Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

健康や美容に純度が高いNMNサプリ「GAAH(ガー)」レビュー!NMNを徹底解説

株式会社スリーエム株式会社様から販売されている「医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1【GAAH】」を実際に使用しましたので、商品レビューをさせて頂きます。

NMNサプリの「GAAH」は、医療従事者が選ぶNMNサプリNo.1に選ばれています。
100%本物品質で純度が高いです。GMP認定工場で製造されているので、安心安全です。
米国食品医薬局(FDA)の安全基準を満たしたNMNを使用しています。

業界屈指の最高ランクNMN純度99.9%以上。
NMNは、様々な美容サポートに役立ち、若々しさや美しさに効果があります。
NMNは、体内で生成されますが、年齢を重ねるたびに減少していきます。

実は、さまざまなNMNサプリをメーカー様から頂いたりしていて、調べるうちに詳しくなりました。
FIRST SELECT NMNやRe:Bloomなど他のNMNサプリもレビューしています。

芸能人でもNMNサプリを愛用されている方が多いです。
あの堀江貴文(ホリエモン)さん、中田敦彦さん、益若つばささん、杉本彩さんなどが愛用しています。

 

ポイント

今回ご紹介するGaahインナービューティーβニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)90粒入りは、価格39,600円(税込)で1番人気商品です。
180粒の方は、価格69,300円(税込)でお得になっています。お試しの方は21粒で価格12,000円(税込)もあります。
万が一効果が実感できない場合は、全額返金されます。※定期購入で初回申込のみ。ですので、安心して購入出来ます。
定期購入も20%オフで購入できて、2人に1人が選んでいます。

特徴

海外のハーバード大学で最新遺伝子化学で研究が進んでいる次世代成分がNMNです。
業界屈指の最高ランクNMN純度99.9パーセント以上。第3者機関が検査しています。
NMNは加齢に伴い減少しますが、健康や若々しさ、美しさに必要です。

抗老化対策で話題のNMN。
Gaah(ガー)ブランドNMNサプリ「INNER BEAUTY」

 

特徴

長寿遺伝子のサーチュイン遺伝子を活性化健康や長寿へ期待。
細胞の老化に遺伝子レベルで働きかける機能があります。医学界でも注目の物資です。


高価なサプリメントなので、高級感ある化粧箱です。マグネット式で豪華な箱です。
プレゼントにもおすすめです。同梱は、検査結果レポートの小冊子が入っています。
信頼と安心感があります。NMN効果の美容、抗老化の検査結果を確認出来ます。

カプセルは、飲みやすい一般的なサイズです。
色は白色で、無味無臭のカプセルです。
1日3粒飲みます。300mg摂取で他社製と比較して高配合です。

飲みやすいです。ビタミンも豊富に入ってます。
有効成分のNMNを高配合。

寝起きが楽になり目覚めがスッキリしました。
あまり寝てなくても眠気や疲れを感じませんでした。


NMNは、最近注目されていて純度99.9%以上で高品質です。
長寿遺伝子群(サーチュイン遺伝子)がNMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)により活性化。

GAAHの商品レビュー

医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1

GAAHの商品内容

商品名Gaahインナービューティーβニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)90粒
容量90粒
価格39,600円(税込)
販売会社スリーエム株式会社
評価4.8

GAAH INNER BEUATY NMNサプリメント

ビタミン効能、老化防止、若返り、ダイエット、シミケアなど、NHKや有名メディアで取り上げられています。しみの原因、チロシナーゼ、しわやたるみの原因、エラスターゼの活性を防ぎます。

NMNは実際に機能するのか?

ポイント

ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の投与は、老化に関連する機能障害を軽減することが示されています。
臨床試験では、NMNは、健康な男性において安全であり、効果的に代謝され、重大な有害事象を引き起こすことはなかったです。このように、NMNの経口投与は可能であることが判明し、人の老化関連障害を緩和する治療戦略の可能性を示唆しています。

NMNの効果は?

ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の投与は、加齢に伴う機能障害を軽減することが示されています。

NMNが作用し始めるまでの期間

NMNは数分以内に、NAD+は60分以内に体内のNMNレベルを増加させます。しかし、NAD+が自分の細胞を若返らせ始めるには、一般的に数週間かかります。
ほとんどのユーザーは、2~3週間以内に若さと健康を感じていると報告しています。NMN の完全なメリットは、数ヶ月の使用後に感じることができますが、自分はすでに数週間以内に違いを感じることができます!

NMNサプリメントの副作用

現在、ニコチンアミドモノヌクレオチドの副作用は、人では記録されていません。また、長期的なマウス研究では、毒性、重大な副作用、または、12ヶ月の介入期間を通して死亡率の増加は見られませんでした。

人におけるNMNの研究では、NMNの投与から5時間後、科学者は、心拍数、血圧、血中酸素濃度、体温に変化を認めなかったです。血液の実験室分析でも、血中の4つの分子のレベルが正常の範囲に収まった以外は、大きな変化は見られなかったです。

NMNって何?

NMNとは、ニコチンアミド・モノヌクレオチドの略で、すべての生命体に自然に存在する分子です。NMNは必須分子であるニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)の直接の前駆体であり、細胞内のNAD+濃度を高めるための重要な成分であると考えられています。

ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド(NAD+)とは?

NAD+は、生命活動や細胞機能に必要な必須補酵素です。酵素は生化学反応を可能にする触媒です。補酵素は、酵素が機能するために必要とする「助剤」分子です。

NAD+の働きとは?

NAD+は、水以外に体内で最も多く存在する分子で、これがなければ生物は死んでしまいます。NAD+は、損傷したDNAを修復するサーチュインなど、体中の多くのタンパク質に利用されています。また、私たちの体が使う化学エネルギーを生み出す、細胞の発電所であるミトコンドリアにとっても重要な存在です。

NAD+はミトコンドリアで補酵素として機能する

NAD+は、ミトコンドリアで行われる代謝プロセスで特に活発に働き、細胞のエネルギーを獲得しています。
細胞内では、NAD+がそのブースターとして働いています。このように、NAD+は酵素活性、遺伝子発現、細胞シグナル伝達を低下させたり増加させたりすることができます。

NAD+ は DNA 損傷の抑制に役立つ

生物は年をとるにつれて、放射線、汚染、不正確なDNA複製などの環境要因により、DNA損傷を蓄積していきます。現在の老化理論では、DNA損傷の蓄積が老化の主な原因であるとされています。ほとんどすべての細胞には、この損傷を修復するための「分子機械」が備わっています。この機械は、NAD+とエネルギー分子を消費する。したがって、過剰なDNA損傷は、貴重な細胞資源を消耗することになります。

重要なDNA修復タンパク質の1つであるPARPポリメラーゼは、機能するためにNAD+に依存しています。高齢者はNAD+のレベルが低下しています。通常の老化現象の結果としてDNA損傷が蓄積すると、PARPが増加し、NAD+の濃度が低下。この枯渇は、ミトコンドリア内のDNA損傷がさらに進むと、さらに悪化します。

NAD+は長寿遺伝子サーチュインの活性にどのような影響を与えるのか?

サーチュインは、「遺伝子の守り神」とも呼ばれ、細胞の健康維持に重要な役割を担っています。サーチュインは酵素の一種で、細胞のストレス応答や損傷修復に関与しています。また、インスリン分泌や、神経変性疾患や糖尿病などの老化過程や老化に関連した健康状態にも関与しています。サーチュインの活性化にはNAD+が必要です。

加齢とともにNAD+を失い、「その結果、サーチュインの活性が低下し、体が年をとってから病気を発症し、若いときには発症しない主な理由だと考えられています」
老化しながら自然にNAD+レベルを増加させることで、特定の老化プロセスを遅らせたり、逆転させたりすることができます。

