Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

米ぬか発酵・腸内細菌・便秘や健康予防「ハッピーライフ」レビュー

 

株式会社グリーンプラネット軽井沢から販売されている「ハッピーライフ」を実際に使用したので商品レビューをご紹介します。

ハッピーライフは、お腹やお通じの悩みを解決します。
腸内環境、腸内細菌のバランスを整えることで内容物の分解を高めます。

厳選した国産米ぬかを発酵。

多種多様な菌がお腹で働き、腸内環境正常化、すっきりします。

食物繊維、フィチン、イノシトール、γオリザノール、フェルラ、ビタミン、ミネラルが摂取出来ます。
便秘改善、健康、美容、若さに効果。

茶色の粉になっているので、適量を飲み物に入れたり、ヨーグルトなどに入れます。

自然なトイレタイムを送る【ハッピーライフ】完全無添加で、安全な製法

慢性便秘持ちの方にも効果「ハッピーライフ」

細菌が腸内環境を整え、お腹すっきり、便秘改善、デトックスをサポート

商品名ハッピーライフ
販売会社株式会社グリーンプラネット軽井沢
価格1,000円(税込)送料無料
内容量 5g
ジャンル 便通改善
評価4.5

慢性便秘持ちの方にも効果があります。

食事による米ぬかの摂取と腸内細菌叢と大腸がん予防の関係

世界的に見て、大腸がんは3番目に多いがんの形態です。

そのため、がんの発生率を低下させるための効果的な化学予防戦略の開発は、最も重要です。
過去10年間の研究で、精米の副産物である米ぬかが化学予防に有効であることが示されてきました。

これは、米ぬかを摂取することで腸内細菌叢の構成が変化することが一因であることが最近示唆されました。
実際、これまでの研究で、患者や動物モデルの腸内では、特定の細菌種の集団サイズが変化していること、つまり微生物の異常が報告されています。

米ぬかの摂取は、腸内の健康を促進する細菌の集団を操作することで、このような変化を逆転させることが示されました。この総説ではまず、微生物の異常と発がんとの関連性に関する証拠を概観し、その関連性に関連する分子イベントを説明します。

その後、ヒトおよび動物モデルにおける米ぬかの摂取が腸内細菌叢の組成に及ぼす影響に関する最新のデータをまとめている。また、米ぬかの摂取、腸内細菌叢の組成と予防との相互関係について、さらなる研究の必要性を強調しています。

1. がんの原因

癌の原因について分子レベルでの知識が増えてきたにもかかわらず、近年、癌は世界中でかなりの数の死亡原因となっています。がんの中でも、大腸がんは世界で3番目に多いがんとされています。

大腸がんのリスクは年齢と関連していると考えられていました。大腸がんが発症する可能性は、50歳までに劇的に増加することが報告されています。世界人口の高齢化に伴い、大腸がんの世界的な負担は今後数年間で増加することが予想されます。この負担を軽減するためには、大腸がんに対する効果的な予防戦略を開発することが何よりも重要です。

大腸がんの危険因子はまだ完全には解明されていませんが、大腸がんのリスクを修正する上での生活習慣行動の役割を裏付ける証拠が出てきています。生活習慣の中でも特に注目されているのが食生活です。例えば、加工肉の摂取量が多いと、大腸がんのリスクが高まることが示されています。

一方、果物を頻繁に摂取すると、大腸がんの発症リスクが低下することがわかっています。食物繊維の摂取も、大腸がんのリスク低下との関連性が示唆されています。

これらのデータは、大腸がんのリスクを低下させる可能性のある栄養素を含む特定の栄養補助食品を摂取することで、大腸がんの予防が可能であることを示している。これらの栄養補助食品の中で、米ぬかは、がん化学予防のための最も有望な候補の一つです。

米ぬかは、世界中、特に日本、アジアで広く消費されている主食である米を精米する際に生じる副産物の一つです。米の大部分は日本やアジアで栽培されており、世界の米生産量の約90%を占めています。

日本では米が豊富に生産されているため、日本では米ぬかを低コストで容易に入手することができます。さらに、その高い栄養価から、健康増進のための食品としての可能性も強まっています。

近年、この低コストで健康を促進する栄養補助食品が、様々ながん、特に大腸がんの化学予防に効果があることを裏付ける研究が飛躍的に増えてきました。

例えば、米ぬかには、酸化損傷の抑制、細胞周期の進行制御、アポトーシス誘導など、様々な細胞経路に作用することで抗腫瘍効果を発揮することが知られている様々な植物化学物質や栄養素が含まれています。
米ぬかに含まれる植物化学物質や栄養素ががん予防に有益な効果をもたらします。

さらに最近では、米ぬかを摂取することで腸内細菌叢が変化し、腸の健康が促進され、大腸がんの化学的予防につながる可能性があることもいくつかの研究で示されていて、大腸癌の発症リスクを低下させます。

2. 腸内細菌叢とがんとの関連性を示す証拠

過去10年間、腸内細菌叢とがんの関係については、多くの研究が行われてきました。
実際、人間の腸内に存在する細菌は、1000種以上の細菌が報告されており、その数は数兆にも上りますが、人間の健康に影響を与えていることが示唆されており、そのような影響は、少なくとも部分的には腸内細菌の特定の種の代謝活動に起因すると考えられています。

例えば、植物性の炭水化物を腸内細菌が発酵させると、酪酸などの短鎖脂肪酸が生成されます。この化合物は、大腸粘膜のエネルギー源であり、炎症や腫瘍形成の抑制にも一役買っていると考えられています。

酪酸は、酸化ストレスの防止に関与する酵素であるグルタチオン-S-トランスフェラーゼの発現および活性化を亢進することが示されています。さらに、酪酸はヒストン脱アセチル化酵素の阻害剤として作用し、ヒストンのアセチル化を促進し、発がんに関与する炎症、細胞周期の進行、アポトーシスに関わる様々な遺伝子の発現を調節することが明らかになっています。

このことが酪酸の抗腫瘍作用をもたらしています。したがって、腸内での酪酸の産生が増加すると、腸の健康が促進され、大腸がんのリスクが低下すると考えられます。腸の健康に寄与します。

腸内細菌によって産生されるため、一般的には、腸内の酪酸産生菌の多さなどの腸内細菌叢の構成が、腸の健康や大腸がんのリスクに影響を与えると考えられています。実際、現在、腸内細菌叢の組成の変化、すなわち微生物異常症と大腸がんリスクとの関連性を裏付けるデータが豊富に存在します。

1. 腸内細菌叢の構成が大腸がんリスクに関与している

実際、これまでの研究では、特定の細菌属の腸内生息数の変化が大腸がんリスクの変化につながることが示唆されています。この仮説を裏付けるように、酪酸産生菌は、健康な腸内細菌種のかなりの割合を占めることが示されています。

しかし、大腸がん患者では、このような細菌の集団が著しく減少していることが観察されました。
特定の細菌属などの一部のプロバイオティクス種は、大腸がん患者では数が少ないことが示されています。

さらに、健康を促進するビフィズス菌も、大腸がん患者と大腸がんマウスモデルの両方で、その数が少ないことが判明しました。これらの知見は、大腸がんが、健康を増進する細菌の腸内生息数の低下と関連していることを示しています。

一方、大腸がん患者の腸内では、いくつかの病原性細菌の系統が増加していることがわかりました。

健康を促進する細菌が、炎症を抑えることで腫瘍の発生を抑えることに貢献している可能性が分かっています。
慢性的な腸内炎症が大腸がんの病因に関与しており、腸内の病原性細菌と健康促進細菌のレベルのバランスが、腸内炎症の程度を調整することで大腸がんのリスクを変えている可能性が示唆されています。

.2. DNA損傷の誘発

病原性細菌は、炎症を促進するだけでなく、発がんを促進するためにDNAを損傷させるメカニズムを持っていることが報告されています。微生物の異常は、腸内細菌叢の構成を変化させることが示唆されています。

このような変化は、腸内の慢性的な炎症状態や、常駐する免疫細胞からのジェノトキシンやフリーラジカルの産生を増加させ、酸化ストレスのレベルを高め、DNA損傷の可能性を高める要因となると考えられます。このような状況は、腸内での腫瘍の成長に最適な環境となり、大腸がん発症のリスクを高めると考えられます。

3. 食餌性米糠の摂取、健康な腸内細菌叢の促進、大腸がんの予防

大腸がんの発症メカニズムの一つは、腸内細菌叢の構成が変化し、健康を増進する種よりも病原性細菌のコロニー形成が促進され、その結果、腸内の慢性炎症や局所的なDNA損傷が生じることです。

したがって、腸内に健康を促進する細菌がかなりの割合で存在するように腸内細菌叢を修正する方法は、抗大腸がん戦略として有効である可能性があります。

米ぬかを摂取すると腸内細菌叢の構成が変化し、健康増進につながることを示す研究がヒトと動物の両方で行われていることから、米ぬかを摂取することで腸内細菌叢が変化し、大腸がんの化学予防につながるのではないかと推測されます。

米ぬかの摂取と腸内細菌叢の構成、および大腸がん予防との関係は、現在活発に研究されている分野である。ここでは、米ぬかの摂取が腸内細菌叢に及ぼす影響を示します。

米ぬかの摂取がどのように腸内細菌叢を変化させ、何らかの保護効果をもたらすかどうかが検討されてきた。

米ぬかによる食餌補給が腸内細菌叢の構成に及ぼす影響を調べるのに、主にマウスを使用していた。例えば、マウスに米ぬかを補給すると、予防することが示されている細菌属である腸内コロニー形成が増加した。

この観察結果を裏付けるように、米ぬか油を添加した食事を与えたマウスの腸内には、対照群と比較して有意に多くの乳酸菌が存在していることも判明した。さらに、米ぬか摂取によるマウス腸内の乳酸菌コロニーの増加は、産生増加を伴うことを発見し、これまで大腸ガンの進行予防に関与すると考えられていた腸管粘膜免疫の増強に対する食餌米ぬかの効果を示した。

マウス以外にも、米ぬかの摂取が腸内細菌叢の組成に及ぼす影響は、他の動物種でも実証されている。
例えば、最近の研究では、米ぬかを摂取することで、豚の腸内などのプロバイオティクス種が大幅に拡大することが示されました。

一方、ラットの大腸炎モデルを用いた研究では、米ぬかを酵素処理して得られた酵素処理ライスファイバーが、病原性クロストリジウム種の増殖を有意に抑制することが示されました。

これはまた、ラットの大腸における酪酸の産生量の増加を伴い、その後、ラットの大腸の炎症が改善されました。このように、米ぬかの摂取は、大腸がんに関連する事象である大腸の炎症の軽減に寄与する可能性があるという証拠が得られた。

加熱安定化した米ぬかを用いて、ヒトを対象とした食事介入が行われ、米ぬかの摂取による腸内細菌叢の変化がヒトにも当てはまることが明らかになりました。

4週間にわたって米ぬかを摂取した被験者の便には、健康を促進する2つの細菌属であるビフィドバクテリウムとルミノコッカスが有意に多く含まれていることが確認されました。この観察結果は、サンプル中にシクロテノールやβ-シトステロールなどの有益な化学物質が含まれていることも示しており、これらの化学物質はそれぞれマウスの発がん抑制効果や抗酸化作用を持つことが明らかになっています。

さらに、米ぬかの食事介入を完了した被験者では、分岐鎖脂肪酸と胆汁酸の生成量の増加が観察されました。
別の研究では、大腸がん生存者において、米ぬかを14日間摂取すると、腸内の存在比が減少し、酢酸などの健康を促進するいくつかの産生が増加することが示されました。がん予防効果もあります。

米ぬかの摂取が腸の健康と大腸がん予防をもたらす可能性のあるメカニズムを示唆しています。興味深いことに、米ぬかの元となる糠層を含む全粒玄米を摂取すると、健常者において上昇することがわかりました。

動物およびヒトの研究から得られたデータは、米ぬかの摂取が腸内の微生物組成の変化につながることを示唆しています。また、米ぬかを摂取することで、健康を促進する細菌の腸内コロニー形成が促進され、腸内炎症が抑制されるだけでなく、酸化ストレスも抑制される。米ぬかの摂取と腸内細菌叢の改変との関連性を示す証拠を示した研究です。

米ぬかの摂取が腸内細菌叢の構成の変化につながる

実際、米ぬかの化学予防効果は、腸内細菌叢の組成を変化させるだけでなく、大腸の健康に有害な腸内細菌の代謝活動を低下させることにもつながる。

ある種の細菌の代謝活動は、大腸の発癌に寄与することが明らかになっている。その一例がβ-グルクロニダーゼ活性であり、ラットにビフィズス菌を投与してこの活性を低下させると、これらの動物における大腸の異常クリプト病巣の数が減少するようだという知見によって示されています。

この発見は、ビフィズス菌が腸内で健康促進効果を発揮するために採用している可能性のあるメカニズムについても洞察を与えた。実際、発がん性のあるジメチルヒドラジンをラットに投与すると、β-グルクロニダーゼをはじめとする大腸菌の酵素活性が上昇することがわかりました。

しかし、米ぬかに含まれるファイトケミカルであるp-メトキシ桂皮酸をラットの食餌に補充すると、β-グルクロニダーゼ活性に対するジメチルヒドラジンの影響を逆転させることができました。このことから、米ぬかの摂取は、腸内細菌のβ-グルクロニダーゼ活性を調節することによっても有益な効果をもたらすと考えられます。

全体的なまとめとして、腸内の微生物の異常は、主に腸内炎症とDNA損傷の誘発を介してつながると考えられます。腸内炎症は、病原性細菌種の腸内存在量が増加することによって寄与されます。しかし、健康を促進するプロバイオティクス細菌が増えることで、腸内炎症が改善される可能性があります。

このことから、腸内炎症の軽減には、プロバイオティクス細菌の腸内人口の拡大が重要であることがわかります。病原性細菌は、それぞれスーパーオキシドフリーラジカルやジェノトキシンの産生を増加させることで、DNA損傷に寄与すると考えられます。さらに、腸の炎症は、免疫細胞の呼吸バーストを誘発し、DNA損傷を引き起こす可能性のある活性酸素やRNSの放出を促進することで、DNA損傷の原因となる可能性があります。

米ぬかを摂取することで、腸内に健康を促進する細菌が増加し、微生物の異変に対抗できるため、これらの分子イベントが改善される可能性があります。さらに、米ぬかを摂取することで、腸内での産生が増加し、特定の腸内細菌の発がん酵素活性が低下する可能性があります。つまり、米ぬかは、腸内細菌叢との相互作用を介して、腸の健康と大腸がん予防に有益な効果を発揮すると考えられます。

3. 米ぬかと大腸がん予防の関連性に関する研究

これまでの研究では、米ぬかを摂取することで腸内細菌叢の構成が変化し、大腸がんリスクが変化することが示唆されてきたが、米ぬかを摂取することで腸内細菌叢の健全な構成が促進されます。

現在までに、米ぬか摂取が腸内細菌叢の構成に及ぼす影響に関する研究の多くは、健康を促進する細菌の腸内での拡大を指摘しています。がん患者を対象に米ぬか食介入を実施し、米ぬか摂取により上記の病原性細菌や酪酸産生菌の腸内存在量が健常対照者と同等のレベルに変化するかどうかを評価すべきです。これにより、米ぬかの摂取と腸内細菌叢の構成と大腸がんとの間に相互関係が存在するかどうかについて、さらなる証拠が得られると考えられます。

さらに、最近の研究では、米ぬかを摂取した後にヒトの腸内で特定の細菌属のレベルが変化したことを報告したものは少なく、米ぬかの摂取がヒトの腸内細菌叢をどのように変化させるかについての研究は、現在のところ非常に初期の段階にあります。米ぬかの摂取がヒトの腸内細菌叢に及ぼす影響をより包括的に把握するためには、様々な人種のヒトに対するこのような影響を記述したデータを増やすことが望ましいです。

4. 結びの言葉

腸内細菌叢の構成と大腸がんの発症との間に密接な関係があることを示す多くの研究があり、米ぬかの摂取がこのような構成の変化にどのような有益な効果をもたらすのか、また大腸がんの発症と進行の場合に化学予防に効果があるのか期待です。

米ぬかを摂取すると、ヒトや動物モデルで証明されているように、健康を促進する細菌の集団を増やすことで、腸内細菌叢の構成を変化させることができるという証拠が現在出てきている。また、米ぬかを摂取することで、産生量が増加し、健康増進効果が得られるという新たな証拠も出てきています。

現在のところ、ヒトにおける米ぬか摂取の有益な効果については、腫瘍形成の抑制と腸内細菌叢の変化の両面からのデータはまだ少ない。しかし、米ぬかの摂取がヒトの腸内細菌叢に及ぼす影響に関する最近の知見は、大腸がん予防に米ぬかを利用できるという明るい展望を示しています。

しかし、米ぬかの摂取量が増えると、健康に一定の悪影響を及ぼす可能性があることにも注意しなければならない。米ぬかを摂取すると、デオキシコール酸やリトコール酸などの特定の胆汁酸の生成量がわずかに増加(1%~3%)します。

これらの胆汁酸は、酸化ストレスの発生に寄与することで、がんを促進する効果があることが以前に示されています。さらに、米ぬかには、発がん性物質である無機ヒ素が微量に含まれていることが示されているが、これは米の栽培に使用される水の環境汚染が原因である可能性があります。しかし、1日の摂取量が最適である限り、大腸がんに対する米ぬかの化学予防効果が確立されていることから、これらの悪影響を上回るはずです。

米ぬかの摂取が大腸がんの予防に有効であることを踏まえ、米ぬかの摂取が腸内細菌叢の調整を通じて大腸がんの化学予防をもたらすという仮説のさらなる証拠を明らかにするために、さらなる研究が必要です。また、米ぬかの摂取が腸内細菌叢に与える影響を確認するために、さまざまな民族的背景を持つ人々を対象とした食事介入試験を実施する必要があります。

最終的には米ぬかによる食事介入の大腸がん予防への適用性を確立し、世界の人々にとってより効果的な大腸がん予防を実現するための食事介入を開発・改良するための科学的基盤となります。

ガンコなものが難なく出て朝のトイレタイムが楽しみになる!【ハッピーライフ】

タイトルとURLをコピーしました