Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
カテゴリーで絞り込む
ゲーム
ダイエット
デジタル
ネット
ビジネス
健康
恋愛
特集
美容
食品

iPhone13の発売日、最新情報や噂、販売価格、ニュースまとめ

iphone13デジタル
 

iPhone 13の名称は何になる?

噂されるiPhone 13の機能

– 2021年9月発売
– 価格は7万円〜
– 新色2色の可能性あり
– デザインはほぼ変更なし
– より小さいノッチ
– アップグレードされたカメラ
– Proで最大のカメラアップグレード
– スムーズにスクロールできる画面をProに搭載
– 新しい強力なA15チップセット
– 最大1TBのストレージを搭載
– すべてのモデルでバッテリーが大型化

Appleの新しいiPhone 13は、9月14日に発売される可能性が高く、その直後に購入できるかもしれません。Appleはその日に次の製品を発売することを決定しており、新しいiPhoneの主要なリーク情報を集めてます。

ここ数カ月、さまざまなところから新しいiPhoneの噂が出てきていますが、今回、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 miniのスペックの多くが明らかになりました。

また、これらの携帯電話のデザインについても、数多くのリーク画像を見て、大体の見当がつきました。時間のない方のために、噂を一口サイズにまとめてみました。さらに下の方では、新しいiPhoneシリーズについて知っておかなければならないことをすべて説明しています。

iPhone 13の発表会・最新情報

Appleは9月14日に発表会を開催しますが、それがiPhone 13の発表会になる可能性が高いと考えています。Appleは、次のイベントが午前10時/午後1時/午後6時(9月15日午前3時に開始されることを確認しました。その前に、iPhone 13 Proの最終デザインと思われるものが公開されており、iPhone 13のカラーバリエーションについても明らかになっています。

iPhone 13の発売日

9月14日にiPhone 13の情報が発表されると思われます。
Appleはこの日にイベントを開催しており、この日に新しいデバイスについての情報が得られることはほぼ確実です。

iPhone 13の価格

iPhone 12シリーズと同じような価格になると予想されており、全く同じになると言われています。2020年のiPhoneの中で最も安価なiPhone 12 miniは7万円から、iPhone 12 Pro Maxは11万円からでした。とはいえ、価格が少し上がる可能性もあると言われています。

iPhone13のデザインについて

iPhone 12からの変更点はほとんどないと予想されますが、リアカメラのデザインを変更するようです。廉価版の2機種では対角線上にレンズが配置されるようですが、それ以外のデザインは、ノッチがわずかに小さくなったとはいえ、昨年の機種とほぼ同じになるようです。

iPhone13の色(カラーバリエーション)

AppleはiPhone 13シリーズで新しい色を発表する可能性があり、ピンクとオレンジの2つのバージョンが噂されています。
そのほかにも、パープル、ブラック、ホワイトなど、昨年と同じような色が登場することが予想されます。

ディスプレイサイズと解像度

画面サイズと解像度は、iPhone 13シリーズ全体で変わらないと予想されますが、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの両方で、リフレッシュレートが120Hzになることが大きく噂されています。

つまり、これらのスクリーン上の画像は、これまでのiPhoneよりも滑らかになるということです。さらに、それぞれの端末には常時表示のディスプレイが搭載されると予想されます。

カメラです。AppleはiPhone 13シリーズのカメラに手を加えていると予想されており、2つのPro端末にはアップグレードされたウルトラワイドシューターが搭載されるかもしれません。また、一部のリーク情報によると、4つのモデルすべてにLiDARが搭載され、奥行き知覚が向上するとのことですが、最近のリーク情報では言及されていませんので、期待しないでください。また、新しいポートレートモードを含む、動画撮影ソフトウェアの改善も期待されています。

スペック A15チップセットが搭載されると思われますが、現在の報告によると、大幅なパワーアップにはならないようです。また、Appleは2021年に初めて1TBのiPhoneを発売するのではないかと大きく噂されており、その場合、iPhoneのサイズはこれまで以上に大きくなります。

iPhone13のバッテリー容量

もしiPhone 13のバッテリーに関する最大のリーク情報が正しければ、2021年のiPhoneにはより大きなバッテリーが搭載されることになります。iPhone 12の2,805mAhに対して、iPhone 13は3,095mAhのセルを提供すると予想されており、これらは顕著に大きくなると考えられます。これは何を意味するのでしょうか?今までのiPhoneよりも長持ちするiPhone 13に期待しましょう。

iPhone 13の最新情報

iPhone 13 ミニ iPhone 13 iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
画面サイズ 5.4型 6.1型 6.1型 6.7型
解像度 2340 x 1080 2532 x 1170 2532 x 1170 2778 x 1284
リフレッシュレート 60Hz、120Hz
カメラ 12MP + 12MP
自撮りカメラ 12MP
チップセット A15
バッテリー 2,406mAh 3,095mAh 3,095mAh 4,325mAh
充電 25W
ストレージ 最大1TB

iPhone 13の発売日は2021年9月になりそうで、その月の第4金曜日(9月24日のこと)に店頭に並ぶと予想されます。次のAppleイベントは9月14日に設定されています。

2020年以前のAppleは、新しいiPhoneを9月の第1火曜日または第2火曜日に発表し、その10日後に発売することが多かったです。
Appleの通常のアプローチに基づけば、9月17日に予約受付を開始し、9月24日(翌週の金曜日)に発売されると予想されます。

これまでのiPhoneの発売日

モデル 発表日 発売日
iPhone 13(予想) 2021年9月14日 2021年9月17日/24日
iPhone 12 + 12 Pro 2020年10月13日 2020年10月23日
iPhone 12 mini + 12 Pro Max 2020年10月13日 2020年11月13日
iPhone 11シリーズ 2019年9月10日 2019年9月20日
iPhone XSシリーズ 2018年9月12日 2018年9月21日
iPhone 8シリーズ 2017年9月12日 2017年9月22日

iPhone 13の液晶ノッチの変化

この世代のApple端末では、ノッチが変更される可能性が高いようです。ある情報筋によると、Face IDセンサーも縮小されたようで、それによってノッチも小さくなるとのことです。

また、iPhone 13シリーズのスクリーンガラスを示すとされる数枚のリーク写真を確認しましたが、イヤホンを上のベゼルに移動させることで、ノッチが明らかに小さくなっています。

同様に、3Dプリントで作られたiPhone 13のモックアップでも、ノッチが小さくなっています。具体的には、ノッチの幅は26.8mm(iPhone 12では34.83mm)ですが、深さは5.35mmで、iPhone 12の5.3mmよりもわずかに大きくなっています。

また、自撮りカメラが右ではなく左に表示されていたり、イヤホンがベゼルの中に移動していたりと、ノッチの中身が少し移動している可能性があります。ノッチの幅は26.63mmまたは25.57mmとされています。

レンダリング結果には、iPhone 12のノッチよりも30%スリムなノッチが含まれており、これはiPhone 13のリーク情報のほとんどで共通しているようです。

iPhone 13にはノッチがないモデルが登場する可能性があります。

iPhone 13 ProとPro Maxのデザイン

では、「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」。リークされた回路図などをもとに作成された「iPhone 13 Pro Max」では、ノッチが小さくなり、カメラレンズも大きくなっていることが確認できます。

しかし、それ以外のデザインやサイズまでは、iPhone 12 Pro Maxとほぼ同じです。

この同じデザインが、iPhone 13 Proの最終デザインに基づいていると思われるリークされたダミーユニットに再び現れました。

ノッチが小さくなり、カメラレンズがわずかに大きくなっていますが、その他はiPhone 12 Proと同様のデザインです。

また、iPhone 13 Proの「最終バージョン」をベースにしたとされる非公式のレンダリング画像でも、非常に似たデザインが確認されています。これには、iPhone 12 Proよりも大きく平らなカメラバンプ、さらに大きなカメラセンサー、小さなノッチ、指紋がつきにくいと思われるステンレススチールフレームなどが含まれています。

さらに、「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」も確認されており、「iPhone 13」シリーズに採用される可能性が非常に高いと考えられます。

また、ここで使用されている色にも注目してください。デュアルレンズのiPhone 13にはホワイト、トリプルレンズのiPhone 13 Proにはシルバーが使用されているようです。また、デュアルレンズのiPhone 13にはホワイト、トリプルレンズのiPhone 13 Proにはシルバーが採用されています。

そして、iPhone 13シリーズのシャーシモデルも確認されました。

最大の違いは、iPhone 13とiPhone 13 miniのカメラの配置と、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxのカメラブロックの大きさです。

iPhone 13のTouch IDまたはFace ID?

Appleはついにディスプレイ下の指紋スキャナを導入する準備ができたようです。優れたAndroid端末の多くはすでにこの技術を搭載していますが、今回のリーク情報では、Appleも追随する準備ができているようです。実際、この時点で画面内スキャナーの話は何度も出てきており、AppleはFace IDに加えて検討しているようです。

この機能は2022年のiPhone、つまりiPhone 14の一部に搭載され、iPhone 13ラインはスキップされるだろうと示唆しています。

情報によると、AppleはおそらくどのiPhoneにもディスプレイ下のTouch IDを搭載せず、代わりにディスプレイ下のFace IDを採用するだろうとのことですが、これがiPhone 13シリーズに間に合うとは思えません。

iPhone 13シリーズに間に合うかもしれないのは、Appleがテストしているとされる、マスクや曇りガラスに対応したFace IDの形式ですが、すぐには期待できません。

他にも、iOS 15のリーク情報によると、Appleの次のメジャーアップデートでは、デュアルバイオメトリクス認証がサポートされるとのことです。これは、Face IDとTouch IDの両方を搭載したデバイスにのみ実装可能な機能です。この機能は、Face IDとTouch IDの両方を搭載したデバイスでなければ実現できません。

iPhone 13のサイズ

おそらく変わらないのは機種のサイズで、iPhone 12シリーズと同じ画面サイズで4つのモデルが登場するようです。

しかし、寸法は若干異なる可能性があり、あるレポートによると、iPhone 13とiPhone 13 Proの厚さは7.57mmで、前モデルよりも0.17mm厚くなるそうです。

カメラブロックの出っ張りが大きくなり、iPhone 13 Proでは3.65mm(iPhone 12 Proでは1.7mm)、iPhone 13では2.51mm(iPhone 12では1.5mm)も出っ張っているようです。

本体の厚さの変化はわずか0.1mmとされていますが、いずれにしても、その変化は軽微なものになるようです。

カメラブロックのサイズの変更について、iPhone 13とiPhone 13 miniでは直径3.9cm(3.71cmから増加)、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxでは直径4.49cm(iPhone 12 Proでは3.71cm、iPhone 12 Pro Maxでは4cmから増加)になるようです。

タイトルとURLをコピーしました