なぜNAD+に注目する必要があるのか

1906年にNAD+が発見されて以来、この分子は体内に豊富に存在し、体を動かす分子経路において重要な役割を担っていることから、科学者たちの注目を集めてきました。動物実験では、体内のNAD+濃度を上げることで、代謝や加齢関連疾患などの研究分野で有望な結果が得られ、アンチエイジング効果も確認されています。糖尿病、心血管疾患、神経変性、免疫システムの一般的な低下などの加齢に関連する病気。

NMNは新型コロナウイルス対策に役立つ

ウイルスのゲロラビックな性質(老人に有害)を考えると、老年学者の中には、「老化」を治療することが、新型コロナウイルスやその他の将来の感染症から高齢者を守るための長期的な解決策になると主張する人もいます。

もっと研究を進める必要があるが、最近の研究では、NMNやNRなどのNAD+を高める薬剤を潜在的な治療法の一つとして挙げています。また、高齢者がNAD+の長寿効果の恩恵を受け、体がウイルスではなく自分の細胞を攻撃するサイトカインストームと呼ばれる免疫反応の致命的な過剰活性化を防げるかもしれないという仮説も立てています。

細胞はコロナウイルスとの戦いの間にNAD+を使い果たし、体を弱体化させるそうです。NAD+は、ウイルスに対する自然免疫防御に不可欠です。NAD+ブースターが、人間がパンデミックに打ち勝つのに役立つかどうかを評価しようとしています。

亜鉛などのブースターを配合したNMNカクテルを患者に投与し、鎮めることに成功しました。NMNカクテルは、12時間以内に患者の熱と炎症レベルを下げました。パンデミックの間、NMNは免疫系のバランスを維持する役割でますます注目されており、コロナウイルスの治療法として可能性があります。治療が保証されているわけではないものの、予備的な研究ではいくつかの良い結果が得られてます。

加齢
NAD+は、サーチュインがゲノムの完全性を維持し、DNA修復を促進するための燃料です。車が燃料なしには走行できないように、サーチュインの活性化にはNAD+が必要です。動物実験の結果、体内のNAD+濃度を上げるとサーチュインが活性化し、酵母、ミミズ、マウスの寿命が延びることが明らかになった。動物実験ではアンチエイジングに有望な結果が出たが、この結果を人間にどう反映させるかは、まだ研究中です。

代謝障害
NAD+は、健康なミトコンドリア機能と安定したエネルギー出力を維持するための鍵の1つです。加齢や高脂肪食は、体内のNAD+のレベルを低下させます。NAD+ブースターを摂取することで、ダイエットによる体重増加や加齢による体重増加を緩和し、老化したマウスでも運動能力を向上させることが研究で明らかにされています。また、メスマウスの糖尿病効果を逆転させた研究さえあり、肥満などの代謝障害に対抗する新しい戦略を示しています。

心臓機能
NAD+のレベルを高めることは、心臓を保護し、心臓の機能を向上させる。高血圧は心臓の肥大や動脈閉塞を引き起こし、脳卒中につながる可能性があります。マウスでは、NAD+ブースターが心臓のNAD+レベルを補充し、血流不足による心臓の損傷を防いだとされています。他の研究では、NAD+ブースターは、異常な心臓肥大からマウスを保護することが示されています。

神経変性
アルツハイマー病のマウスでは、NAD+レベルを上げることで、脳内の細胞コミュニケーションを乱すタンパク質の蓄積を減らし、認知機能を向上させることができます。また、NAD+レベルを高めると、脳への血流が不十分なときに脳細胞が死滅するのを防ぐことができます。動物モデルを用いた多くの研究により、脳の健康的な老化を助け、神経変性から守り、記憶力を向上させるという新しい展望が示されています。

免疫システム
高齢になると免疫力が低下し、病気にかかりやすくなります。また、季節性インフルエンザや新型コロナウイルスなどの病気から立ち直るのも難しくなります。NAD+レベルが、免疫反応や加齢に伴う炎症と細胞の生存を調節する上で重要な役割を担っていることが示唆されています。

体内でニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド(NAD+)はどのように作られるのでしょうか?
体は、より小さな成分、つまり前駆体から自然にNAD+を生成します。これらはNAD+の原材料と考えてください。トリプトファン、ニコチンアミド(Nam)、ニコチン酸(NA、ナイアシン)、ニコチンアミドリボシド(NR)、ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の5つが体内で生成される主な前駆体です。これらのうち、NMNはNAD+合成の最終段階の一つを担っています。

これらの前駆体は、すべて食事から摂取することができます。いずれも重要な栄養素であるビタミンB3の一種です。体内に入った細胞は、いくつかの異なる経路を経てNAD+を合成することができます。

NMNは体内でどのように合成されるのか?

NMNは、体内でビタミンB群から生成されます。体内でNMNを作る酵素は、ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(NAMPT)と呼ばれます。
NAMPTは、NAD+の生成における律速酵素です。つまり、NAMPTのレベルが低下するとNMNの生産が減少し、その結果NAD+のレベルが低下する。NMNのような前駆体分子を加えることで、NAD+の産生を早めることも可能です。

NAD+レベルを増加させる方法

カロリー制限としてよく知られている断食や摂取カロリーの減少は、NAD+レベルとサーチュイン活性を増加させることが示されています。マウスでは、カロリー制限によるNAD+とサーチュイン活性の増加が、老化のプロセスを遅らせることが示されています。NAD+はいくつかの食品に含まれていますが、その濃度は細胞内濃度に影響を与えるには低すぎます。NMNのような特定のサプリメントを摂取することで、NAD+の濃度が上昇することが示されています。

NMNのようなNADサプリメント

NAD+の細胞内濃度は、通常の細胞機能が時間とともにNAD+の供給を枯渇させるため、加齢により減少します。NAD+の健康的なレベルは、NAD+前駆体の補充によって回復すると考えられています。 研究によると、NMNやニコチンアミドリボシド(NR)などの前駆体は、NAD+の濃度を高め、NAD+産生のサプリメントと見なされています。

NAD+分子は細胞膜を容易に通過して細胞に入ることができないため、代謝にプラスの影響を与えることができないのです。代わりに、NAD+の前駆体分子を使用して、NAD+の生物学的利用可能なレベルを増加させる必要があります。 つまり、NAD+は吸収されにくいので、直接サプリメントとして使用することはできません。NAD+の前駆体はNAD+よりも吸収されやすく、より効果的なサプリメントとなります。

NMNサプリメントはどのように吸収され、体中に分布する?

NMNは、細胞表面に埋め込まれた分子トランスポーターを通じて、細胞内に吸収されるようです。NAD+よりも小さいため、NMN分子はより効率的に細胞内に吸収される可能性があります。NAD+は、細胞膜のバリアーにより、容易に体内に入ることができません。かつて、NMNは細胞に入る前に変化しなければならないと考えられていたが、新しい証拠によると、細胞膜にあるNMN特異的トランスポーターを介して直接細胞に入ることができます。

さらに、NMNを注射すると、膵臓、脂肪組織、心臓、骨格筋、腎臓、精巣、目、血管など、体内の多くの部位でNAD+が増加することが分かりました。マウスにNMNを経口投与すると、15分以内に肝臓のNAD+を増加させます。

NMNは素早くNAD+に変換されるNMNの副作用と安全性

NMNは、動物では安全であると考えられており、その結果は、人間の臨床試験が開始されるほど有望です。この分子は、マウスやヒトの研究で高濃度でも毒性がなく、安全であることがほぼ確認されています。NADとその中間体であるNMNおよびNRは、加齢に関連した多くの健康問題を改善する可能性があるとして、関心を集めています。

ニコチンアミド・モノヌクレオチドの未来

NMNは動物実験で有望な治療効果を示しています。最近の日本での臨床試験では、この分子が使用量において安全で忍容性が高いことが証明されました。この分子は魅力的で用途の広い分子であり、まだまだ学ぶべきことが多いです。

NMNサプリは価格が下がってきたり、さまざまなメーカーから発売されています。
毎日飲むものなので、いいものを選んで飲みましょう。

スリーエム株式会社が販売するGaahインナービューティーβニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)90粒のご紹介でした。



あわせて読みたい
    error: