Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

管理栄養士が科学的に証明する12のバナナの健康効果と栄養!

バナナ

バナナは過小評価されているスーパーフードです。

隔離中にバナナブレッドに埋もれた人も、朝のスムージーにバナナを入れる人も、バナナにはなじみがあるはずです。バナナは、りんごやオレンジと並んで、食卓に欠かせない果物です。また、そのまま食べても、朝食のヨーグルトボウルなど、お気に入りのレシピに加えてもおいしくいただけます。

しかし、完璧な果実を探すのは大変なことです。どのように熟したものを選べばいいのでしょうか?青いうちに買って家で熟すのが好きな人もいれば、すでに斑点があるものを選ぶ人もいます。

すぐに食べたいものなら、完全に黄色いものを選んでください。しかし、少し緑色や茶色に傾いている房を選んでも害はないです。

緑のバナナはでんぷん含有量が高いです。茶色くなると、でんぷんが糖に変わるのです。つまり、茶色いバナナほど甘くなるのです。どのような食べ方でも、栄養は満点です。

カリウムがたっぷり含まれていることはすでにご存知でしょうが、その黄色い皮をむくことがなぜ良いのか、その理由はもあるのです。ここでは、バナナの驚くべき健康効果と、その背後にある研究結果をご紹介します。

バナナの栄養は?
中くらいのバナナ1本には、タンパク質、炭水化物、その他がたくさん含まれています。
その主な成分は以下の通りです。

105カロリー
脂肪:0.39g
飽和脂肪:0.04g
炭水化物 27g
ナトリウム:1mg
糖質:14g
食物繊維: 3g
タンパク質:1g

では、バナナの健康効果にはどのようなものがあるのでしょうか。
バナナのような果物が健康的な食生活に最適であることは、すでにご存じです。しかし、バナナが他の果物より優れている理由はいくつかあります。

1.カリウムは脳卒中のリスクを下げる効果があります。

多くの人は1日に約4,700ミリグラムのカリウムを必要です。バナナ1本には、1日の推奨摂取量の約10%、つまり約470ミリグラムが含まれています。カリウムは多機能なミネラルですが、その中でも特に優れているのは脳卒中のリスクを下げることです。カリウムは血流を改善し、動脈を硬くしないので、高血圧でない女性では脳卒中のリスクを最大20%減らすことができます。

2.カリウムは血圧を下げる効果

バナナに含まれるカリウムは、血圧の数値を低く保つのに役立ちます。血管の壁をリラックスさせ、血圧(そしてその一番上の、通称収縮期の数値)を下げます。ちなみに、血圧の数値には2つの数値が含まれています。収縮期血圧は心臓が鼓動しているときの動脈の圧力を測定し、拡張期血圧(下の数値)は心臓が休んでいるときの動脈の圧力を測定しています。

3.バナナに含まれる食物繊維は、便秘や下痢を解消する効果

バナナには、規則正しい生活を送るための効果があります。果物に含まれる食物繊維は、レジスタントスターチ(炭水化物の一種)と共に、便を硬くし、腸に沿って移動させることで、便秘と下痢の両方を改善する働きがあることで知られています。

4.食物繊維は腸内環境も整えてくれます

トイレの習慣が普通でも、バナナに含まれる食物繊維は腸内環境を整えるのに最適です。食物繊維は腸内細菌叢に、すべてを正常に維持するために必要なすべての微生物を補充することがわかりましたので、皮をむいてください。

5.バナナに含まれるプレバイオティクスも腸を活性化させる

プロバイオティクスは聞いたことがあると思いますが、プレバイオティクスも同じように重要です。プロバイオティクスを育てるための餌のようなものです。プレバイオティクスは消化器官内のバクテリアの餌となり、プロバイオティクスはそのバクテリアの一種です。これら全てが合わさって、超ヘルシーな腸内細菌叢となるのです。

6.そのビタミンCは、病気を撃退し、皮膚の健康を改善するのに役立ちます

バナナをほおばると、免疫力をサポートし、肌を甘やかすことができます。傷を治し、老化を防ぐコラーゲンを生成するには、ビタミンCが必要です。また、ビタミンCは白血球を効果的に働かせる役割を果たすので、免疫システムにとっても画期的なことなのです。

7.抗酸化物質と植物性栄養素は、慢性疾患にかかるリスクを低減します

幸いなことに、バナナにはその両方が詰まっています。健康を促進し、病気になるのを防ぎ、心臓病、腎臓病、糖尿病など、さまざまな慢性疾患のリスクを減らすのに役立ちます。どちらも細胞の損傷を防ぐので、体の調子を完全に狂わせてしまい、病気を引き起こす可能性があるのです。

8.炭水化物はバナナを良いエネルギー源にする

体を機能させるにはエネルギーが必要で、エネルギーを作るには炭水化物が必要です。炭水化物を多く含むバナナは、炒めてもエネルギー源になることが、明らかになりました。バナナは炭水化物を多く含んでいるので、炒めてもエネルギー源になります。

9.ビタミンB6が含まれているため、ストレスや不安感を和らげることができます

バナナにはビタミンB6がたくさん含まれており、気分を整えたり、高めたりするのに役立ちます。セロトニンのような気分の良いホルモンを増やすのに役立つかもしれません。このビタミンは、セロトニンやドーパミンなど、いくつかの神経伝達物質の生成に関与しているそうです。

10.ビタミンAは、皮膚の健康やその他の身体的なプロセスを助けることができる

バナナには、肌の健康に良いビタミンAもたっぷり含まれています。ビタミンAはレチノールとも呼ばれ、スキンケア製品でおなじみです。ビタミンAは、コラーゲンを破壊してしまう太陽のダメージに対抗するのに役立ちます。また、胃腸を含むいくつかの粘膜の内壁の形成に関与しています。

11.バナナは鉄分が豊富で、貧血対策になります

バナナには鉄分が多く含まれているという結果もあります。そのため、貧血の人など鉄分が少ない人におすすめです。鉄分は、体が適切に成長、発達し、体中に酸素を運ぶヘモグロビンを生成するために必要なミネラルです。

12.運動後のおやつに最適です

バナナにはカリウムなどの電解質が豊富に含まれているため、運動後のおやつに最適です。運動後のおやつとして楽しむことで、体の筋グリコーゲンの貯蔵量を回復させることに貢献します。カリウムは、発汗によって失われたものを補充するのに役立ちます。

あわせて読みたい
    error: