Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

腰痛の原因と症状とは?腰の痛みを治す方法と診断について

腰痛の原因

成人の25%が腰痛を経験していると報告されています。日常生活に大きな支障をきたす一般的な症状であるため、腰痛は医療機関を受診する理由の上位に位置します。

腰痛は、重いものを持ち上げたり、転んだり、特定の病状が原因となって起こることがあります。どのような原因であっても、腰痛は深刻であり、効果的な治療を受けなければ、手術が必要になることもあります。現在、腰痛と付き合っている方、将来的に腰痛を予防する方法を知りたい方は、この方法をご覧ください。

腰痛の症状

人間の背中は、その中心を走る脊髄を保護する椎骨(背骨)でできており、動くときに体重を支えるために特徴的なカーブを描いています。背骨の頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨の部位は、骨の多い椎骨でできています。それぞれの椎骨の間には、より柔らかい軟骨でできた椎間板があります。これらの組織は、背骨の骨を支えるクッションの役割を担っています。靭帯と筋肉は、椎骨に沿ってすべてつながっており、体幹の協調的な動きを支えています。

怪我や故障は、背骨や背中のどこにでも起こる可能性があります。腰痛の症状は、痛みの原因が何であるか、背中のどの部位に影響があるかによって、人それぞれ異なります。背中の痛みでよく見られる症状には、以下のようなものがあります。

症状

筋肉の痛み
鋭い痛み
こわばり
まっすぐ立てない
足から下への放散する痛み
背中を動かしにくい、または可動域が狭い

腰痛の原因

腰痛には、慢性腰痛と急性腰痛の2種類があります。慢性的な腰痛は、常に痛みがある、または一時的に治まるが、時間が経つと再発を繰り返すような痛みです。

慢性的な腰痛の原因としてよく挙げられるのは

過去の怪我
過去の手術
激しい運動
線維筋痛症や関節炎などの疾患
背骨の湾曲
梨状筋症候群

急性腰痛症とは、突然発症し、数日から数週間続く痛みのことです。
急性腰痛の最も一般的な原因は、筋肉や靭帯の断裂です。

その他の原因としては、以下のようなものがあります。
椎間板の破裂またはヘルニア

筋肉のけいれん
坐骨神経痛
骨粗鬆症による圧迫骨折
不適切な持ち上げ方
急な動作
脊椎の感染症や癌

何が原因で痛みが発生しているのか、どうすれば回避できるのかが分かるかもしれません。ただし、慢性的な腰痛やひどい腰痛は、より深刻な何かのサインかもしれませんので、このような痛みを感じている場合は、必ず医療機関に相談してください。

捻挫

背中の痛みの原因として最も一般的なもののひとつが、怪我です。スポーツをしている時、転んだ時、体をひねった時などに起こります。最も一般的に、背痛の原因となる怪我は、背骨を支える靭帯や筋肉の断裂です。このような捻挫や歪みは、通常、不適切な捻りや持ち上げの動作から生じ、ほとんどの場合、安静と動作制限ですぐに治ります。

骨折

捻挫と同様に、スポーツや転倒によるケガで背中の椎骨に骨折が起こることもあります。しかし、骨折はより深刻で、慢性的な背中の痛みを引き起こすことがよくあります。医療機関を受診して治療を受けないと、もっと悪化する可能性があります。また、骨粗しょう症で骨が弱くなり、椎骨の骨折を起こす場合もあります。

変形性関節症

変形性関節症は、背骨の椎間板や関節が時間の経過とともに破壊され、平坦で柔軟性のない状態になる病気です。これにより、背中の痛みや患部のこわばりが生じます。変形性関節症は、長年の運動不足が原因で発症するため、高齢者に多く見られます。これは、椎間板変性症や椎間板変性症と呼ばれる別の疾患と類似しており、背中の椎間板が加齢によって壊れ始めると発症します。

椎間板ヘルニア

背骨にある椎間板の柔らかい中心部が正常な位置から押し出された場合、椎間板ヘルニアまたは椎間板ヘルニアと呼ばれます。これは痛みを伴わないこともありますが、椎間板ヘルニアが脊髄の神経を押してしまうと、ほとんどすぐに痛みを感じるようになります。医療機関は、この状態を診断するためにX線検査を行うことがあり、通常、理学療法と鎮痛剤で治療されます。場合によっては、手術が必要になることもあります。

肥満

体重が増えると、背骨にかかる負担が大きくなります。肥満の人は、背中に負担がかかるため、変形性関節症などの疾患を発症しやすくなります。健康的な体重を維持し、体幹を強化することで、腰痛を軽減することができます。

線維筋痛症

線維筋痛症は、全身の筋肉、靭帯、腱に痛みが生じる病気です。つまり、背中の痛みは、この病気にかかっている場合、いくつかある症状のうちの1つに過ぎない可能性があるということです。線維筋痛症のもう一つの重要な兆候は、疲労です。

妊娠

妊娠の最も一般的な症状の1つは、背中の痛み、特に腰の痛みです。これは、妊娠中に自然に増加する体重と、この体重の分散方法(余分な体重のほとんどが下腹部にあるため、背中をまっすぐに整列させることが難しくなります)に起因するもので、そのほとんどが、妊娠中に増加した体重です。また、出産予定日が近づくにつれ、赤ちゃんが成長するにつれて腰が圧迫され、腰痛が生じることもあります。

寝るときの体勢

腰痛の原因の中には、医学的な条件というよりも、個人的な傾向の結果であるものもあります。例えば、うつぶせで寝ると、背中が不快な方向に曲がってしまいます。夜間の不適切なアライメントは、日中の重大な腰痛につながる可能性があります。

不適切な姿勢

猫背は背中に負担がかかります。姿勢が悪いと、体のバランスを保つために筋肉や靭帯がより強く働かなければならず、腰痛や、頭痛、疲労感の原因になることもあります。

ストレスと不安

腰痛の一般的な原因のほとんどは、身体的な条件や動作から来るものですが、ストレスの場合は、より感情的、心理的な原因です。極度のストレスや不安を抱えて生活している場合、背中の緊張が高まることがあります。また、うつ病の場合も、背中の痛みやこわばりを感じることがあります。

腰痛の診断

腰痛が何週間も続く場合や、症状が悪化しているように見える場合は、すぐに医療機関を受診することが大切です。医療機関では、痛みの原因を確認するために、痛みに関する質問をし、反射神経のテストや背中の可動域の検査などの身体検査を行います。また、痛みの原因となっているものを特定するために、以下のような検査を行うこともあります。

MRIまたはCTスキャンによる画像診断
X線画像
血液検査、尿検査
骨密度測定
神経圧迫検査

腰痛の治療と管理

腰痛の原因や急性期・慢性期によって、医療機関が最適な治療方法を指導してくれます。全体として、長期間のベッド上での安静はもはや推奨されません。その代わり、腰の回復を助けるために、許容範囲内で毎日の穏やかな動きを続けることが最善です。大切なのは、痛む背中を休ませながら、活動的に過ごすことのバランスをとることです。その他の推奨事項には、以下のようなものがあります。

薬物療法
市販の鎮痛剤、処方箋による鎮痛剤、筋弛緩剤は、短期的に背中の痛みに対処するのに役立ちます。

理学療法
背中の痛みが慢性化している場合は、理学療法士に診てもらい、背中の筋肉を強化するためのエクササイズを指導してもらうとよいです。

マッサージや鍼灸
循環を増加させることによって背中の痛みの症状を軽減することができます。

背中の装具
日中、特に仕事中に背中のブレースを着用することで、背中に余分なサポートを与えることができます。

コルチゾン
この強力なステロイドの注射は、炎症と痛みを軽減するのに役立ちます。

手術
背中の痛みが解剖学的な障害(椎間板ヘルニアなど)に関連している場合、その状態に対処するために手術が選択されることがあります。また、背中の神経を刺激して、脳への痛みの信号を調整する装置を埋め込む手術もあります。

これらの治療法に加え、腰痛を管理するために自宅でできることもいくつかあります。

温めるか、氷で冷やす
背中に定期的に冷たいパックや熱いパックを当てると、炎症を抑え、筋肉や靭帯をリラックスさせ、運動能力を向上させることができます。

マットレスや枕の調整
古いマットレスやサポート力の弱いマットレスで寝ると、背中に負担がかかることがあります。腰痛持ちの方は、マットレスや枕を変えてみるのも、不快感を軽減するひとつの方法かもしれません。うつぶせで寝るときはお腹の付け根に枕を追加したり、仰向けで寝るときは膝の下に枕を入れたり、横向きで寝るときは足の間に枕を入れたりすると効果的です。このような姿勢でクッション性を高めると、一晩中、背中をまっすぐに保つことができるかもしれません。

エプソムソルト
温かいお風呂にエプソムソルトを入れるのは、腰痛を軽減するのに役立つ簡単な家庭療法です。エプソムソルトは、炎症と腫れを抑えることで痛みを減少させます。
背中の痛みに対処するのは大変なことで、これらの治療法の多くは、その効果を十分に発揮するのに時間がかかります。腰痛を改善するために、次のような生活習慣を心がけましょう。

一貫して運動を続け、背中の筋力と柔軟性を高めるようなエクササイズを見つける。また、腰痛を軽減し、背骨のアライメントを正しく保つために、体幹の筋肉を強くすることにも重点を置いてください。

自宅や職場の椅子が背中にとって快適なものであることを確認する。腰をサポートするものがない場合は、背中枕を使ったり、タオルや毛布を丸めて腰の後ろに置いてサポートするようにしましょう。

座り方、立ち方に気をつける。背中を丸めたり、肩を落としたりすると、腰痛の原因になります。

重いものを持ち上げなければならない仕事の場合、背中ではなく足を使って持ち上げるようにしましょう。膝を曲げ、背筋を伸ばし、上下に動かすだけにしてください。体をひねったり、ぎこちない動作はしないようにしましょう。持ち上げるものが重すぎる場合は、誰かに手伝ってもらいましょう。

仕事や運動、あるいは病気などで背中が痛くなったら、怖がらずに少し休んで、背中を休ませましょう。
自分の体の要求に耳を傾けることが、痛みや怪我を防ぐ最善の方法です。

多くの場合、腰痛は家庭療法でうまく治すことができる程度の軽い問題です。しかし、医療機関を受診した方が良い場合もあります。自宅での治療でも2週間以上痛みが続く、安静にしていても改善しない、だんだんひどくなるなどの場合は、医療機関に相談することをおすすめします。

痛みが膝から下の脚に広がっている場合、脚にしびれや痛みを感じる場合、生活習慣の改善では説明できない体重減少がある場合は、医療機関に予約を入れましょう。適切な評価により、医療従事者は自分の腰痛を安全に管理するための治療計画を一緒に立てることができます。

あわせて読みたい
    error: