、オーストラリア、中国、チェコ
プールC: アメリカ、メキシコ、コロンビア、カナダ、イギリス
プールD: プエルトリコ、ベネズエラ、ドミニカ共和国、イスラエル、ニカラグア

また、試合日程やテレビ放送予定については公式サイトでも確認することができます。

WBC2023年日本の試合結果情報

1次ラウンド・プールBの日本試合結果

日本7ーオーストラリア1(3/12)
日本10ーチェコ2(3/11)
日本13ー韓国4(3/10)
日本8ー中国1(3/9)

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表

侍ジャパンの出場選手情報

栗山英樹監督が1月26日に行った会見で、侍ジャパンの出場選手30名が発表されました。
侍ジャパンオフィシャルサイトでも、WBC2023の出場選手一覧が公開。各チームの最終決定メンバーは2月9日に発表されました。侍ジャパンの監督は栗山英樹氏、コーチングスタッフには白井一幸氏、吉村禎章氏、清水雅治氏、吉井理人氏、厚澤和幸氏が就任。

WBC代表メンバー

【投手】
◆ダルビッシュ 有(サンディエゴ・パドレス)
◆戸郷 翔征(読売ジャイアンツ)
◆松井 裕樹(東北楽天ゴールデンイーグルス)
◆佐々木 朗希(千葉ロッテマリーンズ)
◆大勢(読売ジャイアンツ)
◆大谷 翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)
◆伊藤 大海(北海道日本ハムファイターズ)
◆山本 由伸(オリックス・バファローズ)
◆栗林 良吏(広島東洋カープ)
◆今永 昇太(横浜DeNAベイスターズ)
◆湯浅 京己(阪神タイガース)
◆宇田川 優希(オリックス・バファローズ)
◆高橋 宏斗(中日ドラゴンズ)
◆宮城 大弥(オリックス・バファローズ)
◆高橋 奎二(東京ヤクルトスワローズ)

【捕手】
◆大城 卓三(読売ジャイアンツ)
◆中村 悠平(東京ヤクルトスワローズ)
◆甲斐拓也(福岡ソフトバンクホークス)

【内野手】
◆山田 哲人(東京ヤクルトスワローズ)
◆源田 壮亮(埼玉西武ライオンズ)
◆牧 秀悟(横浜DeNAベイスターズ)
◆中野 拓夢(阪神タイガース)
◆岡本 和真(読売ジャイアンツ)
◆山川 穂高(埼玉西武ライオンズ)
◆村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)
◆山田哲人(読売ジャイアンツ)

【外野手】
◆牧原 大成(福岡ソフトバンクホークス)
◆近藤 健介(福岡ソフトバンクホークス)
◆周東 佑京(福岡ソフトバンクホークス)
◆ラーズ ヌートバー(セントルイス・カージナルス)
◆吉田 正尚(ボストン・レッドソックス)

WBC おすすめグッズ

WBCをプライムビデオで動画視聴する

2023年3月開催「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC(WBC)」について、アマゾンプライムビデオでWBCの動画が配信されています。マルチアングル配信。選手を追うカメラ、バックネット視点のカメラに任意で切り替え可能です。Amazonプライム30日間無料です。日本代表戦がライブ配信されるとのことで、佐々木朗希選手などの活躍が期待されます。WBCを全試合視聴したい場合は、J SPORTSチャンネルの無料体験がおすすめされています。

WBC試合日程・方法

WBCの試合日程については、第1次ラウンドから決勝までの日程が発表されています。詳しくは、公式サイトをご確認ください。
日本代表の試合はTBS系列でも放送されます。Amazonプライムビデオでは日本代表「侍ジャパン」の全試合と準々決勝(3月6日のみ)、準決勝、決勝をライブ配信されます。

Amazonプライム【30日間無料】

WBCチケット

「World Baseball Classic 2023」の公式ウェブサイトでは、チケット情報が掲載されており、一次ラウンド(東京プール)から準決勝ラウンドまでの期間中のチケット販売に関する情報があります。また、東京ドームで開催されるWBCに関するチケットは、ショッピングサイトの「チケットぴあ」でも販売されているようです。詳細は公式ウェブサイトを確認してください。

WBC ボールの違い

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)において、日本のプロ野球と異なるボールが使用されていることが知られています。WBCで使われているボールは、MLBのボールと同じものが使用されているため、日本のプロ野球で採用されているミズノ社製ボールとは異なる特徴があります。

ボールの特徴としては、WBC球の方が縫い目が低く、表面がツルツルしており、硬く変形しないことが挙げられます。また、WBC球は日本のプロ野球で使われる球よりも滑りやすいため、投手や野手にとって扱いにくく感じることがあるようです。国際野球大会において、WBC球と日本のプロ野球球の違いが話題になることがあります。

WBCの球数制限・登板間隔のルール

1次ラウンドは65球、2次ラウンド(準々決勝)は80球、決勝ラウンド(準決勝・決勝)は95球となっており、打席中に球数の制限に達した場合は、その打席が完了するまで投球可能であること、また50球以上は中4日、30球以上もしくは連投した場合は中1日の登板間隔が必要であることが説明されています。また、打席中に投球制限に達した場合はその打者の打席完了まで投球でき、敬遠の球数は投球数に含まれないです。

WBCの球数制限・登板間隔のルールは、ラウンドによって異なり、登板間隔も試合後の投球数に応じて決まります。

侍ジャパン注目選手の成績情報

大谷 翔平

大谷翔平選手は、2022年シーズンにアメリカン・リーグのロサンゼルス・エンゼルスでプレーし、投手として166.0イニングを投げ、15勝9敗の成績を残しました。投手成績では、アメリカン・リーグで20位にランクインしました。また、彼は打者としても活躍し、打率.286、31本塁打、94打点という成績を残しました。打者成績においては、リーグ1位の記録はありませんでしたが、31本塁打はアメリカン・リーグで14位の成績でした。

ダルビッシュ 有

ダルビッシュ 有選手は複数回にわたり、野球世界一決定戦であるWBC日本代表に選出されています。過去のWBC大会におけるダルビッシュ 有選手の成績は以下の通りです。

第2回WBC(2009年):ダルビッシュ 有選手は日本代表チームのエースとして活躍し、準々決勝の韓国戦で先発登板しました。しかし、6回途中で降板する形となり、チームは敗退しました。

第3回WBC(2013年):ダルビッシュ 有選手は、日本代表チームのエースとして活躍し、2試合に登板しました。そのうちの1試合では、オランダ代表との準々決勝で8回を無失点に抑え、チームの勝利に貢献しました。チームはその後、優勝を果たしました。

第4回WBC(2017年):ダルビッシュ 有選手は、第2ラウンドの対キューバ戦で先発登板しましたが、2回2/3を投げて6失点と打ち込まれ、チームは敗退しました。

ダルビッシュ 有選手は第5回WBC(2023年)の日本代表候補にも選ばれています。

ラーズ・ヌートバー

ラーズ・ヌートバーは、2022年のメジャーリーグでプレーしており、打率は。228でした 。また、通算成績は、166試合で打率。231、ホームラン19本、55打点であると報じられています。2023年に約1億3,000万円の年俸を獲得。

佐々木朗希

佐々木朗希(ささき ろうき)選手の2022年の成績については、勝利数は11位、奪三振は2位でした。
佐々木朗希選手は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手であり、千葉ロッテマリーンズ所属の右投右打の投手です。愛称は「令和の怪物」と呼ばれ、日本プロ野球(NPB)記録かつ世界記録となる13者連続奪三振やプロ野球タイ記録の1試合19奪三振など、多くの記録を保持しています。

佐々木選手は中学時代から注目を集め、2019年のプロ野球ドラフト会議で1位指名を受けてプロ入りしました。2022年には日本プロ野球史上最年少の完全試合を達成するなど、今後の成長に期待が寄せられています。

また、佐々木選手は2023年のWBCにも出場しており、強力な投手陣の一員として活躍しています。
2022年の侍ジャパンシリーズでも完封リレーで4連勝を果たしています。

村上宗隆

ヤクルトスワローズの村上宗隆選手は、2022年のプロ野球セ・リーグで、首位打者、ホームラン王、打点王の3冠を獲得し、プロ野球界で18年ぶり、令和に入ってからは初となる三冠王に輝きました。22歳での三冠王は、史上最年少記録です。また、村上選手はこのシーズンに56本のホームランを記録し、日本人選手のシーズン最多本塁打記録を更新しました。

村上宗隆選手は2021年にもMVPに輝いた打撃力を持つ選手で、プロ野球界の注目選手の1人となっています。

WBC TV視聴率

気になるWBC試合TV放映の視聴率です。
WBC2023開幕戦の日本VS中国戦の視聴率が公表。大谷翔平選手(エンゼルス)が投打の二刀流で出場した日本VS中国戦の平均世帯視聴率は、関東地区で41.9%、関西地区で35.8%

WBCの延長戦ルール

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)において、試合が延長戦に突入した場合のルールは以下の通りです。

・一般的な野球と同様に、延長戦は12回まで行われます。
・12回終了時点でまだ勝敗がついていない場合、タイブレーク方式が採用されます。
・タイブレーク方式では、先攻チームから攻撃を開始し、その回に1点以上取った場合、後攻チームは同点以上であれば同点とし、1点差以上であれば引き続き攻撃を続けます。
・後攻チームが逆転できず、1点差以内で終了した場合はそのまま試合終了となります。
・12回終了時点で同点であった場合は、続く回に同じ方式を採用します。

以上が、WBCにおける延長戦のルールになります。

スカパー!はご加入月視聴料0円&加入料もかかりません。
お申込みから約30分で見られます。野球、サッカー、映画など豊富なジャンルの中から お好みのチャンネルを選んでお楽しみいただけます。
スカパー!

WBCは、オリンピックや野球ワールドカップとは異なるルールで行われ、参加国や出場選手も多様です。
WBCの概要や特徴、過去の結果などについて解説します。

WBCの歴史と概要

WBCは、2006年に初めて開催された野球の国際大会です。主催は、野球の国際統括団体である「世界野球ソフトボール連盟(WBSC)」です。WBCは、日本やアメリカをはじめとする野球強豪国が参加し、その年の春に行われます。開催国は毎回異なり、日本、アメリカ、韓国、プエルトリコなどが過去に開催地となっています。

WBCの大会方式は、ラウンドロビン方式を採用しています。出場国が2つのプールに分かれ、プール内で総当たり戦を行います。各プールの上位2チームがトーナメントに進み、シングルエリミネーション方式で決勝まで進みます。

WBCの特徴

WBCの最大の特徴は、世界中のトップ選手たちが集まり、競技レベルが非常に高いことです。また、各国の代表チームが独自のプレースタイルを持っており、互いに異なる野球文化が交錯することで、見どころのある試合が多いことも特徴の一つです。

WBCの概要

WBCは、MLBやNPBなど世界中のプロ野球選手が出場する国際大会で、2006年に第1回大会が開催されました。大会は4年に1度のペースで開催され、第5回大会が最新の大会となります。WBCは、参加国が20か国で、予選を勝ち抜いた12か国が本大会に出場します。日本、アメリカ、ドミニカ共和国、キューバなどが有力なチームとして知られています。

WBCのルール

WBCは、通常の野球とは異なるルールで行われます。例えば、1試合あたりの投球回数に制限があったり、指名打者制度が導入されたりするなど、独自のルールが設けられています。また、代表チームの構成にも特徴があり、国籍を問わずに出場できる選手もいるため、珍しい国際色豊かな試合が繰り広げられます。

参加資格

WBCに参加できるのは、20か国の代表チームです。それぞれの国は、予選を勝ち抜いて本大会に進出します。

競技方式

WBCは、1チーム9人で行われる通常の野球のルールに準じています。ただし、打順や守備位置などについて、細かなルールがあります。

試合形式

WBCは、ラウンドロビン方式で行われます。各チームが他のチームと1回戦ずつ対戦し、勝ち点を競います。勝ち点が同じ場合は、得失点差で順位を決定します。決勝トーナメントは、勝ち抜け方式で行われます。

出場資格

WBCに出場する選手には、プロ選手・アマチュア選手を問わず、出身国籍が必要です。ただし、MLB(メジャーリーグベースボール)などのプロリーグに所属する選手の場合は、代表チームに選ばれるかどうかは所属球団の判断によることが多いです。

WBCの歴代優勝国

WBCは、アジアや南米など、世界各地から代表チームが参加しています。歴代の優勝国を以下に示します。

第1回大会(2006年):日本

第2回大会(2009年):日本

第3回大会(2013年):ドミニカ共和国

第4回大会(2017年):アメリカ

第5回大会(2021年):未開催(新型コロナウイルス感染症の影響により)

日本代表チームの戦績

WBCにおいて、最も成功した国の1つが日本です。日本代表は、2006年、2009年、2013年の3回大会で優勝し、2017年には準優勝を果たしています。日本代表は、プロ野球選手だけでなく、アマチュア選手も参加し、総合力が高いとされています。また、WBCにおける日本代表の勝利により、日本の野球に対する世界的な評価が高まったとされています。

WBCがもたらす影響

WBCは、野球界に多くの影響を与えています。まず、WBCが開催されることで、世界中の野球ファンが注目するようになり、野球人口の増加につながります。

WBC出場国の主要国戦績まとめ

WBCには、各国から選ばれた代表選手が出場し、熱戦が繰り広げられます。以下に、過去のWBC大会での主要国の戦績をまとめました。

日本

日本は、WBC史上最多の2度の優勝を誇る強豪国です。以下に、日本代表の戦績をまとめます。

第1回大会(2006年):優勝
第2回大会(2009年):優勝
第3回大会(2013年):2位
第4回大会(2017年):2位

アメリカ

アメリカは、野球の強豪国です。以下に、アメリカ代表の戦績をまとめます。

第1回大会(2006年):4位
第2回大会(2009年):準優勝
第3回大会(2013年):敗退(2次ラウンド進出)
第4回大会(2017年):優勝

ドミニカ共和国

ドミニカ共和国は、WBCで最も優勝回数の多い国の1つであり、野球の強豪国の一角です。以下に、ドミニカ共和国代表の戦績をまとめます。

第1回大会(2006年):2位
第2回大会(2009年):敗退(2次ラウンド進出)
第3回大会(2013年):優勝
第4回大会(2017年):2位

キューバ

キューバは、野球の強豪国の1つであり、WBCでも常に上位に食い込む実力を持っています。以下に、キューバ代表の戦績をまとめます。

第1回大会(2006年):3位
第2回大会(2009年):3位
第3回大会(2013年):3位
第4回大会(2017年):敗退(2次ラウンド進出)

以上が、主要国のWBC戦績のまとめです。次の大会では、どの国が優勝するのか、野球ファンにとっては注目の大会となっています。